ホンダ ディオ110[新型バイクカタログ]:新エンジン&フレームでさらに爽快!

ホンダ ディオ110[新型バイクカタログ]

ディオ110 概要

安定性と軽快性に優れた前後14インチの「ディオ110」がフルチェンジ。ロングストローク化で低中速域の出力を向上した新型eSPエンジンを、プレス成型した高張力鋼板をレーザー溶接で組み立てた新設計フレームに搭載。施錠やシート解錠もできるスマートキーを採用し、フルフェイスも入る18Lラゲッジ/センタースタンドも装備する。

’21 ディオ110

'21 ホンダ ディオ110|マットスターリーブルーメタリック

【’21 HONDA DIO110】■空冷4スト単気筒SOHC2バルブ 109cc 8.7ps/7500rpm 0.92kg-m/5750rpm ■車重96kg シート高760mm 4.9L ■タイヤサイズF=80/90-14 R=90/90-14 ●色:マットスターリーブルーメタリック マットギャラクシーブラックメタリック パールジャスミンホワイト ディセントシルバーメタリック ●価格:24万2000円~24万5300円 ●発売日:’21年2月25日 [写真タップで拡大]

'21 ホンダ ディオ110|パールジャスミンホワイト
'21 ホンダ ディオ110|ディセントシルバーメタリック

[写真タップで拡大]

'21 ホンダ ディオ110|マットギャラクシーブラックメタリック

カラーバリエーションはマットスターリーブルーメタリック/パールジャスミンホワイト/ディセントシルバーメタリック/マットギャラクシーブラックメタリックの4色展開。 [写真タップで拡大]

スタイリング

'21 ホンダ ディオ110|スタイリング

親しみやすいスタンダードなスクーターシルエットながら、上質さも備えたデザイン。流れを感じさせる滑らかで立体的な面構成や張りのあるサーフェイスなど、洗練されている。 [写真タップで拡大]

ライディングポジション/取り回し

'21 ホンダ ディオ110|ライディングポジション

大柄な男性にはちょっとコンパクトかもしれないが、小柄であれば足元に自由度がある。14インチホイールのため車高がそれなりにあり、若干かかとは浮くが、軽くて両足も着地するので不安感はない。[身長158cm] [写真タップで拡大]

'21 ホンダ ディオ110|取り回し

【取り回し】車重は96kgと軽く、ハンドルも大きく切れるので、自転車感覚でクルクルと扱える。 [写真タップで拡大]

エンジン

'21 ホンダ ディオ110|エンジン

【軽快な走りと低燃費を両立】新設計のeSPエンジンは、燃焼室をコンパクトにして高圧縮比化。ロングストローク化も果たし、燃費性能を向上させながら、低中速域の出力とトルクを向上。力強い走りももたらしている。 [写真タップで拡大]

'21 ホンダ ディオ110|アイドリングストップ機構

【アイドリングストップ】燃費向上に役立つアイドリングストップ機構。再始動はとてもスムーズで違和感はほぼない。 [写真タップで拡大]

シャーシ

'21 ホンダ ディオ110|フレーム

【新設計フレームで快適な走り】高張力鋼板(ハイテン材)を使用し、高剛性化と軽量化を果たした新設計フレーム「eSAF」を採用。より加工精度の高いプレス成型とし、縦方向からの外力に強く、路面からの衝撃吸収性も高めている。 [写真タップで拡大]

足まわり

'21 ホンダ ディオ110|フロントまわり

乗り心地のよさや安定性の高さなど、多くのメリットを感じさせてくれる14インチホイール。フロントはシングルディスクブレーキを搭載する。利きは十分で、コントローラブル。サスペンションもスムーズに作動し、姿勢変化もナチュラルだ。 [写真タップで拡大]

'21 ホンダ ディオ110|リヤまわり

スクーターでは一般的なリヤドラムブレーキ+ユニットスイング式。セッティングが煮詰められており、前後のバランスは非常に良好。乗り心地も快適だ。 [写真タップで拡大]

