チームカガヤマ鐵隼応援プロジェクト

ホンダCBR400R[新型バイクカタログ]:ルックスは過激だが扱いやすさも

CBR400R 概要

スムーズな加速特性を狙った180度クランクの水冷並列2気筒エンジンを搭載。’19年3月の熟成時にはアシストスリッパークラッチも採用された。フレームは、軽さや剛性だけでなく適度なしなやかさも求めた鋼管ダイヤモンド型。リヤサスペンションはプロリンクと分離加圧式シングルチューブモノショックを組み合わせる。灯火類はフルLED。ハザードランプの高速点滅で急ブレーキを後続車に伝える、エマージェンシーストップシグナルも搭載する。キーは質感と盗難抑止効果に優れるウェーブ型だ。

’22年のマイナーチェンジでは足まわりを強化。フロントフォークを倒立型のショーワ製SFF-BPに換装/前ブレーキのダブルディスク化/ラジアルマウントキャリパーの新採用などが行われ、これに伴いフロントフェンダーなど一部デザインの変更が施された。

’22 CBR400R

'22 ホンダ CBR400R|グランプリレッド

【’22 HONDA CBR400R】■水冷4スト並列2気筒DOHC4 バルブ 399cc 46ps/9000rpm 3.9kg-m/7500rpm ■192kg シート高785mm 17L ■タイヤサイズF=120/70R17 R=160/60R17 ●色:グランプリレッド マットブルー マットブラック ●価格:84万1500円 ●発売日:’22年1月17日 [写真タップで拡大]

'22 ホンダ CBR400R|マットブルー
'22 ホンダ CBR400R|マットブラック

’22モデルの車体色は、グラフィックが変更されたグランプリレッド、新色となるマットブルーとマットブラック。ホイールリムグラフィック入り。 [写真タップで拡大]

ライディングポジション

'22 ホンダ CBR400R|ライディングポジション

’19モデルからハンドル位置が下がり、約8°の前傾姿勢を取る。ただしバランスは良く、様々なシーンに対応できる安定感がある。[身長175cm/体重62kg]  [写真タップで拡大]

足まわり

'22 ホンダ CBR400R|フロントまわり
'22 ホンダ CBR400R|リヤまわり

’22の熟成からショーワ製SFF-BP(セパレートファンクションフロントフォーク・ビッグピストン)を新採用。前ブレーキはダブルディスク化&ラジアルマウントキャリパー化され、ホイールも軽量化された。 [写真タップで拡大]

主要装備

'22 ホンダ CBR400R|フロントまわり

CBRシリーズのアイデンティティにもなっているLEDデュアルヘッドライトを採用。前後ウインカーもLED仕様だ。 [写真タップで拡大]

'22 ホンダ CBR400R|ハンドルまわり
'22 ホンダ CBR400R|ディスプレイ

ハンドル締結部は’19モデルからトップブリッジ上部から下部に変更されている。モノクロ反転表示のフルデジタルメーターは時刻や燃費などが表示でき、任意設定のタコメーターピークホールド機能付き。 [写真タップで拡大]

HONDA CBR400R

’22モデルの燃料タンク容量は17L。CBR400Rのタンク容量は’16年に15→16L、’19年から現行の17Lに拡大している。 [写真タップで拡大]

HONDA CBR400R
HONDA CBR400R

セパレート式のシートを採用。キーロックで取り外し可能なタンデムシートの奥に携帯工具が収納されている。 [写真タップで拡大]


※本記事の内容はオリジナルサイト公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な表記がないかぎり、価格情報は税込です。

CBR400Rに関連する記事

ホンダ400X/CBR400Rダブル試乗インプレッション【脚&制動力強化で熟成極まれり】

エンジンとプラットフォームを共有するホンダ400XとCBR400Rが、排ガス規制対応と合わせて足まわりをグレードアップ。倒立&ダブルディスク化で大幅に商品力をアップさせた。デビューから9年目を迎える両車、その深化ぶりを比較試乗にてチェックした。 ’22 ホンダ400X/CBR400R ユーロ5に対応したが、動力面でのネガはなし クロスオーバーモデルの400XとフルカウルスポーツのCBR […]

