第50回『マシン・オブ・ザ・イヤー2022』 &『 マシン・オブ・ザ・50イヤーズ』人気投票受付スタート

マットジーンズブルーメタリックも新登場

ホンダ新型「CBR400R」登場! ダブルディスク&ショーワ製SFF-BP倒立フォークをゲット

ホンダは、400ccクラスのフルカウルスポーツ「CBR400R」をモデルチェンジし、2022年1月17日に発売すると発表した。軽量コンパクトな並列2気筒エンジンを搭載し、今回は足まわり中心に進化を遂げている。


●外部リンク:HODNA



フロントまわりがイッキに進化!

2019年モデルでスポーツ性を向上していたCBR400Rが、さらに進化した! アグレッシブなデザインは大きく変えず、フロントフォークを従来のφ41mm正立タイプからSHOWA製SFF-BP(セパレートファンクションフォーク・ビッグピストン)に変更。これにともないフロントブレーキのダブルディスク化し、φ296mmのディスクを2枚装着(従来はφ320mmシングル)、さらにラジアルマウントの4ピストンキャリパーを組み合わせた。

倒立フォークは4気筒モデルのCBR650Rが採用するものと同一と思われ、欧州で先行発表された同じ2気筒モデルCBR500Rに準じた装備だ。また、フロントフォークの倒立化にともないフロントフェンダーもデザインが変更されている。

また、スイングアームの剛性最適化やフロントホイールの軽量化を図り、前後の分担荷重を最適化し、前輪の接地感と旋回性に寄与しているという。ブレーキのダブルディスク化による重量増をフロントホイール軽量化などで相殺したと思われ、車重は従来型と同じ192kg(装備)をキープした。

リヤサスペンションは、2019年のモデルチェンジ時に分理加圧式を採用しており、このあたりは不変のようだ。もちろんABSは標準装備。

エンジンは出力こそ変更ないが、WMTCモード燃費は28.3km/L→27.9km/Lとなっており、新排出ガス規制への適合がうかがえる。

価格は3万3000円プラスの84万1500円になったが、装備の充実を考えればむしろ安くなった感がある。発売日は2022年1月17日だ。

HONDA CBR400R[2022 model]

主要諸元■全長2080 全幅760 全高1145 軸距1410 シート高785(各mm) 車重192kg(装備)■水冷4ストローク並列2気筒DOHC4バルブ 399cc 46ps/9000rpm 3.9kg-m/7500rpm 変速機6段 燃料タンク容量17L■タイヤサイズ120/70R17 R=160/60R17 ●価格:84万1500円 ●色:赤、黒、青 ●発売日:2022年1月17日

HONDA CBR400R[2022 model]

HONDA CBR400R[2022 model]グランプリレッド [写真タップで拡大]

HONDA CBR400R[2022 model]

HONDA CBR400R[2022 model]グランプリレッド [写真タップで拡大]

HONDA CBR400R[2022 model]

HONDA CBR400R[2022 model]マットバリスティックブラックメタリック [写真タップで拡大]

HONDA CBR400R[2022 model]

HONDA CBR400R[2022 model]マットジーンズブルーメタリック [写真タップで拡大]


※本内容は記事公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な表記がないかぎり、価格情報は税込です。



最新の記事

WEBヤングマシン|新車バイクニュース