倒立フォークはSHOWA製SFF-BP

待望のWディスク&倒立フォーク! ホンダの新型「CBR500R」は足まわりを大幅に強化

ホンダは欧州で、日本ではCBR400Rとして販売されている機種の欧州版「CBR500R」のモデルチェンジを発表した。フロントブレーキをダブルディスク化したほか、SHOWA製倒立フロントフォークSFF-BPを採用。ホイール&スイングアームも新作だ。エンジンはFIセッティングなどを変更した。

CBR650Rゆずりの高機能パーツをふんだんに採用

ホンダは欧州で新型CBR500Rを発表した。エンジンは基本を継承しつつFIのセッティング変更などに留め、足まわりのパフォーマンスアップに注力している。

注目はなんといってもフロントブレーキのダブルディスク化だろう。φ296mmのディスクを2枚装着(従来はφ320mmシングル)し、これにラジアルマウントの2ピストンキャリパーを組み合わせた。

増大したストッピングパワーに合わせて、フロントフォークは従来の正立からφ41mm倒立タイプのSHOWA製SFF-BP(セパレートファンクションフォーク・ビッグピストン)に変更。左右のフォークで役割を分け、優れたリアクションと走りのクオリティを提供する。これは4気筒モデルのCBR650Rが採用するものと同一で、倒立化にともないフロントフェンダーも変更された。また、5段階のプリロード調整機構を持つリヤショックは、フロントに合わせてリセッティングされている。

ホイールは新作の軽量5本Y字スポークで、タイヤサイズは継承した。スイングアームも最薄部の板厚が2mm(従来は2.3mm)の新作となり、こちらもグラム単位の軽量化を達成している。アルミ製フットペグも104g軽量な新作だ。

これらの結果、車重は従来と変わらぬ192kgをキープ。前後荷重配分は従来の50.1:49.9から、50.7:49.3になり、フロント荷重が増している。ホイールベースやキャスター/トレールといったジオメトリーは変わっていない。

新しく、より彫りの深いヘッドライトはCBR650Rから継承。これは灯火類のレギュレーションに対応したもののようだ。またLCDメーターパネルにはギヤポジションインジケーターを備え、シフトアップインジケーターは5750~8750rpmの範囲で250rpm単位の調整が可能だとしている。

471ccの並列2気筒エンジンはPGM-FIのセッティングを変更したほか、ラジエターのデザインをより軽量かつスタイリッシュなものに改めた。アシストスリッパークラッチの装備やユーロ5適合は変更なし。

なお、現地で用意される純正アクセサリーは35Lトップボックス、リヤキャリア、タンクバッグ、シートバッグ、ハイスモークスクリーン、グリップヒーター、12V/USBタイプCソケット、シングルシートカウル、ホイールリムステッカー、タンクパッドが揃う。

日本では普通二輪免許に合わせて排気量を変更し、CBR400Rとして販売されているが、こちらも同様のモデルチェンジを受けた2022年モデルが登場しそうだ。こちらについても続報が入り次第お伝えする。

HONDA CBR500R[2022 EU model]

HONDA CBR500R[2022 EU model] [写真タップで拡大]

HONDA CBR500R[2022 EU model]

主要諸元■全長2080 全幅760 全高1145 軸距1410 シート高785(各mm) 車重192kg(装備)■水冷4ストローク並列2気筒DOHC4バルブ 471cc 47.6ps/8600rpm 4.38kg-m/6500rpm 変速機6段 燃料タンク容量17.1L■キャスター25.5°/トレール102mm タイヤサイズF=120/70ZR17 R=160/60ZR17 ※諸元は欧州仕様

HONDA CBR500R[2022 EU model]

HONDA CBR500R[2022 EU model]Grand Prix Red [写真タップで拡大]

HONDA CBR500R[2022 EU model]

HONDA CBR500R[2022 EU model]Grand Prix Red [写真タップで拡大]

HONDA CBR500R[2022 EU model]

HONDA CBR500R[2022 EU model]Grand Prix Red [写真タップで拡大]

HONDA CBR500R[2022 EU model]

HONDA CBR500R[2022 EU model]Matt Gunpower Black Metallic [写真タップで拡大]

HONDA CBR500R[2022 EU model]

HONDA CBR500R[2022 EU model]Matt Gunpower Black Metallic [写真タップで拡大]

HONDA CBR500R[2022 EU model]
HONDA CBR500R[2022 EU model]

φ43mm倒立タイプのSHOWA製SFF-BP(セパレートファンクションフォーク・ビッグピストン)と、φ296mmダブルディスク+2ポットキャリパーを新たに装備。※写真からは4ポットキャリパーのようにも見える [写真タップで拡大]

HONDA CBR500R[2022 EU model]
HONDA CBR500R[2022 EU model]

カラーリングはアグレッシブなグランプリレッドと、シックなマットガンパウダーブラックメタリックの2色。メーターは反転表示のLCDタイプで、デジタル数字のスピードメーター、バーグラフ式タコメーター、ツイントリップ、燃料残量計、燃費表示、時計、水温計、ギヤ段数表示、シフトアップインジケーターを備える。 [写真タップで拡大]

HONDA CBR500R[2022 EU model]
HONDA CBR500R[2022 EU model]

エンジンは従来型から継承しつつPGM-FIのセッティングを変更。ヘッドライトは一見変わっていないようにも見えるがCBR650Rから継承した新作とされる。 [写真タップで拡大]

【動画】欧州ホンダ CBR500R


※本記事の内容はオリジナルサイト公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な表記がないかぎり、価格情報は税込です。

最新の記事

WEBヤングマシン|最新バイク情報