KTM RC390[新型バイクカタログ]:軽量ハイパワーなビッグシングルSS、隙なく全てを刷新

KTM RC390

※情報更新日:2022年8月9日

RC390 概要

’14の登場以来、軽量ハイパワーと豪華な脚が好評だったRC390が、ついに’22で初のフルチェンジを敢行した。水冷シングルの心臓部はユーロ5に対応しつつ0.2kg-mアップを達成。トラコンに加え、クラス初のバンク角連動ABSを獲得した。車体と外観も全面刷新され、GPマシン=RC16譲りのボディワークで最高速が11km /hも向上。ホイールは新作の計3.4kg軽量タイプで、まさにレーシーな仕上がりだ。縦長のLEDヘッドライトやビルトインウインカー、13.7Lの大型タンクも新採用している。’22後期より日本仕様も発売となった。

’22 RC390

'22 KTM RC390|ブルー×オレンジ

【’22 KTM RC390】■水冷4スト単気筒DOHC4バルブ 373cc 44ps/9000rpm 3.77kg-m/7000rpm ■車重車重155kg(半乾) シート高824mm 13.7L ■タイヤサイズF=110/70ZR17 R=150/60ZR17 ■クイックシフター(アップ&ダウン)※オプション●色:ブルー×オレンジ オレンジ ●価格:83万円 [写真タップで拡大]

'22 KTM RC390|オレンジ

カラーバリエーションはブルー×オレンジ/オレンジの2色展開。※海外仕様 [写真タップで拡大]

KTM RC390

新作フレームは従来より横方向へのしなりを持たせ、従来から単体で1.5kg軽量化。3.4kg軽いホイールも採用した。カラー液晶メーター、調整可能なWP製APEXサスほか装備も実に豪華。 [写真タップで拡大]


※本記事の内容はオリジナルサイト公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な表記がないかぎり、価格情報は税込です。

KTMに関連する記事

KTM RC390試乗インプレ【振り切ったスポーツ性に興奮! 250〜400ccクラスでもっとも本格的なスーパースポーツ!】

KTMのRC390が2013年の登場以来、初の大型リニューアルを実施。各部を大幅に軽量化し、KTMのMotoGPマシンであるRC16をオマージュしたスタイルが魅力。その重量は国産250cc並みで、電子制御や足まわりも本格装備のライトウエイト・スーパースポーツだ! 軽量化を徹底した373ccスポーツシングル 250〜400ccクラスでいちばん本格的なスポーツバイク。それが新しくなったKTMのRC39 […]

KTM RC125[新型バイクカタログ]:秀逸な390の車体を踏襲! ガチンコの原2SSだ

RC125 概要 RC390のスケールダウン版も’22でフルチェンジ。デューク125系のパワフルな15psの水冷シングルを新型390譲りのシャーシに搭載する。390と違い、WP前後APEXショックの調整機構やトラコンなどの電脳が省略されるが、基本性能は抜群。カラー液晶も採用する。 車体色は390と差別化され、橙×白、黒×橙の2カラーを用意。従来型は国内入荷がストップしていたが、導入が再 […]

【Q&A】国産バイクの2本ショックは絶滅寸前!? モノショックの方が高性能なの?【バイクトリビア020】

いかにも「衝撃を吸収しています!」と言わんばかりの2本ショックは、カスタムした際のアピール度も抜群……だったけれど、最近はなんだか少ないような……。いまやスーパースポーツから小排気量のネイキッドまでモノショックばかりだけど、もはや2本ショックは「昔のメカニズム」なんですか? スイングアーム式のリヤサスペンションが2本ショックの始まり 市販車もモノクロスサスペンションを装備 リンク式でさらに性能アッ […]

【Q&A】エンジンオイルはどう潤滑してる? ウエット、ドライ、セミドライサンプの違いって?【バイクトリビア017】

バイクのエンジンの中はオイルが入っていて、その潤滑方法に種類がある。スペック表の潤滑方式の欄にウエットサンプと記されているモデルが多いけれど、これってなんのコト? また他にもドライサンプやセミドライサンプという潤滑方式もあるみたい……。そもそもエンジンを潤滑するのにドライってどういうコト? 乾いていたらダメなんじゃないの? エンジン下部のオイルパンにオイルを溜めているか、溜めていないか バイクのエ […]

【MotoGPはブレーキディスクカバーもセッティングパーツ】冷やしたい!温度をキープしたい!だけでなくコントロール性も変わる?

近年のMotoGPで見た目にわかりやすい進化はエアロダイナミクスだけ。MIGLIOREでは度々その形状や進化に触れてきたが、今回はフロントディスクブレーキのカバーに注目してみよう。 カーボンディスクは温度管理がシビア。 ウエットでは冷やしたくない? 2022年のMotoGPは前半戦を終了。ファクトリー勢のマシンがまとまってくるなど、例年通りの流れで進んでいる。MIGLIOREではMotoGPマシン […]

海外メーカーの搭載車種と機能を一挙紹介:後編【スマホと “つながる”バイク最新事情】

近頃、スマートフォンと連動できる機能を備えたバイクが一挙に増えてきた。電話の発着信に、音楽、ナビゲーション機能。スマホがバイクの機能の一部として使えるようなもので、慣れればとても便利な機能だ!! そこで今回は、最新のスマホ連動機能搭載車とその機能をチェック。ここではトライアンフ、KTMやハーレーなどの海外メーカーについて、どんな車種にどれだけの機能が採用されてきているのかを見てみよう。 【TRIU […]

2022 MotoGPの1/3が終了。全表彰台を並べてみた【ドゥカティが8台の勢力を誇る一方で、スズキが撤退⁉︎】

2022年シーズン、MotoGPの1/3が終了した。レースウィーク直前にはスズキが「今シーズン限りで撤退する可能性をMotoGP主催者のドルナと協議中」と発表し、激震が走った。フランスGPが終了した時点での勢力図を振り返りたい。 日本メーカーはいつになったら勝てるんだろう。そんな不安が続いた前半戦 2022年シーズンは、全21戦で開催。21年は新型コロナウイルスの影響で中止になったグランプリが6戦 […]

【アドベンチャー・ツアラー人気のナゼ?】世界では大きく逞しいほうが好きなライダーが多い!

ルーツは砂漠の戦場!? 1980年代ダカール・ラリーでBMWが新しいカテゴリーを生んだ 最近Newモデル情報で見かけることの多いアドベンチャー・ツアラー。今までのツアラーとは異なり無骨で逞しい。砂漠や大自然の中を駆けるサバイバルなイメージが、どうして旅バイクとオーバーラップするのか。 まずアドベンチャー・ツアラーというカテゴリーを知る上で、なくてはならないのがBMWのR80G/Sというルーツ。 フ […]

WEBヤングマシン|新車バイクニュース