ホンダCBR250RR [’22後期 新型バイクカタログ]:250スーパースポーツ最速の座は譲らない!?

ホンダCBR250RR

●文:ヤングマシン編集部(伊藤康司 田宮徹 宮田健一) ※情報更新日:2022年9月7日

ホンダCBR250RR 概要

ホンダCBRの一貫した“トータルコントロール”をコンセプトに掲げ、スロットルバイワイヤやパワーモードなど電子デバイスもいち早く採用したCBR250RR。’21年に新形状ピストンや浸炭コンロッド等を採用し、摩擦ロスやポンピングロスを徹底的に排除して3psアップ。倒立フォークのアウターを5mm延長してセットアップの自由度を持たせるなど、レース参戦時の備えも十分。オプションでシフトアップ/ダウン対応のクイックシフターも用意される。

’22 ホンダCBR250RR

主要諸元

'22 ホンダ CBR250RR|グラファイトブラック

【’22 HONDA CBR250RR】■水冷4スト並列2気筒DOHC4バルブ 249cc 41ps/13000rpm 2.5kg-m/11000rpm ■車重168kg シート高790mm 14L ■タイヤサイズF=110/70R17 R=140/70R17 ■クイックシフター(アップ&ダウン)※オプション ●色:グラファイトブラック マットガンパウダーメタリック パールグレアホワイト グランプリレッド(ストライプ) ●価格:82万1700円/85万4700円(赤) [写真タップで拡大]

'22 ホンダ CBR250RR|グランプリレッド(ストライプ)
'22 ホンダ CBR250RR|パールグレアホワイト

[写真タップで拡大]

'22 ホンダ CBR250RR|マットガンパウダーブラックメタリック

【カラーバリエーション】伝統のトリコロール(グランプリレッド)/フォークやホイールも黒のグラファイトブラック/赤フレームのホワイト/ツヤ消しブラックの全4色。 [写真タップで拡大]

ホンダCBR250RR

低く構えたフロントのロングノーズから、車体後方に向かって跳ね上がっていく躍動感あるスタイルが特徴的。硬質な面構成とキレのあるエッジが、力強さとスピード感を表現している。 [写真タップで拡大]

ライディングポジション/取り回し

ホンダCBR250RR|ライディングポジション

【ライディングポジション】ハンドル位置は低めで、サーキットでのスポーツ走行がよく似合う。かといって前傾がキツすぎるわけではないので、幅広く使えるだろう。 [写真タップで拡大]

ホンダCBR250RR|取り回し

【取り回し】ハンドル切れ角が大きく小回りできるが、タンクの出っ張りに干渉するのでUターン時は注意。 [写真タップで拡大]

エンジン/パワーユニット

ホンダCBR250RR|エンジン

【内部パーツの徹底見直しで性能向上】新形状ピストン/浸炭コンロッドなどを採用。バランサーシャフト軸の小径化/バルブスプリング荷重の軽減などで最高回転数を高め、吸排気系の見直しなどでトルクアップも果たした(画像は’17年型)。 [写真タップで拡大]

ホンダCBR250RR|スロットルバイワイヤ
ホンダCBR250RR|ライディングモード

【スロットルバイワイヤ&ライディングモード】CBR250RRが250ccクラスで初採用したスロットルバイワイヤ。フィーリングはとても自然だ。ライディングモードは3つ。 [写真タップで拡大]

ホンダCBR250RR|マフラー

【排気音を楽しめるマフラー】マフラーはサウンドチューニングに注力。サイレンサー内部を3室に分割し、2室/3室のそれぞれから個別に排気する仕組みだ。低回転域で力強く、中/高回転域では高揚感あるサウンドを奏でる。最新型は内部構造を見直しトルクアップに貢献(画像は’17年型)。 [写真タップで拡大]

シャーシ

ホンダCBR250RR|フレーム&スイングアーム
ホンダCBR250RR|鋼管トラスフレーム

【剛性としなやかさの最適バランスを実現】鋼管トラス構造と左右非対称のアルミ製スイングアームは継続採用。フレームは耐久性/振動特性/軽さなどに配慮し細部の肉厚を最適化。剛性バランスに配慮したスイングアームと相まって、運動性能と走行フィーリングを高めている。 [写真タップで拡大]

