第50回『マシン・オブ・ザ・イヤー2022』 &『 マシン・オブ・ザ・50イヤーズ』人気投票受付スタート

ホンダCBR400R [’22後期 新型バイクカタログ]:容姿はアグレッシブ、走りはフレンドリー

ホンダCBR400R

●文:ヤングマシン編集部(伊藤康司 田宮徹 宮田健一) ※情報更新日:2022年8月31日

ホンダCBR400R 概要

高剛性かつしなやかな鋼管製フレームに、スムーズな加速特性も追求した180度クランクの水冷パラレルツインエンジンを搭載。本格的なスーパースポーツの外観と扱いやすい走行性能を融合したフルカウルスポーツだ。’22年1月に熟成を受け、フロントフォークがショーワ製SFF-BPに換装されて倒立化。同時に、前ブレーキのダブルディスク化とラジアルマウントキャリパーの新採用/デザイン変更による前後ホイールの軽量化/スイングアームの剛性最適化などが施された。ハザードランプを高速点滅させて急ブレーキを後続車に伝える、エマージェンシーストップシグナルを搭載する。

’22 ホンダCBR400R 概要

主要諸元

ホンダ CBR400R|グランプリレッド

【’22 HONDA CBR400R】■水冷4スト並列2気筒DOHC4 バルブ 399cc 46ps/9000rpm 3.9kg-m/7500rpm ■192kg シート高785mm 17L ■タイヤサイズF=120/70R17 R=160/60R17 ●色:グランプリレッド マットブルー マットブラック ●価格:84万1500円 [写真タップで拡大]

ホンダ CBR400R|マットブルー
ホンダ CBR400R|マットブラック

’22モデルの車体色は、グラフィックが変更されたグランプリレッド、新色となるマットブルーとマットブラック。ホイールリムグラフィック入り。 [写真タップで拡大]

ライディングポジション

ホンダ CBR400R|ライディングポジション

’19モデルからハンドル位置が下がり、約8°の前傾姿勢を取る。ただしバランスは良く、様々なシーンに対応できる安定感がある。[身長175cm/体重62kg]  [写真タップで拡大]

足まわり

ホンダ CBR400R|フロントまわり
ホンダ CBR400R|リヤまわり

’22の熟成からショーワ製SFF-BP(セパレートファンクションフロントフォークビッグピストン)を新採用。前ブレーキはダブルディスク化&ラジアルマウントキャリパー化され、ホイールも軽量化された。 [写真タップで拡大]

主要装備

ホンダ CBR400R|フロントまわり

CBRシリーズのアイデンティティにもなっているLEDデュアルヘッドライトを採用。前後ウインカーもLED仕様だ。 [写真タップで拡大]

ホンダ CBR400R|ハンドルまわり
ホンダ CBR400R|ディスプレイ

ハンドル締結部は’19モデルからトップブリッジ上部から下部に変更されている。モノクロ反転表示のフルデジタルメーターは時刻や燃費などが表示でき、任意設定のタコメーターピークホールド機能付き。 [写真タップで拡大]

HONDA CBR400R

’22モデルの燃料タンク容量は17L。CBR400Rのタンク容量は’16年に15→16L、’19年から現行の17Lに拡大している。 [写真タップで拡大]

HONDA CBR400R
HONDA CBR400R

セパレート式のシートを採用。キーロックで取り外し可能なタンデムシートの奥に携帯工具が収納されている。 [写真タップで拡大]


※本記事は“ヤングマシン”が提供したものであり、著作上の権利および文責は提供元に属します。なお、掲載内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な記載がないかぎり、価格情報は消費税込です。

新型バイクカタログ [メーカー別]

新型バイクカタログ [国産車|クラス別]

新型バイクカタログ [トップ]

最新の記事

WEBヤングマシン|新車バイクニュース