ホンダADV350(欧州仕様) [’22後期 新型バイクカタログ]:250cc化で日本登場も期待したい欧州の新型

ホンダADV350 [’22後期 新型バイクカタログ]

●文:ヤングマシン編集部(伊藤康司 田宮徹 宮田健一) ※情報更新日:2022年9月4日

ホンダADV350(欧州仕様) 概要

’22モデルで欧州市場に新規導入。X-ADV/ADV150に続くシリーズ3作目で、アドベンチャー系のアクティブな雰囲気とスクーターの利便性を融合したフル自動変速モデルだ。開発ベースはフォルツァ350で、外装類の専用化/フロントフォークの倒立化/リザーバータンク付きリヤツインショックへの換装/専用デザインの前後キャストホイール/ブロックパターン風タイヤの採用などが施されている。メーターも専用設計で、フルデジタル表示の液晶ディスプレイはスマホ連携機能付き。ブルートゥースでヘッドセットもつなげば、ボイスコントロール機能も使える。フォルツァ350は日本版250のベースになっている機種だけに、日本でADV250が登場することにも期待したい。

’22 ホンダADV350(海外仕様)

主要諸元

'22 ADV350|スパングルシルバーメタリック

【’22 HONDA ADV350|EU MODEL】■水冷4スト単気筒SOHC4バルブ 330cc 29.2ps/7500rpm 3.21kg-m/5250rpm ■186kg シート高795mm 11.7L ■タイヤサイズF=120/70-15MC R=140/70-14MC ●色:スパングルシルバーメタリック マットカーネリアンレッドメタリック マットカーボニウムグレーメタリック ※写真は欧州仕様 [写真タップで拡大]

'22 ADV350|マットカーネリアンレッドメタリック
'22 ADV350|マットカーボニウムグレーメタリック

初代となる’22年型の車体色は、いずれも単色となるシルバー/グレー/レッドを設定。グレーとレッドにはマットな雰囲気も取り入れ、いずれも質感が高く落ち着いた雰囲気を演出してある。※写真は欧州仕様 [写真タップで拡大]

エンジン

'22 ADV350|エンジン

低燃費性と常用回転域での扱いやすさ、力強い加速と伸びやかな走りを狙ったeSP+エンジンは、フォルツァ350と同スペック。※写真は欧州仕様 [写真タップで拡大]

足まわり

'22 ADV350|リヤサスペンション

専用のリヤツインショックは130mmのストローク量を確保。倒立化されたフロントフォークは、同125mmを誇る。オン/オフ式トラクションコントロールも装備。※写真は欧州仕様 [写真タップで拡大]

主要装備

'22 ADV350|正面

灯火類はフルLED仕様。デュアルヘッドライトはADVシリーズ共通で、イメージは似せてあるが、デザインは完全に専用化されている。※写真は欧州仕様 [写真タップで拡大]

'22 ADV350|スクリーン
'22 ADV350|スクリーン

【スクリーンは主導調整式】フォルツァ350は電動調整式スクリーンを採用するが、ADV350は2アクションで上下2段階(133mm幅)に切り替えられる機構に。もちろんスクリーンも新調されている。※写真は欧州仕様 [写真タップで拡大]

'22 ADV350|シート下

【ヘルメット2個収納可】シートは表皮だけでなく造形もADV専用。ただしシート下トランクはフォルツァと同じ48L容量が確保され、フルフェイスヘルメットが2個収納できる。※写真は欧州仕様 [写真タップで拡大]

'22 ADV350|ハンドルまわり
'22 ADV350|インナーポケット

【電子装備も充実】タイプCのUSBポートを備えたインナーポケットやオンオフ式のトラクションコントロールもフォルツァ譲りの装備。ハンドガードを装備し、ハンドルはカバーレスに。※写真は欧州仕様 [写真タップで拡大]


※本記事は“ヤングマシン”が提供したものであり、著作上の権利および文責は提供元に属します。なお、掲載内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な記載がないかぎり、価格情報は消費税込です。

新型バイクカタログ [メーカー別]

新型バイクカタログ [国産車|クラス別]

新型バイクカタログ [トップ]

最新の記事

WEBヤングマシン|新車バイクニュース