足まわり

ホンダCBR250RR|フロントフォーク&ブレーキディスク

フロントフォークはφ37mmのショーワ製倒立式。φ310mmの大径ブレーキディスクと相まって、フロントまわりはしっかりした剛性感。不安なくコーナーに進入できる。 [写真タップで拡大]

ホンダCBR250RR|リヤホイール&ブレーキディスク
ホンダCBR250RR|プロリンクリアサスペンション

リヤサスペンションはプロリンクを採用。5段階調整できるイニシャルアジャスターが備わっている。ディスク径はφ240mm。新型はABSを標準装備。安心感が違う。 [写真タップで拡大]

主要装備

ホンダCBR250RR|カウル

【走行風を活用するカウル類】随所に設けられたダクトがスタイリッシュなカウルは、いかにも空力性能が高そう。ウインドプロテクション性への配慮はもちろん、走行風を効果的に導入してエンジンまわりの冷却にも貢献している。 [写真タップで拡大]

ホンダCBR250RR|LEDヘッドライト

【LEDヘッドライト】精悍な顔つきのLEDデュアルヘッドライト。下側は左右それぞれがハイ/ローを備えている。 [写真タップで拡大]

ホンダCBR250RR|LEDテールランプ

【LEDテールランプ】上側のテールランプは常時発光し、ブレーキをかけると下側のストップランプが点灯する。 [写真タップで拡大]

ホンダCBR250RR|デジタルメーター

【デジタルメーター】大型で見やすいデジタルメーターには、ギアポジションやライディングモードなども表示。 [写真タップで拡大]

ホンダCBR250RR|ウェーブキー

【ウェーブキー】盗難抑止効果のあるウェーブキーは、ウイングマークが誇らしげ。キーの操作性も滑らかだ。 [写真タップで拡大]

ホンダCBR250RR|クイックシフター[オプション]

アップ/ダウン対応のクイックシフターはオプション設定。 [写真タップで拡大]

ホンダCBR250RR|シート

【シート】先端部が絞り込まれているので、ニーグリップがしやすい! タンデムシートも十分な大きさ。 [写真タップで拡大]

ホンダCBR250RR|荷掛けフック

【荷掛けフック】ナンバープレートホルダー裏側左右には荷掛けフックが! 荷物を積む時にとっても役立つ! [写真タップで拡大]

ホンダCBR250RR|ヘルメットホルダー

タンデムシート裏側にヘルメットホルダーを装備。シート下もちょっとしたスペースが。 [写真タップで拡大]

ホンダCBR250RR|車載工具

タンデムシート下に収納されている車載工具。フックレンチが装備されているところが◎! [写真タップで拡大]


※本記事は“ヤングマシン”が提供したものであり、著作上の権利および文責は提供元に属します。なお、掲載内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な記載がないかぎり、価格情報は消費税込です。

ホンダCBR250RRに関連する記事

新型CBR250RR×マルク・マルケス参上! 3年ぶりの日本グランプリ・ホンダブースに出現

9月23日に開幕した日本GP(栃木県・モビリティリゾートもてぎ)のホンダブースに新型CBR250RRが展示されているのは既報通り。まだ走行のない木曜日、そこを訪れたのはホンダのトップライダーであるマルク・マルケス選手だった。 ゼッケン93が似合う! ホンダは、9月22日~25日にモビリティリゾートもてぎで開催されるMotoGP第16戦・日本GPに、事前に予告していた通り新型CBR250RRの日本仕 […]

ホンダ新型「CBR250RR」が“もてぎ”に出現!! 日本仕様はトラコン装備が確定か

ホンダは、9月22日~25日にモビリティリゾートもてぎで開催されるMotoGP第16戦・日本GPに、事前に予告していた通り新型CBR250RRの日本仕様と思われる公道向け車両とレースベース車を展示開始した。さっそく撮影に成功したのでお届けしたい! インドネシアでの発表、国内SNSでの予告に続くのは実車展示! モビリティリゾートもてぎでMotoGP第16戦日本GPがはじまる! これに合わせて、ホンダ […]

ホンダ新型「CBR250RR」が日本GPで先行展示! 国内仕様も進化は終わらない!

