GPXレジェンド250ツインI/II[新型バイクカタログ]:GPX最大! 味わい深い空冷Vツイン

'21 レジェンド250ツインI

レジェンド250ツインI/II 概要

同社最大排気量の250ccパラツインを積むネオクラシック。Iはセパレートハンドルとバーエンドミラー、フラットシートが作り出す低めのフォルムがいかにもカフェらしい。低中速域重視の乗りやすい特性で、倒立フォーク+ダブルディスク、前後17インチのキャストホイールなど脚も豪華。価格も魅力的だ。IIは’21で新登場した派生モデル。アップハンドルと一般的なミラー、落ち着いた印象の車体色で正統派スタイルを作り上げた。一方でイニシャル調整可能なサブタンク付きのYSS製リヤショックを与え、スポーティさも追求している。

’21 レジェンド250ツインI

'21 GPX レジェンド250ツインI|レッド

【’21 GPX LEGEND 250 TWIN I】■空冷4スト並列2気筒SOHC2バルブ 234cc 16ps 1.53kg-m ■車重154kg シート高790mm 14.5L ■タイヤサイズF=110/90-17 R=130/90-17 ●色:レッド ブラック ●価格:45万9800円 [写真タップで拡大]

'21 GPX レジェンド250ツインI|ブラック
[写真タップで拡大]

カラーバリエーションはレッド/ブラックの2色展開。

’21 レジェンド250ツインII

'21 GPX レジェンド250ツインII|グレー

【’21 GPX LEGEND 250 TWIN II】■車重156kg ●色:グレー、ブラック、マットブラック ●価格:49万8300円 [写真タップで拡大]

'21 GPX レジェンド250ツインII|ブラック
'21 GPX レジェンド250ツインII|マットブラック

カラーバリエーションはグレー/ブラック/マットブラックの3色展開。 [写真タップで拡大]


※本記事の内容はオリジナルサイト公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な表記がないかぎり、価格情報は税込です。

GPXに関連する記事

GPX新型バイク総まとめ【デザイン・質ともに完成度の高いラインナップ】

ウェルバランスで価格も手頃なブランド 1964年に設立され、シェア拡大中のタイメーカーがGPX。国内には月木レーシングが母体の日本法人から上陸する。 日本企業の進出で、その品質管理や生産技術を吸収したタイ。同国で元気なGPXの各モデルも、その質やまとまりの良さのレベルは高く、乗っていてもバランスがいいので安心感がある。 「若者がバイトを頑張れば普通に買える」ことを目指した戦略的価格も魅力のひとつ。 […]

4スト250cc車の5時間耐久レース「九州エンデュランスフェスタin SPA直入」が11月21日に開催

大分県のサーキット・SPA直入が主催する「九州エンデュランスフェスタin SPA直入」が今年も11月21日(日)に開催される。幅広いスキルのライダーが楽しめる,4スト250cc車をメインとした5時間耐久レースで、レジェンドライダーも数多く出場するのが特徴だ。 今年は柳川明選手&井筒仁康氏が参戦! 「もてぎ7時間耐久ロードレース」通称“もて耐”に出場したSPA直入の関係者がその面白さに感動し、ぜひ九 […]

GPX最新主力モデル試乗インプレ【敷居低く楽しめる軽二輪フルカウル/カフェレーサー/ネイキッド】

微笑みの国・タイ。バイクシーンのアツさでも知られる同国で、シェア3位にまで上り詰めた”国産”ブランドが「GPX」だ。今回はその主力モデル「デーモンGR200R」「レジェンド250ツインI/II」「レジェンド150Fi」に試乗。成長を続ける新興ブランドの実力を全方位チェック! デーモンGR200R:洗練のライトウェイトフルカウル。”その気”にさせ、走り […]

GPX2021新車バイクラインナップ〈デーモン/レジェンド250ツイン/150Fi〉

デーモンGR200R:日本にも入荷中[新型] タイのGPX社が満を持して送り込むライトウェイトのニューウェポン「デーモンGR200R」。前後17インチのフルサイズで、エンジンにはFI制御の単気筒を採用。洗練されたフルカウルにはLEDの各種灯火類がきらめく。倒立フォークやデジタルメーターも自慢だ。 レジェンド250ツイン 1:GPXの最大モデル オイルクーラー装備の空冷パラツインを搭載したカフェスポ […]

’20新車バイク総覧〈150〜250cc車検レス|外国車〉アジアン輸入車GPX他

フルカウルを軸にネイキッド、オフなど多彩なジャンルで賑わう150〜250ccクラス。近年盛り上がるアジア市場から、国産車/欧米車にはない魅力を持った高コスパ車が次々と上陸している。〈ラインナップ〉■GPX レジェンド250ツイン|ジェントルマンレーサー200|デーモン150GR ■ホンダCB190X|CRF150L ■ヤマハ XSR155|MT-15|WR155R ■カワサキ W175シリーズ G […]

’19 GPX ジェントルマンレーサー200 試乗インプレッション【プライス以上の走りと満足度。質感にも優れる】〈動画あり〉

’07年にタイで創業し、現地では第3位の販売台数を誇るGPX。日本では4車種が販売されており、その中の最上位モデル・ジェントルマンレーサー200に試乗した。クラシカルなロケットカウルを身にまといながらも、倒立フォークにリンク式サス、ラジアルマウントキャリパーなど最新の足まわりを持つユニークな1台だ。 [◯]懐かしい負圧キャブレター。走りの質は悪くない かつては最新、今ではクラシカルのアイコンとなっ […]

