BMW C400X/GT [新型バイクカタログ]:アーバンな移動ツール

BMW C400X/GT

※情報更新日:2022年7月26日

C400X/GT 概要

定番のユニットスイング式エンジンを採用しながら、パワフルさが魅力。フルカラー液晶メーターや、スペースが拡張できるトランクも特徴だ。GS系を意識したオフテイストのデザインをあしらうXと、大型スクリーンを備えたツアラーのGTが選べる。

’21 C400X

'21 BMW C400X|ブラックストームメタリック×レーシングブルーメタリック

【’21 BMW C400X】■水冷4スト単気筒SOHC4バルブ 349cc 34ps/7500rpm 3.57kg-m/5750rpm ■210kg シート高775mm 12.8L ■タイヤサイズF=120/70R15 R=150/70R14 ●色:ブラックストームメタリック×レーシングブルーメタリック ブラックストームメタリック2 グラナイトグレーメタリック ●価格:99万9000円~(’22年前期は87万円~) [写真タップで拡大]

'21 BMW C400X|ブラックストームメタリック2
'21 BMW C400X|グラナイトグレーメタリック

カラーバリエーションはブラック×ブルーメタリック/ブラック/グレーメタリックの3色展開。 [写真タップで拡大]

’21 C400GT

'21 C400GT|ブラックストームメタリック2

【’21 BMW C400GT】■220kg ●色:ブラックストームメタリック2 アルピンホワイト カリストグレーメタリック ●価格:105万9000円~(’22年前期は93万円〜) [写真タップで拡大]

'21 C400GT|アルピンホワイト
'21 C400GT|カリストグレーメタリック

カラーバリエーションはブラック/ホワイト/グレーメタリックの3色展開。 [写真タップで拡大]


※本内容は記事公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な表記がないかぎり、価格情報は税込です。

BMWに関連する記事

【Q&A】タイヤの空気圧が下がると警告も! 空気圧を常にモニタリングできるTPMSって知ってる?

バイクではまだあまり聞きなれない「TPMS」は、タイヤ・プレッシャー・モニター・システムのこと。走行中に常にタイヤの空気圧を監視して、異常があれば警告灯やマークで表示してライダーに教えてくれる。安全性を向上する装備として、今後は普及が間違いナシ……かも? 空気圧の低下が原因のトラブルや事故が増えている いまさらだが「タイヤの空気圧」は重要だ。適正な空気圧によってタイヤの形状を保ち、ハンドリングや乗 […]

【BMW 2023Newカラー!】デイタイムライディングライトやタイヤ空気圧センサーを新装備したモデルも登場!

BMWの2023年のラインナップは、多くのモデルで新色が登場。デイタイムライディングライトやタイヤ空気圧センサーが装備されたモデルもあるので、要チェックだ! 安全性や環境にもやさしい先進の装備 スーパースポーツのみならず、スポーツツアラーやアドベンチャー部門においても、広く受け入れられる名モデルをラインナップするBMW。ネオクラシック/クルーザー/スクーターなども揃えており、豊富なジャンル展開が特 […]

シティライド最適設計! BMWの電動バイク CE04試乗インプレッション

「Cエボリューション」以来、BMWとしては2機種目の電動バイク「CE04」。コンセプトは「都市の移動」で、デザインも洗練された斬新なスタイルだ。最高速120km/h、最高航続距離も130kmを確保し、充電時間の性能も向上した車両に注目した! BMW CE04 試乗インプレッション デザインも走行性能も良く、シティライドが楽しい! ’14年に欧州で発売され、軽二輪クラスの先駆けとなったの […]

チュート徳井、ガンダムみたいな攻めすぎデザインの電動バイクに「うほぉ〜♪」「マジで近未来のバイクですね!」

お笑いコンビ・チュートリアルの徳井義実さんが、自身のYouTubeチャンネル『徳井video』にて、最新型の電動バイクでツーリングキャンプに出かけた様子を披露しました。 徳井さんはご存じこだわりなバイク&キャンプ好き芸人。今回は毎月恒例という某バイク誌の企画にて、試乗車を借りてツーリングキャンプの撮影へ出かけました。自身の愛車トライアンフ ボンネビルT120(関連記事)だけでなく、注目の新型車を毎 […]

BMW [’22後期新型バイクカタログ]:”M”を冠するSSに限定車が登場! 各モデルとも熟成&新色導入実施だ

SSからスクーターまで揃える名門ドイツブランド スーパースポーツのみならず、スポーツツアラーやアドベンチャー部門においても、広く受け入れられる名モデルを有するBMW。ネオクラシック/クルーザー/スクーターなども揃えており、豊富なジャンル展開が特徴の総合ブランドだ。各車に搭載される心臓部も、同社の象徴であるボクサーツインを筆頭に、並4/並2/シングルなど多彩。 ’22後期ではスーパースポ […]

BMWから新型車「G310RR」登場! 後方排気のスーパースポーツはG310シリーズの第3弾【海外】

BMWはインドで、G310R、G310GSに続くG310シリーズの第3弾となる「G310RR」を発表した。いずれもインドでの現地生産だが、G310RおよびG310GSは日本にも導入されていることから、G310RRもこれに続くことが期待される。 ライディングモードやコーナリング対応ABSも装備 BMW・G310シリーズに最新モデルが登場した! 日本でも販売されているG310R、G310GSに続くシリ […]

BMWのバイクレンタル「RENT A RIDE」が日本国内でサービスを開始!

BMWが本国ドイツなどで展開していたバイクレンタルサービス「RENT A RIDE」を、ついに日本国内でも開始! ライダーは日本国内だけでなく「RENT A RIDE」を展開している国およびディーラーがあれば、どの国でもサービスを利用することが可能になる。 国内だけでなく世界21カ国で利用できるレンタルサービス モビリティサービスの提供において、シェアリングエコノミーの取り組みが国内でも注目を集め […]

バイクの“味わい”見つけたり!! BMWの電動スクーターCE04 試乗インプレッション【電動モーターの鋭い加速が地面を蹴る】

BMWの電動スクーターが第二世代のCE04へと進化! 永久磁石式電気モーターならではの鋭い加速はそのままに、スロットルレスポンスに操る楽しさが加わった!? ファンライドの“芽”は出た。次は車体の楽しさだ BMWの電動スクーターに乗るのは’15年に国内テスト導入されたCエボリューション以来。あれから約6年。後継機であるCE04に乗ると、かなりの進化を体感ことができた。先代は正直なところ“ […]

新型バイクカタログ [メーカー別]

新型バイクカタログ [国産車|クラス別]

新型バイクカタログ [トップ]

WEBヤングマシン|新車バイクニュース