スズキ ジクサー250 [’22後期 新型バイクカタログ]:振り回せる油冷ネイキッド

スズキ ジクサー250

●文:ヤングマシン編集部(伊藤康司 田宮徹 宮田健一) ※情報更新日:2022年9月15日

スズキ ジクサー250 概要

ジクサー150のシャーシをベースとするため、250スポーツの中でひときわコンパクト。同じ油冷シングルのSF250より65mmも幅広で、アップライトなバーハンドルな上に車重は4kgも軽量なので、いっそう軽快に振り回せる。シートは十分な厚みがあり握りやすいグラブバーも装備するので、長時間のライディングも快適だ。

’21 スズキ ジクサー250 概要

主要諸元

'21 スズキ ジクサー250|トリトンブルーメタリック

【’21 SUZUKI GIXXER250】■油冷4スト単気筒SOHC4バルブ 249cc 26ps/9000rpm 2.2kg-m/7300rpm ■車重158kg シート高800mm 12L ■タイヤサイズF=110/70R17 R=150/60R17 ●色:トリトンブルーメタリック マットブラックメタリックNo.2 ●価格:44万8800円 ●発売日:’21年5月25日 [写真タップで拡大]

'21 スズキ ジクサー250|マットブラックメタリックNo.2

カラーバリエーションはブルーメタリック/マットブラックの2色展開。 [写真タップで拡大]

'21 スズキ ジクサー250|スタイリング

ボリューミーなシュラウドに対してテールは絞り込まれており、メリハリの効いたスタイリング。ジクサーSFとはカウルの有無とハンドル形状が異なっている。 [写真タップで拡大]

エンジン

'21 スズキ ジクサー250|エンジン

SFと共通の油冷SOHC4バルブ単気筒エンジンは最高出力から減速比に至るまで同じ性能。燃焼室の周囲にオイルジャケットを持ちつつ、フリクションロスを低減することで圧倒的な低燃費を実現した。 [写真タップで拡大]

足まわり

'21 スズキ ジクサー250|足まわり

フロントフォークはφ41mm正立式、リヤはリンクレスのモノショックで7段階のプリロード調整可。キャリパーはバイブレ製でABSを導入する。日本仕様の標準装着タイヤはダンロップのGPR-300だ。  [写真タップで拡大]

主要装備

スズキ ジクサー250試乗インプレッション
スズキ ジクサー250試乗インプレッション

縦3分割デザインが個性的な薄型ヘッドライトと、SFと共通デザインのテールランプにはLEDを採用する。 [写真タップで拡大]

スズキ ジクサー250|メーター

液晶ディスプレイはバータイプのタコやギヤポジションも表示。インストルメントパネル上部にはRPMインジケータを装備。 [写真タップで拡大]

スズキ ジクサー250|シート

セパレートタイプのグラブバーはアルミダイキャスト製だ。タンデムシートの下には車載工具が収納されている。 [写真タップで拡大]


※本記事は“ヤングマシン”が提供したものであり、著作上の権利および文責は提供元に属します。なお、掲載内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な記載がないかぎり、価格情報は消費税込です。

スズキ ジクサー250に関連する記事

スズキ ジクサー250 [’22後期 新型バイクカタログ]:振り回せる油冷ネイキッド

スズキ ジクサー250 概要 ジクサー150のシャーシをベースとするため、250スポーツの中でひときわコンパクト。同じ油冷シングルのSF250より65mmも幅広で、アップライトなバーハンドルな上に車重は4kgも軽量なので、いっそう軽快に振り回せる。シートは十分な厚みがあり握りやすいグラブバーも装備するので、長時間のライディングも快適だ。 ’21 スズキ ジクサー250 概要 主要諸元 エンジン 足 […]

環境規制サバイバル! 生き残るバイクはどれだ!? 中型免許クラス オンロード部門

‘22年11月以降に生産されたバイクは、50ccを除き「次期排ガス規制」に対応していないと国内で販売できなくなる…。まだ動向が確定していないモデルはナント40車種以上! 存続か、消滅か、ヤングマシン独自調査で占ってみた! 本記事は中型免許クラス部門。CBR400R/400X/ニンジャ400は規制をクリア。残る主要モデルのGBとYZF-R3はどうなるか? ホンダ GB350/S【次世代の空冷シングル […]

