チームカガヤマ鐵隼応援プロジェクト

スズキ バーグマン400[新型バイクカタログ]:走りに余裕のある王道ビッグスクーター

バーグマン400 概要

スカイウェイブ400の後継として’17モデルから導入されているスクーター。42L容量のシート下トランクや左右分割式のグローブボックスを備える。’21年7月に発売された’21モデルでは、エンジンのデュアルスパーク化と各部の熟成が施され、電子制御にはオン/オフ式のトラクションコントロールが新採用。セルボタンワンプッシュで始動できる機構も搭載する。

’21 バーグマン400 ABS

'21 スズキ バーグマン400|マットソードシルバーメタリック

【’21 SUZUKI BURGMAN 400 ABS】■水冷4スト単気筒DOHC4バルブ 399cc 29ps/6300rpm 3.6kg-m/4900rpm ■車重215kg シート高755mm 13L ■タイヤサイズF=120/70-15 R=150/70-13 ●色:マットソードシルバーメタリック ソリッドアイアングレー マットブラックメタリックNo.2 ●価格:84万7000円 ●発売日:’21年7月6日 [写真タップで拡大]

カラーバリエーション

'21 スズキ バーグマン400|マットブラックメタリックNo.2
'21 スズキ バーグマン400|ソリッドアイアングレー

【全3色展開】車体色は新色のシルバー/グレー、継続採用のブラックから選択可能。シックな3色展開だ。 [写真タップで拡大]

スタイリング

'21 スズキ バーグマン400|フロント/リヤ

ヘッドライト/ポジションランプ/テールランプがLED仕様で、他はフィラメント球。フロントには国内400ccクラスではいまや希少となったダブルディスクブレーキを装備する。 [写真タップで拡大]

ライディングポジション

'21 スズキ バーグマン400|ライディングポジション

シート高は現行の400ccの中では最も低く、755mmという低座面を誇る。カットフロアボードに足を伸ばせるポジションも非常に快適だ。[身長175cm/体重62kg] [写真タップで拡大]

エンジン

'21 スズキ バーグマン400|エンジン

熟成を重ねた399ccの水冷DOHCバルブ単気筒が最新の排ガス規制に対応した。最高出力こそ2psダウンしたものの、力強い加速と高速域における走行性能は変わらず優秀。走り出してからの軽快な操作感を支える心臓部だ。 [写真タップで拡大]

足まわり

'21 スズキ バーグマン400ABS|足まわり
'21 スズキ バーグマン400ABS|足まわり

ホイール径はフロント15インチ/リヤ13インチ。φ41mm正立式フォークは110mmのサスペンションストロークを持ち、リンク式のリヤモノショックはプリロードを7段階に調整可能だ。 [写真タップで拡大]

電子制御

'21 スズキ バーグマン400|トラクションコントロール

電子制御としてトラクションコントロールを実装。走行中の安定性に寄与する。 [写真タップで拡大]

主要装備

'21 スズキ バーグマン400ABS|ディスプレイ

指針式速度計/回転計で液晶パネルを挟んだオーソドックスなメーターデザイン。航続可能距離や瞬間燃費計も搭載し、気温3℃以下で凍結警告灯が点灯する。 [写真タップで拡大]

'21 スズキ バーグマン400ABS|フロントまわり

フロント左右に収納ボックスが設けられており、右側にはDCソケットも。キーロックがないため盗難には注意。 [写真タップで拡大]

'21 スズキ バーグマン400ABS|キー

物理キーを継続採用するが、リヤホイールをロックするブレーキロック機構に加えシャッター/イモビライザーで防犯性能を高めてある。 [写真タップで拡大]

'21 スズキ バーグマン400ABS|フロアボード
'21 スズキ バーグマン400ABS|タンデムステップ

走行中の居住性を高めるフロアボードはスリム化することで足着きが向上。タンデムステップは踏ん張りが効きやすく、折り畳めるので邪魔にならない。 [写真タップで拡大]

'21 スズキ バーグマン400ABS|メットイン

シート下の収納スペースは約41Lで、フルフェイスとオープンフェイスを1個ずつ収納できるサイズ感。 [写真タップで拡大]


※本記事の内容はオリジナルサイト公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な表記がないかぎり、価格情報は税込です。

バーグマン400に関連する記事

[’22前期版]国産新型バイクカタログ:251〜400cc小型二輪総まとめ#3(スクーター)