主要装備

'21 ホンダ ディオ110|ヘッドライト

【ヘッドライト】顔つきはなかなか精悍。クリアレンズのウインカーをフロントカバー左右端に内蔵している。 [写真タップで拡大]

'21 ホンダ ディオ110|メーター

【メーター】メインスイッチをオンにすると「HELLO」のメッセージが表示される。 [写真タップで拡大]

'21 ホンダ ディオ110|コンビブレーキ

【コンビブレーキ】左レバー(後輪ブレーキ)を握れば自然な動作感覚で前後輪ともにほどよく制動力を発揮。 [写真タップで拡大]

'21 ホンダ ディオ110|スマートキーシステム
'21 ホンダ ディオ110|スマートキーシステム

【スマートキーシステム】スマートキーを標準装備。キー自体を取り出さなくてもメインスイッチノブの解施錠ができる。1度使ったら手放せない便利さだ。 [写真タップで拡大]

'21 ホンダ ディオ110|インナーボックス

【インナーボックス】フタ付きで雨の日も安心なフロントのインナーボックスは、500mlのペットボトルも入れられる。 [写真タップで拡大]

'21 ホンダ ディオ110|コンビニフック

【コンビニフック】コンビニフックは手が届きやすいハンドル下に設けられている。 [写真タップで拡大]

'21 ホンダ ディオ110|シート

【シート】ライダー&タンデムシートがつながっている大型シートで、ポジションの自由度は高い。 [写真タップで拡大]

'21 ホンダ ディオ110|シート下収納
'21 ホンダ ディオ110|シート下収納

【シート下収納】ボタン操作で簡単にオープンできるシート下には約18Lのラゲッジボックスが。燃料キャップや車載工具にもアクセスできる。 [写真タップで拡大]

'21 ホンダ ディオ110|センタースタンド
'21 ホンダ ディオ110|サイドスタンド

【センター&サイドスタンド】センターとサイドスタンドの両方を標準装備。 メンテナンスする時や長く駐輪する時はセンタースタンド、普段使いにはサイドスタンドと使い分けができる。車体が軽いためセンタースタンドを立てるのもラクだ。 [写真タップで拡大]

'21 ホンダ ディオ110|タンデムステップ

【タンデムステップ】原付2種のディオ110はタンデムランが可能。シートも快適でステップもしっかり備えている。 [写真タップで拡大]

'21 ホンダ ディオ110|テールランプ

【テールランプ】視認性の高さとモダンな印象を両立しているテールランプは新デザインが採用されている。 [写真タップで拡大]

'21 ホンダ ディオ110|車載工具

【車載工具】プラスドライバーとプラグレンチというシンプルな車載工具は、シート下収納にある。 [写真タップで拡大]

'21 ホンダ ディオ110|グリップヒーター
'21 ホンダ ディオ110|盗難抑止アラーム

[写真タップで拡大]

'21 ホンダ ディオ110|トップボックス

【豊富なアクセサリーでより便利で快適に!】専用アクセサリーとして、バッテリー電圧監視システム内蔵のグリップヒーター(1万8150円)[上左]や、盗難抑止アラーム(4400円)[上右]を用意。共通アクセサリーのトップボックス(2万900円)[左]は容量35Lを確保。 [写真タップで拡大]


※本記事の内容はオリジナルサイト公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な表記がないかぎり、価格情報は税込です。

ディオ110に関連する記事

[’22前期版]国産新型バイクカタログ:51〜125cc原付二種総まとめ#2(スクーター)

ヤマハ シグナスグリファス/X:パワーアップ&低燃費で猛禽顔のシグナスが新登場! 現行シグナスXからのフルモデルチェンジで、水冷124ccブルーコアエンジンを搭載する「シグナスグリファス」が新登場(グリファス=コンドル科の猛禽)。エンジンは可変バルブVVAを採用し、6000rpmを境にローカムとハイカムが切り替わり、全域で優れたトルク特性を発揮。シグナスXの空冷ブルーコアよりパワーは20%以上アッ […]

ホンダ ディオ110[新型バイクカタログ]:新エンジン&フレームでさらに爽快!

