第50回『マシン・オブ・ザ・イヤー2022』 &『 マシン・オブ・ザ・50イヤーズ』人気投票受付スタート

スズキ ジクサーSF250 [’22後期 新型バイクカタログ]:独自の油冷システムで実現した軽量ハイパワー

スズキ ジクサーSF250

●文:ヤングマシン編集部(伊藤康司 田宮徹 宮田健一) ※情報更新日:2022年9月13日

スズキ ジクサーSF250 概要

独自の油冷システム・SOCS(スズキオイルクーリングシステム)を採用するSEPエンジン(スズキエコパフォーマンスエンジン)は、単気筒ながら水冷並列2気筒のGSX250Rを2psも上回る26psを発揮。また水冷式に対して部品点数が少なく非常にコンパクトなため、車両重量はGSX250Rより23kgも軽量。高剛性なφ41mmのフロントフォークやBYBRE(インド生産のブレンボ)のフロントブレーキキャリパーなど足まわりも充実。ワイドなLEDヘッドランプが精悍だ。

’21 スズキ ジクサーSF250

主要諸元

'21 スズキ ジクサーSF250|トリトンブルーメタリック

【’21 SUZUKI GIXXER SF250】■油冷4スト単気筒SOHC4バルブ 249cc 26ps/9000rpm 2.2kg-m/7300rpm ■車重158kg シート高800mm 12L ■タイヤサイズF=110/70R17 R=150/60R17 ●色:トリトンブルーメタリック マットブラックメタリックNo.2 ●価格:48万1800円 [写真タップで拡大]

'21 スズキ ジクサーSF250|マットブラックメタリックNo.2

【カラーバリエーション】モトGPマシンを彷彿させるトリトンブルーのエクスターと、精悍なマットブラックに金文字の2色。リムテープのカラーも異なる。 [写真タップで拡大]

'21 スズキ ジクサーSF250|フロント/リヤ

近年の若者の体格も考慮し、あえてコンパクトにまとめすぎず、十分な車格を持たせることで市街地でも映えるデザインを獲得した。 [写真タップで拡大]

ライディングポジション

'21 スズキ ジクサーSF250|ライディングポジション

シート高は800mmとやや腰高にはなるが、スリムな車体のおかげで足着き性は十分担保されている。[身長175cm/体重62kg] [写真タップで拡大]

エンジン

'21 スズキ ジクサーSF250|エンジン

【スズキのお家芸=新油冷搭載】スズキ独自の油冷システムは、熱が溜まる燃焼室の周囲をらせん状のオイルジャケットで囲み、高速でオイルを流して効率的にエンジンを冷却。摩擦ロスを低減し、低燃費も実現。水冷方式よりコンパクトに仕上げられている。
[写真タップで拡大]

足まわり

'21 スズキ ジクサーSF250|足まわり

φ41mm正立式フォークに7段階のプリロード調整が可能なリヤショックを採用。前後ともにキャリパーはバイブレ製だ。 [写真タップで拡大]

主要装備

'21 スズキ ジクサーSF250|ハンドルまわり

ハンドルは標準でセパレート。フル液晶のメーターはシフトインジケーターも装備する。 [写真タップで拡大]

'21 スズキ ジクサーSF250|タンク

ニーグリップ部分がスリムに絞られたタンクデザイン。容量は12Lだ。 [写真タップで拡大]

'21 スズキ ジクサーSF250|シート/シート下

ライダーシートは座面の前傾がやや強めの印象。タンデムシートはキーロックで取り外すことができ、その下には車載工具を収納する。 [写真タップで拡大]


※本記事は“ヤングマシン”が提供したものであり、著作上の権利および文責は提供元に属します。なお、掲載内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な記載がないかぎり、価格情報は消費税込です。

新型バイクカタログ [メーカー別]

新型バイクカタログ [国産車|クラス別]

新型バイクカタログ [トップ]

最新の記事

WEBヤングマシン|新車バイクニュース