[’22前期版]国産新型バイクカタログ:126~250cc軽二輪総まとめ#2(ネイキッド&クルーザー)

ニンジャZX-25R登場からはや1年余り。4気筒エンジンの追撃車は出現しないが、2気筒や油冷シングルは血気盛ん。本格オフも台頭する中、爆売れを続けるレブルの存在感が際立つ。ジャンルに捉われない“本気度”こそが、250クラスの勝負の分け目かも…。本記事ではネイキッド&クルーザーモデルを紹介する。 カワサキZ250:250ネイキッド最強パワー! ひと目でカワサキとわかるZシリーズ共通のSugomiデザ […]

人気の250ccクラス、身長153cm女子が足着き&取り回しをチェック!! レブル、YZF-R25、ZX-25R、ジクサー安心感があるのは?

身長153cmでも大型バイクに乗っちゃう女子ライダーでモデルのたけいみさとさんが、250ccクラスのバイクの中でも人気の4台、ホンダ レブル250、ヤマハ YZF-R25、スズキ ジクサー250、カワサキ ニンジャ ZX-25Rに試乗!! 小柄なライダー目線で足着き、取り回しのしやすさ、ツーリングでの使いやすさをチェックします。 ホンダ レブル250「シート高は690mm、足着き性が満点」 ホンダ […]

45万円以下の軽二輪スポーツ! スズキ「ジクサー250」新色は鮮やかな青と艶消し黒で5/25発売

スズキは、独自の油冷エンジンを搭載した軽二輪クラスのネイキッドスポーツ「ジクサー250」に、ニューカラーのトリトンブルーメタリックおよびマットブラックを設定。2021年モデルとして5月25日に発売した。 250ccフルスケールで断トツの安さ! 低燃費やスズキ独自の油冷単気筒も魅力 スズキは、新開発の油冷単気筒エンジンを搭載した軽二輪ネイキッドスポーツ「ジクサー250」に2色のニューカラーを設定し、 […]

45万円以下の軽二輪スポーツ! スズキ「ジクサー250」新色は鮮やかな青と艶消し黒

スズキは、独自の油冷エンジンを搭載した軽二輪クラスのネイキッドスポーツ「ジクサー250」に、ニューカラーのトリトンブルーメタリックおよびマットブラックを設定。2021年モデルとして5月25日に発売すると発表した。 250ccフルスケールで断トツの安さ! 低燃費やスズキ独自の油冷単気筒も魅力 スズキは、新開発の油冷単気筒エンジンを搭載した軽二輪ネイキッドスポーツ「ジクサー250」に2色のニューカラー […]

一般道で超低燃費のジクサー250、高速道路でも燃費がいいのかチェックしてみた!

一般道の長距離走行で、47km/Lという好燃費を叩き出したスズキ・ジクサー250。燃費も良くて走行性能もバッチリ。これ1台あれば何でもこなせそうな、マルチプル・クォーターマシンであることを改めて思い知らされたわけです。しかしこうなると、「高速道路を走行した場合、どのくらいの燃費が出るのか」ということがどうしても気になっちゃう。 150ccモデル比9割増しのエンジン出力のジクサー250 9000回転 […]

150に続きジクサー250もリッター40km後半の低燃費!下道800km走ってみたら凄い記録が!!

「ううむ、想像以上の記録が出てしまった……」スズキ・ジクサー250で一般道の燃費調査を行い、はじき出された数値に思わずうなる筆者。それもそのはず。ジクサー250で一般道をひたすら走行した結果叩き出された燃費は、なんと最高でカタログ値の約2.5割増……!? GSX1400の生産終了以来、久々の油冷エンジンを搭載 ジクサー250は、スズキが販売している排気量249ccのオンロードバイクです。 新開発の […]

新型バイクカタログ [メーカー別]

新型バイクカタログ [国産車|クラス別]

新型バイクカタログ [トップ]

最新の記事

WEBヤングマシン|新車バイクニュース