大容量シート下スペースやスマートキー採用の通勤快速

ホンダの原付二種スクーター「リード125」にニューカラーが登場! 価格は据え置き

ホンダは、通勤などでの利便性を追求した原付二種スクーター「リード125」にニューカラーを設定し、2023年モデルとして2月16日に発売すると発表した。新色×2および継続色×2で全4色のラインナップとなる。


●文:ヤングマシン編集部(ヨ) ●外部リンク:ホンダ

スマートキー採用、USBソケットはタイプCだ!

ホンダは、優れた実用性で通勤ライダーなどに支持されている原付二種スクーター「リード125」のカラーバリエーションを変更。新色×2と継続色×2の全4色ラインナップになる。

リード125は2022年3月にフルモデルチェンジしたばかりで、前作でも好評の大容量シート下スペース(37L)やアクセサリーソケットの装備などに加え、エンジンの始動時やシートの解錠/施錠に便利なスマートキーを採用。スマートフォンなどの充電が可能なUSBソケット(タイプC)も装備している。

エンジンは、ボア×ストローク設定がPCXと同じ(従来のリード125は52.4×57.9mm、新型は53.5×55.5mm)新エンジンで、ヘッドもPCXと同じく高効率な4バルブに。アイドリングストップシステムは継続採用している。

新色は「キャンディーノーブルレッド」と「マットギャラクシーブラックメタリック」の2色で、「パールジャスミンホワイト」「ポセイドンブラックメタリック」をが継続色だ。

HONDA LEAD 125[2023 model]

ホンダ|リード125|2023年モデル
ホンダ|リード125|2023年モデル

HONDA LEAD 125[2023 model]キャンディーノーブルレッド [写真タップで拡大]

ホンダ|リード125|2023年モデル
ホンダ|リード125|2023年モデル

HONDA LEAD 125[2023 model]マットギャラクシーブラックメタリック [写真タップで拡大]

ホンダ|リード125|2023年モデル

HONDA LEAD 125[2023 model]パールジャスミンホワイト ※継続色 [写真タップで拡大]

ホンダ|リード125|2023年モデル

HONDA LEAD 125[2023 model]ポセイドンブラックメタリック ※継続色 [写真タップで拡大]

車名リード125
型式ホンダ・8BJ-JK12
全長×全幅×全高1845×680×1130mm
軸距1275mm
最低地上高140mm
シート高760mm
キャスター/トレール──
装備重量116kg
エンジン型式水冷4ストローク単気筒SOHC4バルブ
総排気量124cc
内径×行程53.5×55.5mm
圧縮比11.5:1
最高出力11ps/8750rpm
最大トルク1.2kg-m/5250rpm
変速機無段変速式(Vマチック)
燃料タンク容量6.0L
WMTCモード燃費49.0km/L(クラス1、1名乗車時)
タイヤサイズ前90/90-12
タイヤサイズ後100/90-10
ブレーキ前油圧式ディスク(ABS)
ブレーキ後機械式リーディング・トレーリング(ドラム)
乗車定員2名
価格33万円(艶消し黒)/32万4500円(赤、白、黒)
発売日2023年2月16日

※本記事は“ヤングマシン”が提供したものであり、文責は提供元に属します。※掲載内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。※掲載されている製品等について、当サイトがその品質等を十全に保証するものではありません。よって、その購入/利用にあたっては自己責任にてお願いします。※特別な表記がないかぎり、価格情報は税込です。

最新の記事

WEBヤングマシン|新車バイクニュース