KTM RC390[新型バイクカタログ]:軽量ハイパワーなビッグシングルSS、隙なく全てを刷新

KTM RC390

※情報更新日:2022年8月9日

RC390 概要

’14の登場以来、軽量ハイパワーと豪華な脚が好評だったRC390が、ついに’22で初のフルチェンジを敢行した。水冷シングルの心臓部はユーロ5に対応しつつ0.2kg-mアップを達成。トラコンに加え、クラス初のバンク角連動ABSを獲得した。車体と外観も全面刷新され、GPマシン=RC16譲りのボディワークで最高速が11km /hも向上。ホイールは新作の計3.4kg軽量タイプで、まさにレーシーな仕上がりだ。縦長のLEDヘッドライトやビルトインウインカー、13.7Lの大型タンクも新採用している。’22後期より日本仕様も発売となった。

’22 RC390

'22 KTM RC390|ブルー×オレンジ

【’22 KTM RC390】■水冷4スト単気筒DOHC4バルブ 373cc 44ps/9000rpm 3.77kg-m/7000rpm ■車重車重155kg(半乾) シート高824mm 13.7L ■タイヤサイズF=110/70ZR17 R=150/60ZR17 ■クイックシフター(アップ&ダウン)※オプション●色:ブルー×オレンジ オレンジ ●価格:83万円 [写真タップで拡大]

'22 KTM RC390|オレンジ

カラーバリエーションはブルー×オレンジ/オレンジの2色展開。※海外仕様 [写真タップで拡大]

KTM RC390

新作フレームは従来より横方向へのしなりを持たせ、従来から単体で1.5kg軽量化。3.4kg軽いホイールも採用した。カラー液晶メーター、調整可能なWP製APEXサスほか装備も実に豪華。 [写真タップで拡大]


※本内容は記事公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。※掲載されている製品等について、当サイトがその品質等を十全に保証するものではありません。よって、その購入/利用にあたっては自己責任にてお願いします。※特別な表記がないかぎり、価格情報は税込です。

新型バイクカタログ [メーカー別]

新型バイクカタログ [国産車|クラス別]

新型バイクカタログ [トップ]

WEBヤングマシン|新車バイクニュース