ディオ110 概要 安定性と軽快性に優れた前後14インチの「ディオ110」がフルチェンジ。ロングストローク化で低中速域の出力を向上した新型eSPエンジンを、プレス成型した高張力鋼板をレーザー溶接で組み立てた新設計フレームに搭載。施錠やシート解錠もできるスマートキーを採用し、フルフェイスも入る18Lラゲッジ/センタースタンドも装備する。 ’21 ディオ110 スタイリング ライディングポ […]

岡崎静夏のホンダ ディオ110試乗インプレ【パワーも乗り心地の良さも街乗りにはベストバランス】

たとえるなら3人兄弟の真ん中。自転車で言えばMTB!? ディオ110に乗ってみて、「速っ!」というのが第一印象です。 エンジンは110ccで8.7psだから、手に余るような感じや怖さはもちろんありません。加速しても体が置いておかれることもない。 でも、流れの速い国道を60km/hで巡航しても余裕! 考えてみれば50cc原付一種の2倍以上の排気量があるわけですし、コンパクトなスクーターとしては十分な […]

ホンダ ディオ110ディテール写真解説【大径14インチホイール&洗練されたデザイン】

’11年に国内登場したホンダ ディオ110は、低燃費と静かさを両立させた110ccエンジン、安定性を発揮する大径14インチホイールなど充実した走りの装備を、軽量コンパクトな車体にパッケージ。’21年にフルモデルチェンジし、エンジン/フレームを刷新。スマートキーなどを標準装備している。 スタイリング&カラーバリエーション ライディングポジション&取り回し パワーユニット&シャーシ 充実の装備で日常ラ […]

ホンダ2021新車バイクラインナップ〈51〜125cc原付二種スクーター〉PCX/リードetc.

PCX:シリーズの基本モデル[モデルチェンジ] かねてから原付二種コミューターの中でも高い人気を誇るPCXシリーズがフルチェンジ。伸びやかなスタイルは従来モデルを踏襲するため、一見すると小変更と思われがちだが、フルLEDのヘッドライトやポジションランプなど特徴的なフロントマスクも一新し、スクリーンの形状も異なる。eSP+エンジンは良好な燃費やクリーンな排ガスなど環境性能に一段と磨きをかけ、トラクシ […]

ダックス125への布石も?! 手頃な価格&サイズの原付二種スクーター「Dio110」全面刷新で2/25発売

ホンダは、原付二種スクーター「ディオ110(Dio110)」をフルモデルチェンジして発売する。新設計エンジン「eSP」を搭載し、軽量・高剛性フレーム「eSAF」、スマートキーなどを採用。新フレームは高張力鋼板を使用したプレス材だが、これが近く登場見込みのダックス125の連想させて……。 スマートキー採用で低燃費、価格はリーズナブルな24万2000円~ ホンダは新型「Dio110」を発表。新設計の空 […]

ダックス125への布石も?! 手頃な価格&サイズの原付二種スクーター「Dio110」全面刷新

ホンダは、原付二種スクーター「ディオ110(Dio110)」をフルモデルチェンジして発売する。新設計エンジン「eSP」を搭載し、軽量・高剛性フレーム「eSAF」、スマートキーなどを採用。新フレームは高張力鋼板を使用したプレス材だが、これが近く登場見込みのダックス125の連想させて……。 スマートキー採用で低燃費、価格はリーズナブルな24万2000円~ ホンダは新型「Dio110」を発表。新設計の空 […]

’20新車バイク総覧〈110〜125cc原付二種|国産車#5/5 スクーター〉ホンダ

原付二種クラスは125ccを中心に近頃大人気。コストパフォーマンスの良さに加え近年のアジア市場の拡大も相まって、ラインナップは増加の一途だ。前ページのスクーター編〈ヤマハ|スズキ〉に引き続き、本ページではホンダのPCXシリーズ/リード125/ディオ110/ベンリィ110を紹介する。 ホンダ PCXシリーズ:内燃、ハイブリッド、フルEVが揃う PCXシリーズは、安定性に優れる前後14インチホイールの […]

ホーム
WEBヤングマシン|新車バイクニュース