岡崎静夏のホンダCBR400R試乗インプレ【親友との会話のようにひたすら楽しいだけの時】

扱いやすさはそのままにスポーティさが大幅アップ 交差点をひとつ曲がっただけで分かりました。’21年末に登場した新型CBR400R、かなりスポーティーです! 交差点を曲がる時は、バイクをほどんと寝かせませんが、それでも接地感の高さとクルッと回ってくれる軽快感が感じられます。 ワインディングはもう水を得た魚という感じで、走りが楽しい! CBR250RRのような”トガったリアルレ […]

[’22前期版]国産新型バイクカタログ:251〜400cc小型二輪総まとめ#1(スポーツツーリング&ネイキッド)

日本国内での人気低下と環境規制強化のダブルパンチで、10年以上も閑散としている400ccクラス。しかしながら’21年は、ホンダGB350/Sの新登場とヤマハSR400の生産終了が大きな話題となった。本記事では251〜400cc小型二輪クラスのうち、スポーツツーリング&ネイキッドモデルを紹介する。 日本独自のクラスだったが近年は海外との共通化も 普通二輪免許(かつては中免)で乗れる最大ク […]

ホンダCBR400R[新型バイクカタログ]:ルックスは過激だが扱いやすさも

CBR400R 概要 スムーズな加速特性を狙った180度クランクの水冷並列2気筒エンジンを搭載。’19年3月の熟成時にはアシストスリッパークラッチも採用された。フレームは、軽さや剛性だけでなく適度なしなやかさも求めた鋼管ダイヤモンド型。リヤサスペンションはプロリンクと分離加圧式シングルチューブモノショックを組み合わせる。灯火類はフルLED。ハザードランプの高速点滅で急ブレーキを後続車に […]

Z900RSを破ったSR400が堂々首位! 2位はGB350の約4000台…2021年の販売台数ランキング・400ccクラス

二輪車新聞が2021年のバイク新車販売台数(推定値)を発表した。小型二輪クラス(251cc以上)が前年比24.5%増の8万3900台と大きな躍進を見せるなか、400ccクラスのSR400が首位に。本記事では、小型二輪の251~400ccに注目してリザルトを見ていきたい。 43年の歴史を閉じるSR400が有終の美 1978年に発売され、43年間にわたって愛されてきたSR400がついに生産終了……。そ […]

〈動画〉倒立&Wディスクで余裕がマシマシ増量だ!!【2022年式ホンダCBR400R】試乗インプレッション

倒立フォーク&Wディスクをゲットしてグググイッとスポーティさを増した2022年型CBR400R。だがしかし! コイツの真価はビギナーに優しく、かつベテランをも満足させるその懐の広さ。キリリと男前なルックスに秘められた超汎用性、街乗りからスポーツ走行、キャンプツーリングまで何でもこなせちゃうヨンヒャク随一の広大な守備範囲は、足まわりのアップデートでさらに拡大されていたぞ! 動画はコチラ→カモンエビバ […]

ホンダ新型「CBR400R」登場! ダブルディスク&ショーワ製SFF-BP倒立フォークをゲット

ホンダは、400ccクラスのフルカウルスポーツ「CBR400R」をモデルチェンジし、2022年1月17日に発売すると発表した。軽量コンパクトな並列2気筒エンジンを搭載し、今回は足まわり中心に進化を遂げている。 フロントまわりがイッキに進化! 2019年モデルでスポーツ性を向上していたCBR400Rが、さらに進化した! アグレッシブなデザインは大きく変えず、フロントフォークを従来のφ41mm正立タイ […]

待望のWディスク&倒立フォーク! ホンダの新型「CBR500R」は足まわりを大幅に強化

ホンダは欧州で、日本ではCBR400Rとして販売されている機種の欧州版「CBR500R」のモデルチェンジを発表した。フロントブレーキをダブルディスク化したほか、SHOWA製倒立フロントフォークSFF-BPを採用。ホイール&スイングアームも新作だ。エンジンはFIセッティングなどを変更した。 CBR650Rゆずりの高機能パーツをふんだんに採用 ホンダは欧州で新型CBR500Rを発表した。エンジンは基本 […]

チームカガヤマ鐵隼応援プロジェクト

ホーム
WEBヤングマシン|新車バイクニュース