チームカガヤマ鐵隼応援プロジェクト

スズキ ジクサーSF250[新型バイクカタログ]:油冷だから実現できる軽量&ハイパワー

スズキ ジクサーSF250[新型バイクカタログ]

ジクサーSF250 概要

スズキ独自の油冷システム“SOCS”を採用した完全新設計の単気筒エンジンは、水冷並列2気筒のGSX250Rを2ps上回る26psを発揮。高剛性なΦ41mmフロントフォークやBYBRE(インドのブレンボ子会社) のフロントブレーキキャリパーなど足まわりも充実。’21モデルはモトGPワークスマシンを彷彿させるエクスターカラーと、インドで先行販売された新デカールのマットブラックをラインナップ。

’21 ジクサーSF250

'21 スズキ ジクサーSF250|トリトンブルーメタリック

【’21 SUZUKI GIXXER SF250】■油冷4スト単気筒SOHC4バルブ 249cc 26ps/9000rpm 2.2kg-m/7300rpm ■車重158kg シート高800mm 12L ■タイヤサイズF=110/70R17 R=150/60R17 ●色:トリトンブルーメタリック マットブラックメタリックNo.2 ●価格:48万1800円 ●発売日:’21年4月20日 [写真タップで拡大]

'21 スズキ ジクサーSF250|マットブラックメタリックNo.2

カラーバリエーションはブルーメタリック/ブラックメタリックの2色展開。 [写真タップで拡大]

'21 スズキ ジクサーSF250|フロント/リヤ

近年の若者の体格も考慮し、あえてコンパクトにまとめすぎず、十分な車格を持たせることで市街地でも映えるデザインを獲得した。 [写真タップで拡大]

ライディングポジション

'21 スズキ ジクサーSF250|ライディングポジション

シート高は800mmとやや腰高にはなるが、スリムな車体のおかげで足着き性は十分担保されている。[身長175cm/体重62kg] [写真タップで拡大]

エンジン

'21 スズキ ジクサーSF250|エンジン

【新油冷搭載】燃焼室の周囲にらせん状のオイル通路を設け、効率的にエンジンを冷却。水冷方式よりコンパクトに仕上げている。 [写真タップで拡大]

足まわり

'21 スズキ ジクサーSF250|足まわり

φ41mm正立式フォークに7段階のプリロード調整が可能なリヤショックを採用。前後ともにキャリパーはバイブレ製だ。 [写真タップで拡大]

主要装備

'21 スズキ ジクサーSF250|ハンドルまわり

ハンドルは標準でセパレート。フル液晶のメーターはシフトインジケーターも装備する。 [写真タップで拡大]

'21 スズキ ジクサーSF250|タンク

ニーグリップ部分がスリムに絞られたタンクデザイン。容量は12Lだ。 [写真タップで拡大]

'21 スズキ ジクサーSF250|シート/シート下

ライダーシートは座面の前傾がやや強めの印象。タンデムシートはキーロックで取り外すことができ、その下には車載工具を収納する。 [写真タップで拡大]


※本記事の内容はオリジナルサイト公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な表記がないかぎり、価格情報は税込です。

ジクサーSF250に関連する記事

“マシン オブ ザ イヤー2021″結果発表:ストリートスポーツ250cc部門【クラス唯一の4気筒が2年目の快挙】

読者投票で当年の人気ナンバー1モデルを選ぶ伝統の企画「マシン オブ ザ イヤー(MOTY)」。ストリートスポーツ250cc部門ではカワサキのニンジャZX-25Rがデビューイヤーに続き2連覇の快挙。”250cc4気筒”という独自の地位を築き上げて、’21年も根強い人気を誇った。 唯一の4気筒が底力。最多得票で一人旅! ’20モデルでデビューした現行唯一のニーゴー4 […]

[’22前期版]国産新型バイクカタログ:126〜250cc軽二輪総まとめ#1(スポーツ&ツーリング)

ニンジャZX-25R登場からはや1年余り。4気筒エンジンの追撃車は出現しないが、2気筒や油冷シングルは血気盛ん。本格オフも台頭する中、爆売れを続けるレブルの存在感が際立つ。ジャンルに捉われない”本気度”こそが、250クラスの勝負の分かれ目かも…。 126〜250cc軽二輪クラスの潮流:身近さと本気度のバランスで人気を競う 普通二輪免許で乗れ、かつ車検の不要な250クラス。そ […]

スズキ ジクサーSF250[新型バイクカタログ]:油冷だから実現できる軽量&ハイパワー

ジクサーSF250 概要 スズキ独自の油冷システム“SOCS”を採用した完全新設計の単気筒エンジンは、水冷並列2気筒のGSX250Rを2ps上回る26psを発揮。高剛性なΦ41mmフロントフォークやBYBRE(インドのブレンボ子会社) のフロントブレーキキャリパーなど足まわりも充実。’21モデルはモトGPワークスマシンを彷彿させるエクスターカラーと、インドで先行販売された新 […]

スズキ油冷エンジンを愛して24年のライダーが、新生油冷マシン・ジクサー250に乗るとどう感じるのか?

【97馬力】油冷1156cc並列4気筒DOHC4バルブ vs 【26馬力】油冷249cc単気筒OHC4バルブ 私の名は小川恭範(おがわ・やすのり)。2019年10月までモーターサイクリスト編集部に在籍し、現在は主夫業と東洋医学関連の学業とを両立中。1996年に新発売されたスズキGSF1200Sにひと目ぼれしてニコニコ現金払いで購入。以来、健やかなるときも、病めるときも、喜びのときも、悲しみのときも […]

『マシン オブ ザ イヤー2020』結果発表:ストリートスポーツ250cc部門【ZX-25Rが圧倒的勝利】

2輪4輪のプライズで日本最長&最古の歴史を誇る『マシン オブ ザ イヤー』。当年モデルの中から読者投票で人気ランキングを決めるガチ企画、ヤングマシン読者2239名が選んだ’20人気モデルやいかに? ストリートスポーツ250cc部門では、総合部門を制したカワサキ ニンジャZX-25Rが最多得票で圧勝を飾った。 新星の影で、トップ10圏内をスズキ勢が席巻! 各社のフルカウルスポーツがシノギを削る250 […]

油冷単気筒スポーツ スズキ「ジクサーSF250」に新色登場! マット黒に金のライン

スズキは、独自の油冷エンジンを搭載した軽二輪クラスのフルカウルロードスポーツ「ジクサーSF250」にニューカラーのマットブラックを設定。従来からあるブルーと2色ラインナップの2021年モデルとして4月20日に発売すると発表した。 249cc/26psのスポーティな油冷単気筒エンジンを搭載 スズキは、油冷シングルのフルカウルスポーツモデル「ジクサーSF250」にニューカラーを設定し、2021年モデル […]

ジクサーSF250ベビーフェイスカスタム【軽量マシンにマッチした高品質パーツ】

スズキの隠れた人気クォーター・ジクサーSF250。コンパクトな車体にスズキのお家芸と言える冷却方式=油冷を復活させた単気筒エンジンを搭載。キビキビした走りを得意とする。そのパフォーマンスアップパーツをベビーフェイスが開発した。 軽量シングルスポーツにマッチしたハイクオリティパーツ スズキが新たに開発した油冷シングルエンジンを搭載し、軽量な車体でキビキビした走りを見せるジクサーSF250。そのポテン […]

チームカガヤマ鐵隼応援プロジェクト

ホーム
WEBヤングマシン|新車バイクニュース