ホンダは国内SNSで、インドネシアで先行発表されている新型CBR250RRを今週末開催の日本GPで先行展示すると発表した。国内での正式発表も近そうだ! 高級感を増した新カラーリングで国内登場か ホンダは、インドネシアで先行発表した新型CBR250RRを早くも国内で展示することをSNSで告知。その舞台となるのは、9月23~25日にモビリティリゾートもてぎで開催される日本GPだ! インドネシアではすで […]

【速報】新型CBR250RR登場! ホンダがインドネシアで公開、1psアップ&SFF-BP倒立フォーク採用

ホンダはインドネシアで、新型CBR250RRの動画をSNSやYOUTUBEで公開した。そして直後には正式発表に至り、スペック等も明らかに。さっそく詳細をお届けしたい! エンジン&足まわり強化で戦闘力をさらに向上! ホンダが新型CBR250RRを発表した! インドネシアのSNSやYOUTUBEで動画を配信し、その姿が明らかに。さらにその数十分後、公式HPで詳細も正式に公開されたのだ。 現行モデルは日 […]

ホンダCBR250RR [’22後期 新型バイクカタログ]:250スーパースポーツ最速の座は譲らない!?

ホンダCBR250RR 概要 ホンダCBRの一貫した“トータルコントロール”をコンセプトに掲げ、スロットルバイワイヤやパワーモードなど電子デバイスもいち早く採用したCBR250RR。’21年に新形状ピストンや浸炭コンロッド等を採用し、摩擦ロスやポンピングロスを徹底的に排除して3psアップ。倒立フォークのアウターを5mm延長してセットアップの自由度を持たせるなど、レース参戦時の備えも十分 […]

環境規制サバイバル! 生き残るバイクはどれだ!? 中型免許クラス オンロード部門

‘22年11月以降に生産されたバイクは、50ccを除き「次期排ガス規制」に対応していないと国内で販売できなくなる…。まだ動向が確定していないモデルはナント40車種以上! 存続か、消滅か、ヤングマシン独自調査で占ってみた! 本記事は中型免許クラス部門。CBR400R/400X/ニンジャ400は規制をクリア。残る主要モデルのGBとYZF-R3はどうなるか? ホンダ GB350/S【次世代の空冷シングル […]

ホンダ CBR250RRは「スーパースポーツでも30km/Lオーバー」日帰りツーリングなら無給油でイケる!?

この記事では初心者ライダーからベテランまで幅広い層から愛され、もはや250ccフルカウルスポーツの「定番」とも言えるホンダ CBR250RRを、燃費を中心にレポートします。 ホンダが公表するCBR250RRの燃費スペックは、27.1km/L(WMTCモード値)なのですが、今回行ったテストでは、平均燃費が30km/Lを超えました。 しかもこの数値、特にエコランを心掛けたわけでもなく、行程の3分の1は […]

[’22前期版]国産新型バイクカタログ:126〜250cc軽二輪総まとめ#1(スポーツ&ツーリング)

ニンジャZX-25R登場からはや1年余り。4気筒エンジンの追撃車は出現しないが、2気筒や油冷シングルは血気盛ん。本格オフも台頭する中、爆売れを続けるレブルの存在感が際立つ。ジャンルに捉われない”本気度”こそが、250クラスの勝負の分かれ目かも…。 126〜250cc軽二輪クラスの潮流:身近さと本気度のバランスで人気を競う 普通二輪免許で乗れ、かつ車検の不要な250クラス。そ […]

新型バイクカタログ [メーカー別]

新型バイクカタログ [国産車|クラス別]

新型バイクカタログ [トップ]

最新の記事

WEBヤングマシン|新車バイクニュース