第51回『マシン・オブ・ザ・イヤー2023』人気投票受付スタート

スズキSV650 [’22後期 新型バイクカタログ]:希少なVツインは国内もユーロ5対応

スズキSV650

●文:ヤングマシン編集部(伊藤康司 田宮徹 宮田健一) ※情報更新日:2022年7月29日

スズキSV650 概要

粘りある低回転と伸びのある高回転を発揮する90度Vツインエンジンをスチールトレリスフレームに搭載したミドルネイキッド。国内’22モデルは、従来のカラーバリエーションを踏襲し外観変化もほとんど判別できないながらも、ユーロ5準拠の最新排出ガス規制に適合。そのエンジンはツインプラグ方式を採用し、WMTCモードで24.4km/Lを誇る低燃費も特徴のひとつだ。3つの車体色ごとにフレーム色も異なっており、なかなかオシャレだ。

’22 スズキSV650

主要諸元

【’22 SUZUKI SV650】■水冷4ストV型2気筒DOHC4バルブ 645cc 72ps/8500rpm 6.4kgf-m/6800rpm ■199kg シート高785mm 14L ■タイヤサイズF=120/70ZR17 R=160/60ZR17 ●価格:80万3000円 ●色:マットブラックメタリックNo.2 グラススパークルブラック/ブリリアントホワイト グラススパークルブラック

カラーバリエーションはマットブラックメタリックNo.2/グラススパークルブラック/グラススパークルブラック/ブリリアントホワイトの3色を展開する。

ライディングポジション

シート高を785mmに抑え、足着きに干渉する前端部と周辺フレームを細身にまとめ上げたおかげで両足ともかかとが着く。ハンドル幅も絞られており、かなりコンパクトな姿勢を取れる。[身長174cm/体重63kg]

エンジン

代名詞とも言える645ccの水冷90度Vツインエンジン。1999年に初代SV650が登場して以来同じ基本設計を受け継いでいるが、技術進歩に応じてチューンナップを繰り返し最適化を続けてきた。最新の’22モデルではユーロ5をクリア。

シャーシ

ダイヤモンドタイプのスチールパイプフレームは’09年のグラディウスから継承したものだ。初代は楕円アルミダイキャスト/’03モデルは高真空アルミダイキャストと、エンジンとは対照的に時代によって変遷を続けてきた。

足まわり

フロントブレーキはトキコの4ピストンキャリパーとφ290mmのフローティングディスクを組み合わせ、十分な制動力とコントロール性を確保。フロントフォークはφ41mmの正立タイプでアジャスト機構は備えていない。リヤブレーキはニッシンのピンスライド1ピストンキャリパーとφ240mmのソリッドディスク。ABS介入時の自然な制動が好印象だった。

リンクタイプのモノショック式リアサスペンションはプリロードで7段階調整が可能。

主要装備

ヘッドライトは丸目でハロゲンバルブ+マルチリフレクターの組み合わせ。テールランプとストップランプはLEDだ。

メーターは軽量小型のLCDディスプレイ。6段階の照度調整機能を備え、日中から夜間まで万全の備えだ。

785mmの低シートは内ももに当たる部分がかなり絞られており、良質な足着きに貢献する。

バーハンドルは垂れ角/絞り角ともに少ないナロータイプ。クラッチレバーはワイヤー調整式で、ブレーキレバーは5段階の位置調整が可能だ。

シート下には車載工具(±ドライバー/スパナ/フックレンチ/ヘキサゴンレンチ)が収納されている。工具ケースの横に見える筒状のものは、蒸発したガソリンを回収するキャニスターだ。


新型バイクカタログ [メーカー別]

新型バイクカタログ [国産車|クラス別]

新型バイクカタログ [トップ]

最新の記事