ヤマハ トリッカー[新型バイクカタログ]:Xゲームスタイルもこれが最後

トリッカー 概要

ヤマハ トリッカー[新型バイクカタログ]

エンジンやフレームなどセロー250をベースに、Xゲームをイメージさせるデザインに仕上げたトリッカー。専用リンク比のリヤサスペンションや小径な前後タイヤ、短めに設定したホイールベースで軽快なフットワークを実現。しかし、トリッカーもセローと同じく排出ガス規制やABS装着義務化に対応できず生産終了し、店頭在庫を残すのみだ。

’19 トリッカー

'19 ヤマハ トリッカー|ディープオレンジメタリック7

【’19 YAMAHA TRICKER】■空冷4スト単気筒SOHC2バルブ 249cc 20ps/7500rpm 2.1kg-m/6000rpm ■車重127kg シート高810mm 7.0L ■タイヤサイズF=80/100-19 R=120/90-16 ●色:ディープオレンジメタリック7 マットブラック2 ●価格:47万6300円 ●発売日:’18年9月20日 [写真タップで拡大]

'19 ヤマハ トリッカー|マットブラック2
[写真タップで拡大]

カラーバリエーションはメタリックオレンジ/ブラックの2色展開。


※本記事の内容はオリジナルサイト公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な表記がないかぎり、価格情報は税込です。

トリッカーに関連する記事

2021新型バイク総まとめ:日本車126〜250cc軽二輪クラス【ZX-25Rが牽引する”身近な本格派”市場】

車検不要の軽二輪(126〜250cc)クラスにおいて、ニンジャZX-25Rの登場により軽量スポーツマシンの価値観が大きくシフトした’21年。オフロード車も本気度を増す中、レブル250が好調に販売を伸ばすのはクラス唯一のアメリカンだからか? 他と被らない存在感が優位性を発揮する。 手軽さよりも本気度。求められる”存在感” 国内において”車検不要の最大排 […]

林道も街も軽快に駆け回れ!! 隠れた名車・トリッカーの魅力【新車を手に入れるなら今のうち】

ヤマハの大人気モデル・セロー250がファイナルエディションをもって生産終了となったその影で、同じくそっと生産終了となっていたトリッカー。街に馴染むスタイリッシュでスリムなスタイルながら、フレームとエンジンをセロー250と共用し、よりコンパクトでより軽快な走りと扱いやすさを誇る。そんなトリッカーも新車としての在庫は日を追うごとに減りゆく今、改めてその魅力を世界的ライダー・渡辺学選手の一言インプレとと […]

’20新車バイク総覧〈150〜250cc車検レス|国産車#4/5〉ヤマハ

国産4メーカーから多彩なモデルが出揃う激戦区・250cc車検レスクラス。ヤマハは人気のフルカウルスポーツ・YZF-R25を筆頭に、MT-25、セロー250ファイナルエディション、トリッカーを’20モデルとしてラインナップする。 YZF-R25:倒立フォークの新型にMotoGPカラーも登場 水冷DOHC4バルブの並列2気筒エンジンを鋼管ダイヤモンドフレームに搭載したフルカウルスポーツ「YZF-R25 […]

ひとえにバイク愛ゆえに新車予想を若干盛り過ぎた件【ヤングマシンのスクープ2018総決算#3】

「バイク界の〇スポ」と栄誉ある称号をいただいているヤングマシン(略称ヤンマシ)は、妄想とガチスクープを虚実織り交ぜてお送りしているバイク雑誌。今年も多くのスクープで誌面を賑わせて(お騒がせして?)きた。そんな我々には、年越しの前にやらなきゃいけないことがある。それは、今年展開してきたスクープの総決算。大当たりも大懺悔もあらためて振り返ります。本稿は、勢い余って予想CGを造り込みすぎてしまった“過剰 […]

2018新型トリッカー(TRICKER)の試乗インプレッション

セロー250やSR400とともに2017年に生産を終了したトリッカー(TRICKER)が、新排ガス規制に対応して9月20に新発売。実際に乗ってみての違いは? 新型はエンジンが明らかに元気になった 新型セロー250と同系エンジンを採用し、セローと同じように2ps&0.2㎏-mアップとなった2018新型トリッカー。ヤマハから事前に聞いていたのは「乗って分かる大きな違いはない」ということ。だが予 […]

WEBヤングマシン|最新バイク情報