ホンダCBR400R[新型バイクカタログ]:ルックスは過激だが扱いやすさも

ホンダCBR400R[新型バイクカタログ]

CBR400R 概要

スムーズな加速特性を狙った180度クランクの水冷並列2 気筒エンジンを搭載。’19年3月の熟成時にはアシストスリッパークラッチも採用された。フレームは、軽さや剛性だけでなく適度なしなやかさも求めた鋼管ダイヤモンド型。リヤサスペンションはプロリンクと分離加圧式シングルチューブモノショックを組み合わせる。灯火類はフルLED。ハザードランプの高速点滅で急ブレーキを後続車に伝える、エマージェンシーストップシグナルも搭載する。キーは質感と盗難抑止効果に優れるウェーブ型だ。

’21 CBR400R

'21 ホンダ CBR400R|グランプリレッド

【’21 HONDA CBR400R】■水冷4スト並列2気筒DOHC4バルブ 399cc 46ps/9000rpm 3.9kg-m/7500rpm ■車重192kg シート高785mm 17L ■タイヤサイズF=120/70ZR17 R=160/60ZR17 ●色:グランプリレッド パールグレアホワイト マットアクシスグレーメタリック ●価格:80万8500円 ●発売日:’20年7月31日 [写真タップで拡大]

'21 ホンダ CBR400R|ホワイト
'21 ホンダ CBR400R|グレー

いかにもホンダらしいレッド、爽やかでスポーティなホワイト、各部に配されたレッドが精悍さを増すグレーがある。 [写真タップで拡大]

'21 ホンダ CBR400R|メーター
[写真タップで拡大]

【CBR650Rと同系デザイン】フロントフォークはプリロード調整可能。モノクロネガ表示のフルデジタルメーターは、直感的に情報を読み取れるようデザインされている。


※本記事の内容はオリジナルサイト公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な表記がないかぎり、価格情報は税込です。

CBR400Rに関連する記事

2021新型バイク総まとめ:日本車251〜400ccミドルクラス【大人気GB350の登場でクラス全体が活性化するか?】

’21シーズン、日本で話題を集めたニューモデルと言えば、4月に発売開始されたホンダGB350。7月中旬には派生モデルとなるGB350Sも登場した。一方、ヤマハのSR400は’21年で生産終了。ネオクラシック系をきっかけに、400ccクラスに再び注目が集まるか!? 250ccよりも余裕があり、”適度感”に優れるが… 日本独自の排気量帯ということもあり、 […]

待望のWディスク&倒立フォーク! ホンダの新型「CBR500R」は足まわりを大幅に強化

ホンダは欧州で、日本ではCBR400Rとして販売されている機種の欧州版「CBR500R」のモデルチェンジを発表した。フロントブレーキをダブルディスク化したほか、SHOWA製倒立フロントフォークSFF-BPを採用。ホイール&スイングアームも新作だ。エンジンはFIセッティングなどを変更した。 CBR650Rゆずりの高機能パーツをふんだんに採用 ホンダは欧州で新型CBR500Rを発表した。エンジンは基本 […]

ホンダ2021年新車バイクラインナップ〈251〜400ccミドルクラス〉GB350 etc.

2021新車バイクラインナップ>日本車>251〜400ccミドル 最新潮流解説 HONDA:GB350|CB400SF/SB|CBR400R|400X YAMAHA:SR400ファイナルエディション|YZF-R3|MT-03 KAWASAKI:ニンジャ400|Z400 スクーター:ヤマハ トリシティ300|スズキ バーグマン400 GB350:話題の空冷単気筒ハイネスCB350の日本仕様がついに登 […]

2021新車バイクラインナップ〈251〜400ccミドルクラス|日本車最新潮流解説〉

普通自動二輪免許で乗ることができる最大排気量クラスであるにも関わらず、2年に一度(新車は3年)の車検があるために敬遠されがちだった251〜400ccクラスだが、ここにきて300cc台のグローバルモデルが相次いで登場。大型車からのダウンサイジング志向にも合うため、今後の盛り返しに期待だ。 新型GB350、空洞化に歯止めをかけろ! 現在の国内2輪市場において長年苦戦を強いられているのが(50ccを除く […]

岡崎静夏のホンダCBR400R試乗インプレ【トルクで走れる快適さが日本の公道にベストマッチ】

回さなくても前に進む。最高にちょうどいい1台 実はこの連載、1回お休みさせていただいていました。すみません…。 ’20年11月1日に行われた全日本最終戦・鈴鹿の決勝レース、オープニングラップで接触転倒し、鎖骨を骨折してしまったんです。転倒直後は2分ぐらい気を失っていたようで、「岡崎が動かない!」と、多くの皆さんにご迷惑とご心配をおかけしてしまいました。 ’20年は自分がライ […]

次期排ガス規制クリア? 絶版? ’20-’21新車バイク動向予想〈400ccミドル編〉

’21年以降、バイク新車ラインナップに大変動が起きる。欧州で’21年1月から次期排ガス規制のユーロ5が全面導入され、規制をクリアしていない車両は”絶版”を余儀なくされてしまうのだ。新型の噂を含め、どんなマシンが生き残るのか、はたまた去りゆくのか緊急予想を敢行。本記事では400ccミドルクラスの動向をまとめた。 400ccミドルクラス:ロングセラーの2台に明暗が!? ’92年の初代以来熟 […]

【Scoop!】ホンダCBR400RR・直4ストリートスポーツ復活の可能性は?!