安くて、手軽で、カッコイイバイク選びの選択肢が増えてほしい!/個性派お手軽外国モデル×3台試乗 #まとめ

現実的なプライスながら、チープさは全くなく、スモールサイズなので走りも軽快――まるで日本の軽自動車のようなバイクが、世界中でヒットを飛ばしている。国産ではヤマハXSR155やホンダADV150、スズキジクサー250SFが日本でも注目された。海外勢もお得なモデルが揃う。ここでは外国車のまとめをお届けしよう。 日本メーカーもこういうモデルを国内に展開してほしい! ことり「私はバイクを選ぶときに250っ […]

サイコーにお手軽なチョイ乗りフルカウル! GPX DEMON150GR/個性派お手軽外国モデル×3台試乗#02

なかなかなかったコンパクトな150 ことり「排気量やコンパクトなデザインなど日本車では見られない珍しいタイプですね。車重や足着きがとても気になるけどフルカウルバイクが好きというビギナーには嬉しいかも。私は普段250㏄フルカウルに乗ってますけど、さすがにここまで軽くはできないと思いますから。しかも、ヘッドライトがLEDとか豪華!」 丸山「僕としては、いい意味でもう最高のオモチャかな。大型バイクを持っ […]

GPX ジェントルマン レーサー200に試乗!/個性派お手軽外国モデル×3台試乗#01

30〜40万円台で買えるお手軽バイクたちの外国車編。今回はタイのGPXと、イタリアのアプリリアが日本で販売している3台のスタイルの異なる個性的なモデルを用意。ベテランとビギナー、それぞれの目にどう映るのかチェックだ。第1回はGPXのジェントルマン レーサー200に試乗する! 若い感性で作られた今どきカフェレーサーだ ことり「カフェレーサーだけど、デザインや色使いが今っぽいというかレトロじゃないのが […]

2019新車走評:今人気! 110~150ccお気軽クラス編[カテゴリー別“試乗インプレッション”大図鑑 #16]

軽量コンパクトな車体に、公道でも使い切れるパワー&トルクのエンジンを搭載。トイ感をたっぷり備え、自分好みに徹底カスタムするベースモデルとしても使いやすい。その扱いやすさから実用にも向いているが、のんびり一般道ツーリングするのもなかなか楽しい。小粒ながら日常生活やバイクライフに刺激を与えてくれる、スパイシーなカテゴリーだ! 気軽さのある走行性能と低めのランニングコスト このカテゴリーにはさまざまな機 […]

令和に買いたい!【125~150ccスポーツバイク】2019ニューモデル大集合

車格もパワーも手頃でイージー。遊びゴコロにあふれたモデルから、スポーティなマシンまでバラエティも豊か。 アジア市場の拡大に伴い、車種は拡大するばかりなのが原付二種および150ccクラスだ。国産、外国車ともにオンロードからオフロード、12インチのミニまで、日常を楽しめるバイクが揃っている。 ホンダ怒涛の新車構成に負けじと他社も元気 近頃ホンダが力を入れているこのクラスだが、他メーカーも黙ってはいない […]

令和に買いたい!【250ccスポーツ/ネイキッド/アドベンチャー】2019ニューモデル大集合

様々なジャンルのニーゴースポーツが集結。いずれも身近で、操る楽しみに満ちている。フルカウルスポーツに人気が集まるが、セロー250の復活やCB250R、Z250の登場などがトピック。 スーパースポーツだけじゃない注目モデルたち 排ガス規制の影響でほぼ絶滅しかけたた250スポーツだが、’08年に発売したニンジャ250(当時名称はニンジャ250R)がヒットし、ニーゴーブームが巻き起こった。2019年、フ […]

【動画あり】タイGPXのニューモデル、ジェントルマン レーサー200ってどんな感じ?

タイでシェア3位に食い込む新興バイクメーカーのGPXが、東京モーターサイクルショーで初公開したのは、ジェントルマン レーサー200だ。ロケットカウルにセパハンというネオクラシックのカフェレーサーとして仕上げられ、価格は39万9000円。その魅力について、映像レポートを交えてお送りする。 タイ国内メーカーで1位、ホンダとヤマハに次ぐシェアを誇る 誕生して8年目という新興メーカーのGPXは、デザイン性 […]

タイGPX製デーモン150GRが34万円で国内発売

ひと目見て「あの某外国製SSにスモール版?」と思ってしまうが実はこれ、タイのGPXが送り出すDEMON150GR(デーモン150GR)。日本では月木レーシングが母体となるGPX JAPANが輸入販売を行うこのマシンが国内に上陸した。 スタイルだけでなく装備も充実のタイの人気車 某外国製SSをそのまま小さくしたような遊びゴコロ満載のDEMON150GR(デーモン150GR)は、タイで人気のフルカウル […]

マシン・オブ・ザ・イヤー2021
マシン・オブ・ザ・イヤー2021

WEBヤングマシン|最新バイク情報