ヤマハMT-09/SP [’22後期 新型バイクカタログ]:グラフィック変更&シアンホイール採用

ヤマハMT-09/SP

●文:ヤングマシン編集部(伊藤康司 田宮徹 宮田健一) ※情報更新日:2022年7月19日

ヤマハMT-09/SP 概要

’21で歴代初となるフルモデルチェンジを実施。排気量を888ccに拡大して全域パワーアップしたほか、6軸IMUと電子制御スロットルを新採用。電脳装備もトラクションコントロール/スライド/ウイリー/ブレーキコントロールなど大幅に進化した。新作フレームはヘッドパイプ位置を下げたほか剛性を最適化し、ハンドリングと汎用性を向上。上級版となるSPは、フロントKYB製/リヤオーリンズ製サスペンションとなるほか、クルーズコントロールも追加で標準装備となった。カラーリング/グラフィックを変更した’22モデルは、シアンカラーのホイールが新鮮だ。

’22 ヤマハMT-09

主要諸元

ヤマハMT-09/SP

【’22 YAMAHA MT-09】■水冷4スト並列3気筒DOHC4バルブ 888cc 120ps/10000rpm 9.5kg-m/7000rpm ■189kg シート高825mm 14L ■タイヤF=120/70ZR17 R=180/55ZR17 ●クイックシフター(アップ/ダウン) ●色:パステルダークグレー ディープパープリッシュブルーメタリックC マットダークグレーメタリック6 ●価格:110万円 ●発売日:2022年7月28日 [写真タップで拡大]

ヤマハMT-09/SP
ヤマハMT-09/SP

【カラーバリエーション】STDは、パステルダークグレー/ディープパープリッシュブルーメタリックC/マットダークグレーメタリック6の3色展開。 [写真タップで拡大]

エンジン

ヤマハ MT-09|エンジン

120psを発揮する888cc並列3気筒。’21で1&2速のギヤレシオやアシスト&スリッパークラッチも改良された。 [写真タップで拡大]

ヤマハ MT-09|マフラー

マフラーは車体下にボックス型サイレンサーを置き、エンド部は地面に向かってエンド左右から開口している。 [写真タップで拡大]

主要装備

ヤマハ MT-09|ヘッドライト

1灯でハイ/ロー両ビームを照射するバイファンクションLEDヘッドライト。その両側をポジションランプが挟む。 [写真タップで拡大]

ヤマハ MT-09|メーターパネル

フルカラーTFTメーターは3.5インチで視界の確保と開放感を優先。タコメーターは回転数に応じて色が変化する。 [写真タップで拡大]

’22 ヤマハMT-09SP

主要諸元

ヤマハMT-09 SP

【’22 YAMAHA MT-09 SP】■水冷4スト並列3気筒DOHC4バルブ 888cc 120ps/10000rpm 9.5kg-m/7000rpm ■190kg シート高825mm 14L ■タイヤF=120/70ZR17 R=180/55ZR17 ●クイックシフター(アップ/ダウン) ●色:ブルーイッシュホワイトメタリック2 ●価格:126万5000円 ●発売日:2022年7月6日 [写真タップで拡大]

主要装備

ヤマハMT-09 SP
ヤマハMT-09 SP

SPはオーリンズ製リヤショック/高速&低速の圧減衰が独立調整可能なKYB製Fフォーク/オートクルーズ/バフ掛けスイングアームを装備。 [写真タップで拡大]


※本記事は”ヤングマシン”が提供したものであり、著作上の権利および文責は提供元に属します。なお、掲載内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な記載がないかぎり、価格情報は消費税込です。

ヤマハMT-09/SPに関連する記事

ヤマハMT-09/SP [’22後期 新型バイクカタログ]:グラフィック変更&シアンホイール採用

ヤマハMT-09/SP 概要 ’21で歴代初となるフルモデルチェンジを実施。排気量を888ccに拡大して全域パワーアップしたほか、6軸IMUと電子制御スロットルを新採用。電脳装備もトラクションコントロール/スライド/ウイリー/ブレーキコントロールなど大幅に進化した。新作フレームはヘッドパイプ位置を下げたほか剛性を最適化し、ハンドリングと汎用性を向上。上級版となるSPは、フロントKYB製 […]

