スズキ アドレスV50[新型バイクカタログ]:スマートさと機能性を両立

スズキ アドレスV50[新型バイクカタログ]

アドレスV50 概要

尖ったノーズやテールがスポーティなイメージを強調。サイズ感に対してかなり軽量な車体を、燃費に優れたSEPエンジンで駆動。大容量のインナーラックやフルフェイスも入るトランクなど、基本を押さえた作りもマル。

’21 アドレスV50

'21 スズキ アドレスV50|グラスシャインブラック

【’21 SUZUKI ADDRESS V50】■空冷4スト単気筒 49cc 3.7ps/8500rpm 0.35kg-m/7000rpm ■車重74kg シート高710mm 4.8L ■タイヤサイズF=80/90-10 R=80/90-10 ●色:グラスシャインブラック マットステラブルーメタリック グラスミッドナイトブラウン スプラッシュホワイト マットステラブルーメタリック ●価格:18万2600円 ●発売日:’21年1月8日 [写真タップで拡大]

'21 スズキ アドレスV50|グラスミッドナイトブラウン
'21 スズキ アドレスV50|スプラッシュホワイト

[写真タップで拡大]

'21 スズキ アドレスV50|マットステラブルーメタリック
[写真タップで拡大]

カラーバリエーションはブラック/ブラウン/ホワイト/ブルーメタリックの4色展開。


※本記事の内容はオリジナルサイト公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な表記がないかぎり、価格情報は税込です。

アドレスV50に関連する記事

2021新型バイク総まとめ:日本車50cc原付一種クラス

日本独自規格の50ccは、残念ながら現状維持で変化ナシ。今後はカーボンニュートラルに舵を切った社会と時世に合わせ、EV化が進むものと思われる。 日本独自の原一クラスは電気で楽しむ時代の先駆け!? かつては通勤/通学/買い物の足として重宝された50ccだが、この1年ではラインナップに変化なく、継続モデルがほとんど。近距離移動では低コスト化している電動アシスト自転車の方が優勢になっており、原付一種独自 […]

2021新車バイクラインナップ〈原付一種50cc|日本車最新潮流解説〉

50ccはほとんど日本独自の規格とあって、ゼロハンスポーツはとうの昔に消滅し、原付一種スクーターもガラパゴス化した感は否めない。維持費や免許的にもメリットが大きい原付一種だけに、現状維持以上の展開を期待したいところだ。 原付一種を維持しながら着実に歩を進めるホンダ 庶民の足として通勤や通学にも重宝される原付一種モデル…と言いたいところだが、現在は大幅に減少しているのが事実。様々な要因が考えられるが […]

スズキ2021新車バイクラインナップ〈原付一種50ccスクータークラス〉アドレス/レッツ

2021新車バイクラインナップ>日本車>電動バイク 最新潮流解説 ホンダ クロスカブ50|スーパーカブ50/プロ|ダンク|タクト/ベーシック|ジョルノ/デラックス|ジャイロX/キャノピー|ベンリィ/プロ ヤマハ ジョグ/デラックス|ビーノ スズキ アドレスV50|レッツ/バスケット アドレスV50:スマートにツボを押さえる 「アドレスV50」は、尖ったノーズやテールなどスポーティなスタイルに加え、 […]

スズキ「レッツ」にニューカラー登場/「アドレスV50」は価格改定

スズキは50cc原付一種スクーター「レッツ」のカラーリング変更および「アドレスV50」のメーカー希望小売価格を改定して、「レッツ」を2020年12月8日、「アドレスV50」を2021年1月8日より発売すると発表した。 新色「サンディベージュ(PSE)」を採用したレッツと、価格改定で5500円値上げしたアドレスV50 スズキは50cc原付一種スクーター「レッツ」にニューカラーの「サンディベージュ ( […]

’20モデル スペックベストテン〈車量編〉【最重431-最軽70=その差361kg!】

※’20年7月上旬現在、国内で購入できる現行ラインナップかつ公道市販車のカタログ数値(公式HPに記載されているスペック)の装備重量を比較。 大陸横断系クルーザーと楽々スクーターが上位独占 「重い」と「軽い」1位の差は実に361kg。とても同じ乗り物とは思えないほど、“バイク”というジャンルはバリエーションに富むことを端的に表している。乗ってみれば、インディアン ロードマスターエリートは重厚感溢れる […]

’20新車バイク総覧〈50cc原付一種|国産車#2/2 スクーター〉ヤマハ スズキ

通勤・通学・買い物と手軽な生活の足として活躍する、ほぼ日本独自の規格・原付一種=ゼロハン。バイク市場の環境変化により以前よりラインナップは減ったものの、普通四輪免許で乗れることに加え維持費もリーズナブルとあって、現在も一定の存在感を示している。前ページのホンダに引き続き、ヤマハ|スズキの新車ラインナップ×5車を紹介する。 ヤマハ ジョグ:シート高も2種類ある ホンダのタクトとベースを共有する「ジョ […]

マシン・オブ・ザ・イヤー2021
マシン・オブ・ザ・イヤー2021

WEBヤングマシン|最新バイク情報