第50回『マシン・オブ・ザ・イヤー2022』 &『 マシン・オブ・ザ・50イヤーズ』人気投票受付スタート

ホンダ2515台増、うちレブル250が4338台増!?

新車販売の5台に1台がレブル250だった件…2022年上半期 8000台超えで軽二輪クラスを牽引

二輪車新聞が2022年上半期のバイク新車販売台数(推定値)を発表した。原付二種クラスを除いて増加を見せる中、2.8%増となったのが軽二輪(126~250cc)クラス。これを牽引したのは、4年連続で上四半期首位となったレブル250だ。


●文:ヤングマシン編集部(ヨ) ●出典: 二輪車新聞



レブル250は月販セールスでも1年間トップを守る

二輪車新聞は、10月14日号で2022年上半期の二輪車総需要を総括した。これは毎年発表されるデータであり、どの排気量クラスが盛り上がっているのか、売れた機種はなんだったのかをつぶさに見ることができる貴重な特集号だ。ここでは二輪車新聞のデータをもとに、軽二輪(126~250cc)クラスにフォーカスした記事をお届けしたい。

軽二輪の販売台数は、前年同期比で1046台増=2.8%増の3万8608台を達成し、2019年から4年連続で上半期を前年同期比プラスで折り返した。最需要期の4月が大幅減となったことから、それ以外の月で取り返しているものの伸び幅としては鈍化している。

シェアはホンダが4年連続首位で、前年同期比116.5%増の1万7785台を販売してシェア46.1%と圧倒的。これに続くスズキは前年同期比8.8%増の6952台でシェア18.0%、ヤマハは前年同期比29.5%減の6444台でシェア16.7%、カワサキは前年同期比15%増の4587台でシェア11.9%となった。輸入車・その他は前年同期比2.6%増の2840台でシェア7.3%。

中でも断トツの数字を残したのがレブル250だ。ホンダが販売した軽二輪1万7785台の半分に迫る8050台がレブル250であり、単一機種で軽二輪クラスのシェア20.8%を占めるという暴君ぶり。新車販売の5台に1台がレブル250なのだ。前年同期の3712台に比べれば2倍以上が販売され、それでもなお2022年7月には現行モデルの受注が終了してしまったのだから恐るべき人気である。なお、すでに新型が発表されており、12月22日に発売予定。

これに続くのは2000台前後を記録した機種たちで、2位はPCX160[2176台]、3位はニンジャZX-25Rシリーズ[2045台]、4位はVストローム250[2022台]、5位ジクサーSF250/250[1869台]と続く。

※販売台数は全て二輪車新聞による推定値

レブル250の勝因は、シンプルかつライダーが跨った状態で完成形となるクールなデザイン、そしてシート高690mmによる圧倒的に良好な足着き性だろう。トルクフルなエンジンや扱いやすいハンドリング、軽量で取りまわしやすい車体、そしてスポーティな走りも意外と楽しめるなど、幅広い層から支持されるに十分な資質を備えている。従来型は受注停止しているが、2022年10月生産分までが粛々と出荷されるはず。年末の新型登場が来季にまた爆発的な人気を呼ぶのかも注目だ。

以下に上位5傑を紹介しよう。

ホンダ|レブル250 Sエディション

【1位:レブル250/S】累計販売台数は5万台に迫るはずで、これは1980年代のバイクブームと比べても遜色ないレベル。2017年に初代が発売され、2020年にマイナーチェンジしてLED×4灯の個性的な顔をゲットした。ビキニカウルなどを装備したSエディションもラインナップする。2021年は長兄にあたるレブル1100/DCTもヒットした。12月に新型が発売予定(写真は現行モデル)。

■水冷4ストローク単気筒 249cc 26ps/9500rpm■車重170kg[S=171kg] シート高690mm 燃料タンク容量11L ●価格:59万9500円~63万8000円 ※諸元は現行モデル [写真タップで拡大]

ホンダ|PCX160

【2位:PCX160】2021年1月にフルモデルチェンジを受け、コロナ禍のバイク通勤需要に応える形で躍進。原付二種のPCX/PCXハイブリッド、電動バイクのPCXエレクトリック(リース販売のみ)などバリエーションも豊富だ。WMTCモード燃費45.2km/Lと経済性も上々。新型需要が一段落したか、前年同期比では1070台減の2176台になった。

■水冷4ストローク単気筒 156cc 15.8ps/8500rpm■車重132kg シート高764mm 燃料タンク容量8.1L ●価格:40万7000円 [写真タップで拡大]

カワサキ|ニンジャZX-25R

【3位:ニンジャZX-25Rシリーズ】2020年9月に長年の沈黙を破って復活した4気筒250ccエンジンをクラスで唯一搭載。初年度は4か月弱の販売期間だったにもかかわらず3089台を販売し、2021年はカラーチェンジを挟みつつ4761台を記録した。2022年上半期は前年同期比318台減の2045台だった。10月1日にインドネシアで新型が発表されているが、国内は未発表。

■水冷4ストローク並列4気筒 249cc 45ps/15500rpm(ラムエア加圧時46ps)■車重183kg[SE=184kg] シート高785mm 燃料タンク容量15L ●価格:84万7000円[SE/SE KRT=93万5000円] [写真タップで拡大]

スズキ|Vストローム250

【4位:Vストローム250】GSX250R系の並列2気筒エンジンを搭載したクロスオーバー・アドベンチャー。防風性の高いスクリーン/ナックルカバー/センタースタンド/DCソケットを標準装備し、大型のアルミ製リヤキャリアはオプションのトップ/サイドケースをスマートに装着できる。現行モデルは令和2年排出ガス規制に適合しておらず、11月以降の動向が気になるところだ。前年同期の1654台から2022台へと増加。

■水冷4ストローク並列2気筒 248cc 24ps/8000rpm■車重189kg シート高800mm 燃料タンク容量17L ●価格:61万3800円 [写真タップで拡大]

スズキ|ジクサーSF250

【5位:ジクサーSF250/250】ジクサーSF250は独自の油冷システムを採用し、単気筒ながら水冷並列2気筒のGSX250Rを2psも上回る26psを発揮する。また水冷式に対して部品点数が少なく非常にコンパクトなため、車両重量はGSX250Rより23kgも軽量だ。ネイキッドのジクサー250はさらに軽い。前年同期の1443台から今期は1869台へ増加した。

■油冷4ストローク単気筒 249cc 26ps/9000rpm■車重158kg[154kg] シート高800mm 燃料タンク容量12L ●価格:48万1800円[44万8800円~] [写真タップで拡大]

2022年上半期 軽二輪(126~250cc)国内販売台数 上位20機種(二輪車新聞推定)

2022年上半期 軽二輪(126~250cc)国内販売台数 上位20機種(二輪車新聞推定)

●データ提供: 二輪車新聞 [写真タップで拡大]


※本記事は“ヤングマシン”が提供したものであり、著作上の権利および文責は提供元に属します。なお、掲載内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な記載がないかぎり、価格情報は消費税込です。



最新の記事

WEBヤングマシン|新車バイクニュース