チームカガヤマ鐵隼応援プロジェクト

ヤマハMT-25[新型バイクカタログ]:モノアイが鋭く輝く250ファイター

ヤマハMT-25[新型バイクカタログ]

MT-25 概要

ファイター系ネイキッドのMTシリーズで、真っ先にLEDモノアイを採用。他にも’20のマイナーチェンジではタンク横のダクトなどエクステリアも一新し、YZF-R25同様にKYB製倒立フォークも装備して走りを一新。’21モデルはオレンジのホイールが鮮烈なパステルダークグレーと、ボディ同色ホイールのディープパープリッシュブルー、深みを増したマットダークグレーメタリック8の3色だ。

’21 MT-25

'21 ヤマハ MT-25|パステルダークグレー

【’21 YAMAHA MT-25 ABS】■水冷4スト並列2気筒DOHC4バルブ 249cc 35ps/12000rpm 2.3kg-m/10000rpm ■車重169kg シート高780mm 14L ■タイヤサイズF=110/70-17 R=140/70-17 ●色:パステルダークグレー ディープパープリッシュブルーメタリックC マットダークグレーメタリック8 ●価格:62万1500円 ●発売日:’21年4月28日 [写真タップで拡大]

'21 ヤマハ MT-25|ディープパープリッシュブルーメタリックC
'21 ヤマハ MT-25|マットダークグレーメタリック8

カラーバリエーションはグレー/ブルー/グレーメタリックの3色展開。 [写真タップで拡大]

エンジン

'20 ヤマハ MT-25|エンジン

180度クランク採用の249cc水冷パラツインエンジンを採用。排ガス規制対応のために’18モデルから最高出力が35psに変更されているものの、低回転域から扱いやすい出力特性は相変わらずだ。※写真は’20モデル [写真タップで拡大]

足まわり

'20 ヤマハ MT-25|フロントまわり

剛性感のあるφ37mm倒立式フロントフォークを装備。ブレーキにはABSが導入されている。標準装着タイヤはIRC・RX-01だ。※写真は’20モデル [写真タップで拡大]

主要装備

'20 ヤマハ MT-25|ハンドルまわり

’19モデルと比べるとハンドル位置は44mm上がり、幅も10mm広くなって余裕のあるポジションに。純正のスクリーンやブレーキレバーもアクセサリーとして用意されている。メーターはフル液晶化を果たし、ギヤ数表示/燃費計/水温計など多彩な機能を有する。※写真は’20モデル [写真タップで拡大]

'20 ヤマハ MT-25|タンクまわり

タンクカバーも最大で51mmワイド化しているが、ニーグリップが効きやすい形状はそのままだ。※写真は’20モデル [写真タップで拡大]


※本記事の内容はオリジナルサイト公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な表記がないかぎり、価格情報は税込です。

MT-25に関連する記事

クイックシフターOP設定&排ガス規制適合! ヤマハ「MT-25」2022年モデル登場

ヤマハは、YZF-R25と共通のエンジン&車体を持つネイキッドモデル「MT-25 ABS」をマイナーチェンジし、2022年モデルとして5月25日に発売すると発表した。エンジン性能は維持しながら、平成32年(令和2年)排出ガス規制に適合している。 YZF-R25と同時発売でモデルチェンジ内容もほぼ同等 ヤマハは、ロードスポーツモデル「MT-25 ABS」をマイナーチェンジ。エンジンは、平成32年(令 […]

[’22前期版]国産新型バイクカタログ:126~250cc軽二輪総まとめ#2(ネイキッド&クルーザー)

ニンジャZX-25R登場からはや1年余り。4気筒エンジンの追撃車は出現しないが、2気筒や油冷シングルは血気盛ん。本格オフも台頭する中、爆売れを続けるレブルの存在感が際立つ。ジャンルに捉われない“本気度”こそが、250クラスの勝負の分け目かも…。本記事ではネイキッド&クルーザーモデルを紹介する。 カワサキZ250:250ネイキッド最強パワー! ひと目でカワサキとわかるZシリーズ共通のSugomiデザ […]

ヤマハMT-25[新型バイクカタログ]:モノアイが鋭く輝く250ファイター

MT-25 概要 ファイター系ネイキッドのMTシリーズで、真っ先にLEDモノアイを採用。他にも’20のマイナーチェンジではタンク横のダクトなどエクステリアも一新し、YZF-R25同様にKYB製倒立フォークも装備して走りを一新。’21モデルはオレンジのホイールが鮮烈なパステルダークグレーと、ボディ同色ホイールのディープパープリッシュブルー、深みを増したマットダークグレーメタリ […]

3色全てニューカラー! ヤマハ「MT-25/MT-03」2021年モデルが4月28日に発売

ヤマハは、気軽なスーパースポーツ「YZF-R25/R3」の兄弟モデルでネイキッドロードスポーツの「MT-25/MT-03」にニューカラーを設定し、2021年モデルとして4月28日に発売。従来のイメージを踏襲しつつ、マットとメタリックを切り替えるなどの手法で新鮮なグラフィックとしている。 倒立フォーク獲得から2年目のニューカラー ヤマハは、2020年にモデルチェンジしてYZF-R25譲りの倒立フォー […]

3色全てニューカラー! ヤマハ「MT-25/MT-03」2021年モデルは待望のマットダーク系も

ヤマハは、気軽なスーパースポーツ「YZF-R25/R3」の兄弟モデルでネイキッドロードスポーツの「MT-25/MT-03」にニューカラーを設定し、2021年モデルとして4月28日に発売する。従来のイメージを踏襲しつつ、マットとメタリックを切り替えるなどの手法で新鮮なグラフィックとしている。 倒立フォーク獲得から2年目のニューカラー ヤマハは、2020年にモデルチェンジしてYZF-R25譲りの倒立フ […]

250ccアドベンチャークラスでアフリカツインとトレーサーが対決!?【バイク近未来予想】

環境規制の端境期にあり、世代交代の節目を迎えているバイク。ラインナップに大変動が起きるのは必定だ。そこでヤングマシン創刊48年の知恵とカンをベースに、願望&妄想も織り交ぜながら、バイク未来予想を導き出してみた。本ページではユーロ5対応から250cc軽クロスオーバーが本格化すると予想。 人気クラスに人気ジャンル。出ればヒット間違いなし! 人気車がひしめく250クラスながら、スズキVストローム250の […]

’20ヤマハMT-25ABS試乗インプレッション【倒立フォーク化でトレース性アップ】

’19年にモデルチェンジした人気モデル・YZF-R25と基本コンポーネントを共有するネイキッド「MT-25」も、1年遅れでスタイリングなどを一新した。 [◯] ついにABSを導入。倒立化によるネガなし 海外ではMT-15やMT-125が販売されているが、国内のラインナップにおいてシリーズの末弟となるのがこのMT-25だ。’15年10月の発売以来、初めてのマイナーチェンジを実施した&#8 […]

チームカガヤマ鐵隼応援プロジェクト

ホーム
WEBヤングマシン|新車バイクニュース