ホンダ リード125 [’22後期 新型バイクカタログ]:PCXと同じ新型エンジンeSP+を搭載

ホンダ リード125

●文:ヤングマシン編集部 ※情報更新日:2022年10月24日

ホンダ リード125 概要

通勤ライダーなどに支持される「リード125」。フルフェイス2個を収納できる37Lのラゲッジボックスや、大型フックに12V電源ソケット内蔵のインナーボックス、キー連動でリッドが開くフロント給油口も便利だ。

’22モデルでは、ボア×ストロークがPCXシリーズと同一で、低燃費&環境性能に優れるeSP+エンジンに変更され、高効率な4バルブを新たに採用。また、始動/シート開閉に便利なスマートキーシステムを導入したほか、インナーボックスにタイプCのUSBソケットを設置し、さらに利便性が高まった。

’22 ホンダ リード125

主要諸元

'22 ホンダ リード125|マットテクノシルバーメタリック

【’22 HONDA LEAD125】■水冷4スト単気筒SOHC4バルブ 124cc 11ps/8750rpm 1.2kg-m/5250rpm ■車重116kg シート高760mm 6L ■タイヤサイズF=90/90-12 R=100/90-10 ●色:マットテクノシルバーメタリック パールダークアッシュブルー2 パールジャスミンホワイト ポセイドンブラックメタリック ●価格:32万4000円/33万円(マットシルバーメタリック) ●発売日:’22年3月24日 [写真タップで拡大]

'22 ホンダ リード125|パールダークアッシュブルー2
'22 ホンダ リード125|パールジャスミンホワイト

[写真タップで拡大]

'22 ホンダ リード125|ポセイドンブラックメタリック

カラーバリエーションは銀/青/白/黒の4色展開。このうち銀はフロントカバー/リヤキャリア/リヤサスペンションスプリングなどに黒や赤の差し色を入れた特別色で、価格は33万円。青/白/黒は32万4000円だ。 [写真タップで拡大]

主要装備

'22 ホンダ リード125|各部収納

シート下ラゲッジボックスはヘルメットやB4サイズのバッグを収納できる容量。フロントインナーボックスは500mlペットボトルを収納して余裕があり、5V/3Aまで対応するTypeCのUSBソケットも備える。リッドはワンタッチで開閉可能。 [写真タップで拡大]


※本記事は“ヤングマシン”が提供したものであり、文責は提供元に属します。※掲載内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。※掲載されている製品等について、当サイトがその品質等を十全に保証するものではありません。よって、その購入/利用にあたっては自己責任にてお願いします。※特別な表記がないかぎり、価格情報は税込です。

新型バイクカタログ [メーカー別]

新型バイクカタログ [国産車|クラス別]

新型バイクカタログ [トップ]

最新の記事

WEBヤングマシン|新車バイクニュース