ヤマハ「MT-09/SP」が全て新色に! シアンのホイールなど最新トレンドを提案【価格は据え置き】

ヤマハは、2021年にフルモデルチェンジした「MT-09 ABS」および「MT-09 SP ABS」にニューカラーを設定し、2022年モデルとして前者を7月28日に、後者を7月6日に発売すると発表した。STD×3色とSP×1色が全て新色に置き換わる。 スピンフォージド製法のホイールも新たな装い ヤマハは、「MT-09 ABS」および「MT-09 SP ABS」のカラーリングとグラフィックを変更した […]

MT-09/SPカスタム:ツーリングの快適性と運動性能を無理なく両立〈プロトカスタムダイバー〉

2輪/4輪のカスタムパーツの製作&輸入を手がけるプロトは、最近では電動モビリティやイタリアンマシン・ベネリの輸入も実施。「プロトカスタムダイバー」は、そんなプロトの自社製品/取扱いアイテムを厳選した車種別ラインナップを展開している。本記事では新型MT-09向けアイテムを紹介する。 テーマに応じてセレクトした車種別カスタム提案 プロトが取り扱う、国内外のアイテムからテーマに応じて車種専用に厳選した商 […]

バイクのメーターはどうやって作られるのか?〈メーカー直撃・開発者インタビュー〉

『個性派&傑作揃いの”メーター”年代記』と銘打って、1959~2021年のバイクメーター史を振り返った本特集。だがこれらのメーターが、どういった過程でどんな意図で開発されるのかについては、ほとんど知られていないもの。そこで編集部では、ヤマハに直撃インタビューを敢行。’21年に発売されたMT-09/トレーサー9GTを例に、メーター開発の裏側を探った。 ヤマハの最新 […]

最新おすすめカスタムパーツ×8選〈ヨシムラ ニンジャZX-25Rウィンドアーマーetc.〉

ヨシムラ ウィンドアーマー[‘20 ニンジャZX-25R用] ヨシムラジャパンより、ZX-25R用のウィンドスクリーンが新登場。純正と比べ20mmロング/70mmアップで高速走行時の快適性が向上する。純正カウルとのバランスを崩さないデザインもマル。 アクティブ パフォーマンスダンパー[CB400SF/SB用] 高性能4輪車に装着され定評のあるパフォーマンスダンパー。その2輪用としてCB400SF/ […]

ヤマハMT-09 SP試乗インプレッション【より熱く濃く! 官能的な異色作】

’21年モデルで排気量を43ccアップし、シャーシを全面刷新したヤマハの”ザ・ロデオマスター”MT-09。その上位版である「MT-09 SP」に試乗した。KYB製の倒立式フロントフォーク、オーリンズのリヤショックともSP専用設計で、MT-09としては初のクルーズコントロールも装備している。 ‘21 ヤマハMT-09 SP [〇] 上質であり本気で速い。シャーシの進化も実感 […]

’21新型スズキGSX-S1000徹底解剖:ライバル比較編〈vs MT-09/ニンジャ1000SX〉

新型スズキGSX‐S1000の実力を検証する今回の企画。本記事では、ライバル対決として’21年夏に国内登場した3代目ヤマハMT-09SPと、カワサキの直4ベストセラー・ニンジャ1000SXの2台もワインディングに持ち込み、テスター丸山浩氏が比較試乗を行なった。 ヤマハMT-09:まったく異なる峠の世界観 まずは同じスポーツネイキッドのMT-09からだ。試乗したのはフロントにKYB、リヤ […]

RZ350カラーだ!! XSR700に新色登場/MTシリーズはシアンが特色/テネレ700&ラリーも新色

ヤマハは欧州で2022年モデルを相次いで発表している。主要な変更モデルについての情報はすでに記事化しているが、ここではカラーチェンジを受けたレギュラーモデルについて取り上げていこう。いずれも価格は未発表だ。 XSR700はRD350LC(RZ350)カラー、XSR700 XTributeは1981年のカラーリングを再現 ヤマハは欧州で、EICMA開幕直前のタイミングで2022年モデルを発表。EIC […]

最新の記事

WEBヤングマシン|新車バイクニュース