ビッグスクーターが一大ブームとなったのははるか昔。このクラスは現在、国内メーカーに限定するとラインアップはかなり限られる…のだが、だからこそ厳選された魅力的な車種が多い。海外市場ではこの1〜2年、ホンダが新型を次々導入。国内仕様化は…? 利便性と快適性に優れた個性派 「ビッグスクーター」に明確な定義はないが、一般的にはエンジンの排気量ではなく車格が大きな250ccクラスから上のスクーターをそう呼ぶ […]

スズキ バーグマン400[新型バイクカタログ]:走りに余裕のある王道ビッグスクーター

バーグマン400 概要 スカイウェイブ400の後継として’17モデルから導入されているスクーター。42L容量のシート下トランクや左右分割式のグローブボックスを備える。’21年7月に発売された’21モデルでは、エンジンのデュアルスパーク化と各部の熟成が施され、電子制御にはオン/オフ式のトラクションコントロールが新採用。セルボタンワンプッシュで始動できる機構も搭載す […]

スズキ バーグマン400試乗インプレッション【国産唯一の400ccビッグスクーター健在】

平成32年(令和2年)国内排ガス規制対応のためマイナーチェンジした、スズキの400ccクラス唯一のラインナップ「バーグマン400」。スタイリングはそのままに、ワンプッシュでエンジンが始動するイージースタートやトラクションコントロールが新採用された。国産車唯一の400ccビッグスクーターの実力に迫る。 [◯] 高速域で輝く基本性能。これぞ熟成の極みだ 国内初の400ccスクーターとして’ […]

<動画>400ビグスクの余力、侮りがたし!【 スズキ バーグマン400ABS試乗】

いまや新車で買える国産唯一の400ccスクーター・バーグマン400が排出ガス規制に適合、めでたく生産継続と相成った。スズキの400スクーターはスカイウェイブの名で1998年に登場し、その後の改良を経て、2017年に全世界共通のバーグマンへと車名を変更して今に至っている。その走りはさすが400。250スクーターとは別格の走りの余裕はいまだ健在! 本誌連載「タッチ&トライ」で毎月イロイロと乗りまくって […]

今や唯一の400cc王道スクーター! スズキ「バーグマン400」新型はトラコン採用、燃費向上

スズキは、快適で実用的、そして余裕の動力性能を備えたビッグスクーター「バーグマン400 ABS」をマイナーチェンジし、2021年モデルとして7月6日に発売する。主な変更点は、トラクションコントロールシステム装備や新排ガス規制対応、そしてニューカラーの設定だ。 スカイウェイブ400誕生から23年、装備充実の新型バーグマン400 スズキは2021年モデルとして新型「バーグマン400 ABS」を発表。2 […]

2021年新車バイクラインナップ〈日本車251〜400ccスクーター〉トリシティ/バーグマン

2021新車バイクラインナップ>日本車>251〜400ccミドル 最新潮流解説 HONDA:GB350|CB400SF/SB|CBR400R|400X YAMAHA:SR400ファイナルエディション|YZF-R3|MT-03 KAWASAKI:ニンジャ400|Z400 スクーター:ヤマハ トリシティ300|スズキ バーグマン400 ヤマハ トリシティ300:LMW×トラクションコントロール×ABS […]

2021新車バイクラインナップ〈251〜400ccミドルクラス|日本車最新潮流解説〉

普通自動二輪免許で乗ることができる最大排気量クラスであるにも関わらず、2年に一度(新車は3年)の車検があるために敬遠されがちだった251〜400ccクラスだが、ここにきて300cc台のグローバルモデルが相次いで登場。大型車からのダウンサイジング志向にも合うため、今後の盛り返しに期待だ。 新型GB350、空洞化に歯止めをかけろ! 現在の国内2輪市場において長年苦戦を強いられているのが(50ccを除く […]

’20新車バイク総覧〈車検レス&400ccミドルスクーター|国産車#2/2〉ヤマハ/スズキ

’20年に販売される国産新車バイクのうち、普通二輪免許(AT限定含む)で乗れる150cc〜400ccのスクーターをまとめてピックアップ。前ページのホンダ車に続き、ヤマハLMWシリーズ第4弾のトリシティ300/155、250ccのXMAX、NMAX155、マジェスティS、スズキのバーグマン400/200を紹介する。 ヤマハ トリシティ300:自立支援機能も装備するLMW ヤマハが誇るフロ […]

チームカガヤマ鐵隼応援プロジェクト

ホーム
WEBヤングマシン|新車バイクニュース