GPXレジェンド250ツインII/ブライトン[新型バイクカタログ]:GPX最大! 味わい深い空冷ツイン

'21 レジェンド250ツインI

レジェンド250ツインII/ブライトン 概要

同社最大排気量の250ccパラツインを積むネオクラシック。’22でディスコンとなったが、セパレートハンドルとバーエンドミラー、フラットシートが作り出す低めのフォルムのカフェレーサー、Iが最初のモデル。現在販売中のIIは、’21で新登場した派生モデルだ。

アップハンドルと一般的なミラー、落ち着いた印象の車体色で正統派スタイルを作り上げた。一方でイニシャル調整可能なサブタンク付きのYSS製リヤショックを与え、スポーティさも追求している。低中速域重視の乗りやすい特性で、倒立フォーク+ダブルディスク、前後17インチのキャストホイールなど脚も豪華。価格も魅力的だ。

’22では台数限定の特別仕様、ブライトンが登場。ゴールドの足まわり、グリーン&ブルーのカラーリングが特徴。

’22 レジェンド250ブライトン

レジェンド250ブライトン

【’22 GPX LEGEND 250 BRIGHTON】■空冷4スト並列2気筒SOHC2バルブ 234cc 16.3ps/8000rpm 1.53kg-m/6500rpm ■156kg シート高790mm 14.5L ■タイヤサイズF=110/90R17 R=130/90R17 ●色:ブリティッシュグリーン ディープブルー ●価格:54万2300円 [写真タップで拡大]

レジェンド250ブライトン

カラーバリエーションはグリーン/ブルーの2色展開。 [写真タップで拡大]

’21 レジェンド250ツインII

'21 GPX レジェンド250ツインII|グレー

【’21 GPX LEGEND 250 TWIN II】■車重156kg ●色:グレー、ブラック、マットブラック ●価格:49万8300円 [写真タップで拡大]

'21 GPX レジェンド250ツインII|ブラック
'21 GPX レジェンド250ツインII|マットブラック

カラーバリエーションはグレー/ブラック/マットブラックの3色展開。 [写真タップで拡大]


※本記事の内容はオリジナルサイト公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な表記がないかぎり、価格情報は税込です。

GPXに関連する記事

世界450台/日本150台限定発売! GPX「レジェンド250ブライトン」特別色やスポークホイールが特徴

GPXジャパンは、空冷並列2気筒エンジンを搭載するレトロスタイルの軽二輪ネイキッドモデル「レジェンド250」にスペシャルモデルを設定。シックなカラーリングやスポークホイールなどを備えた「レジェンド250ブライトン(LEGEND 250 Brighton)」を、世界限定450台/日本限定150台で発売すると発表した。 234ccの空冷2気筒を搭載、サスペンションは倒立フォーク/YSS製リヤショック […]

ダックス125のライバルは大砲野郎?! フェニックス「ガンナー」シリーズ最高峰、125が初見参【東京MCショー】

大砲のような懐中電灯のような、ひと目見たら忘れない超独特なフォルムのレジャーバイク「ガンナー」は、微笑みの国タイで生産されるが、日本の名チューナーも関わって開発されたシッカリ者。そのガンナーにシリーズ最高峰の125が加わった。タンデムも楽しめる縦型エンジンのガンナー125は、話題沸騰の胴長短足犬の好敵手となるか!? 微笑みの国からやってきた、見れば笑顔ほころぶ円筒形 ボディを兼ねるフレームに燃料タ […]

GPX新型バイク総まとめ【フルカウルスポーツにハイパワーモデル新登場!ポップなスクーターも】

手頃な価格ながらデザイン性や質感十二分 バイク大国、タイで4輪バギーの生産からスタート。’09年から2輪車の製造を始め、今や同国内でシェア急速拡大中のブランドがGPX。バイク関連メーカーなど各日本企業の進出で、品質管理や生産技術などものづくりのノウハウを吸収したタイ。 GPXの各モデルも、その質やまとまりの良さのレベルは高く、乗っていてもバランスがいい。なお国内には月木レーシングが母体 […]

新カブ110がライバル?! GPXが新型「POPz 110」を発売、125の後継車はもっとレトロ!

GPXジャパンは、某ビジネスバイクをリスペクト(?)した雰囲気のレトロポップな原付二種「POPz 110(ポップス110)」を2022年3月26日に発売すると発表した。125cc空冷シングルを搭載する従来型はラインナップから外れていたが、新たに109cc化されての登場だ。価格は26万4000円とリーズナブル! タイではホンダ、ヤマハに次ぐシェアを誇る“国産”のGPX 間もなくの登場が噂されているホ […]

GPX POPz110[新型バイクカタログ]:110でカラフルコミューター復活

POPz110 概要 某ビジネスバイクのリスペクト風スタイルをポップなカラーで彩るPOPz。125㏄空冷シングルの従来型はラインナップ落ちしていたが、新たに110cc化され、’22から国内導入されている。ロータリー式4段ミッションで運転はイージー。灯火類はフルLEDで、液晶を組み合わせたメーターを採用するなどルックスも洒落ている。足まわりは前後17インチキャストホイールにFディスク、R […]

GPXデーモンGR200R 2バルブ/4バルブ[新型バイクカタログ]:走りも鋭いシングルSS

デーモンGR200R 概要 シャープなフルカウルが際立つスポーツ系トップモデル。デルフィ製FIを採用した水冷シングルをトレリスフレームに搭載し、脚を倒立フォーク+前後17インチで固める。フルLEDライトやタッチパネルの液晶メーターにも注目だ。 ’22では4バルブ仕様が新登場。1.7ps&0.3kg-mアップを果たし、軽い車体も不変だ。 ’22 デーモンGR200R […]

GPXレジェンド250ツインII/ブライトン[新型バイクカタログ]:GPX最大! 味わい深い空冷ツイン

レジェンド250ツインII/ブライトン 概要 同社最大排気量の250ccパラツインを積むネオクラシック。’22でディスコンとなったが、セパレートハンドルとバーエンドミラー、フラットシートが作り出す低めのフォルムのカフェレーサー、Iが最初のモデル。現在販売中のIIは、’21で新登場した派生モデルだ。 アップハンドルと一般的なミラー、落ち着いた印象の車体色で正統派スタイルを作り […]

GPXレジェンド150Fi[新型バイクカタログ]:倒立フォークやLEDで魅力UP

レジェンド150Fi 概要 トラッカー系のルックスを持つレジェンド150Sが’21型でモデルチェンジ。従来の心臓をベースに、燃料供給をキャブレターからFIに変更し、ロングタイプのシートを導入した。正立フォークは倒立に強化されたほか、レジェンドと同様のLEDヘッドライトや液晶メーターも導入している。 ’21 レジェンド150Fi

WEBヤングマシン|新車バイクニュース