ユーロ5対応エンジンからバリエーション展開を開始するか?! 誰もが、やり返すならホンダだと思っていた。カワサキ ニンジャZX-25Rが衝撃の登場を果たした後、ガチンコで追撃するならCBR250RR-Rしかない。CB vs Z、CBR vs ZXRと続いてきた抗争の歴史は、またも繰り返す…。しかしホンダは予想外の手を打ってきた。CB400シリーズのエンジンを再びスポーツバイクに搭載する、その名も新生 […]

ホンダCB1000RベースのCBR1000R/CB1000Xに期待【バイク近未来予想】

環境規制の端境期にあり、世代交代の節目を迎えているバイク。ラインナップに大変動が起きるのは必定だ。そこでヤングマシン創刊48年の知恵とカンをベースに、願望&妄想も織り交ぜながら、バイク未来予想を導き出してみた。本ページでは、ホンダが軽量&パワフルな直4ネイキッド・CB1000Rをベースに多彩なジャンルに展開すると予想する。 手頃な価格で多くのニーズへ。CB1000Rがさらに分身?! 軽量パワフルな […]

ホンダCBR400Rはロゴデザイン変更、400Xには新色が追加され本日7/31発売

並列2気筒エンジンを搭載し、’19年のモデルチェンジでフロント19インチホイールを採用したホンダ「400X」に新色の白がラインナップ。また、同じく’19年モデルチェンジしてアグレッシブなスタイリングと軽量化で魅力を増した「CBR400R」は、”CBR”のロゴがRR-Rイメージに変更。ともに本日7/31に発売された。 RR-Rイメージの“CBR”ロゴを […]

ホンダは400ccクラスも引き続き充実! 「CBR400R」ロゴデザイン変更/「400X」は新色登場

並列2気筒エンジンを搭載し、昨年のモデルチェンジでフロント19インチホイールを採用したホンダ「400X」に新色の白がラインナップされる。また、同じく昨年モデルチェンジしてアグレッシブなスタイリングと軽量化で魅力を増した「CBR400R」は“CBR”のロゴをRR-Rイメージに変更される。 RR-Rイメージの“CBR”ロゴを採用したCBR400R/新色パールグレアホワイトの400X ヤングマシン最新号 […]

’20新車バイク総覧〈300〜400ccミドル|国産車#1/4〉新車展望

いまだNinja旋風は継続中。クラス唯一の倒立ネイキッドも登場 日本の道路事情に最適なパワーとサイズを持つ400ccスポーツ。車検が必要なため、維持費は大型とほぼ変わらないものの、250よりパワフル、600より扱いやすく、1台で何役もこなしたい人にお勧めだ。もちろん普通2輪免許で乗れるのも大きい。 400ccという排気量は、’75年の中型二輪免許導入以降、生み出されたもの。&#8217 […]

2019新車走評:400ccスポーツ編[カテゴリー別“試乗インプレッション”大図鑑 #13]

ニンジャ400とCBR400R、YZF-R3、それにRC390のフルカウルスポーツ対決。Z400とCB400SF、MT-03、それにスクランブラーSixty2、ヴィットピレン&スヴァルトピレン401らネイキッド。昭和の生き証人SR400や、アドベンチャーでは400XやG310GSもいる。普通二輪免許で乗れる最大クラスは個性派が粒ぞろいだ。 ニンジャ400を筆頭に個性的なマシンが集う ニンジャ400 […]

アールズ・ギアに新デザイン採用の次世代マフラーが降臨!

高品質な造りと確実な性能アップで、確固たる人気を誇るアールズ・ギアのマフラー。GPマシン開発にも携わった技術力の高さは、市販車用マフラーの開発においても高性能な製品群を世に送り続けている。その最新モデルが、次世代デザインを採用して登場! ここから新たな歴史がスタートする。 実感するトルクアップで走行性能も大満足! アールズ・ギアといえば、元ワークスライダー樋渡治氏がプロデュースするマフラーブランド […]

【コイツとならどこへでも!】ホンダ CBR400R vs 400X 試乗比較インプレッション #02[400X編]

ホンダCBR400Rと兄弟車とはいえ、なんてったって新型400Xのキモはフロントホイール19インチ化である。しかもサスペンションのリセッティングに加え、リヤのホイールトラベルは10mm増の118mm化。400ccクラスに、久方ぶりとなる本格アドベンチャーツアラーが誕生したのだ。 ●テスター:丸山 浩 ●まとめ:谷田貝洋暁 ●写真:岡 拓 [丸山 浩]400X試乗:モデルチェンジで見た目とキャラがい […]

【意外なオールマイティさ】CBR400R vs 400X 試乗比較インプレッション #01[CBR編]

前モデルまで、エンジン&車体はもちろん、ホイールやサスペンションまで共通だったホンダのミドル兄弟車、CBR400Rと400X。今回のモデルチェンジで成長期を迎え、それぞれの目指すキャラクターへの進化の道を歩きはじめた! ●テスター:丸山 浩 ●まとめ:谷田貝洋暁 ●写真:岡 拓 2車の違いとは?:同じ出身のモデルがそれぞれの道を歩み始めた 399cc並列2気筒エンジンを搭載し、2013年に登場した […]

WEBヤングマシン|最新バイク情報