第50回『マシン・オブ・ザ・イヤー2022』 &『 マシン・オブ・ザ・50イヤーズ』人気投票受付スタート

[’22前期版] 国産新型バイクカタログ:50cc原付一種総まとめ

2021新型バイク総まとめ:日本車50cc原付一種クラス

残念ながらレシプロ原付一種は、スクーターであってもガラパゴス化し、緩やかな減少を辿っているのが現状。カーボンニュートラルに舵を切った時世に合わせ、このクラスは電動化が進む。EVビジネスバイクの拡充が、パーソナル&ファンへの期待に繋がるだろう。


●文:ヤングマシン編集部(伊藤康司/田宮徹/宮田健一)

原付一種クラスの最新潮流:レシプロ原付一種に変化ナシ。ビジネス車はEVに置換

かつて原付モデルは通勤や通学に重宝され、遡ればスポーツ車も多数存在した。しかし最近はラインナップに変化がなく、カラーチェンジで継続…と寂しい状況が続いている。50ccの原付一種モデルは、ほぼ日本独自の規格のため高コストだったり、2段階右折や走行車線など原一のみの交通ルールもあり、需要の減少に影響していると思われる。近距離移動ならば電動アシスト自転車の方が利便性が高い部分もあるだろう。

そんな状況にある中で、ホンダが頑張っている。ファンバイクとしてクロスカブをラインナップしたり、スクーターもヤマハにOEM供給を行なっている。電動モデルもベンリィe:に加え、3輪のジャイロe:や新たにキャノピーe:も追加。現時点では官公庁や法人向けのリース/発売のみだが、ホンダはパーソナル領域やファン領域にも投入すると発表しており、期待が持てる。電動バイクは航続距離や製品価格の面など超えるべきハードルは少なくないが、カーボンニュートラルの観点だけでなく、本誌で予測した「電動モトコンポ」のような車載バイクやファンな楽しみといった、独自の方向性で発展していく可能性は大いにあるだろう。

ホンダ スーパーカブ50/プロ:もはや日常生活用品!

ホンダ スーパーカブ50/プロ

[写真タップで拡大]

空冷横置き単気筒は30km/h定地で105.0km/L、WMTCモードでも69.4km/Lの驚異の低燃費を誇る。クラッチ操作不要の4速ミッションは停車時のみロータリー式になる。カラーは黄/薄茶/青/緑。前後14インチタイヤとバスケット&大型キャリア装備の「プロ」も揃う。


ホンダ クロスカブ50/くまモン:野山をトコトコ楽しむ

ホンダ クロスカブ50/くまモン

[写真タップで拡大]

レッグシールドを省いたフレームカバーや武骨なライトガードでタフギアに変身したカブ。フォークブーツや大型マッドガード、迷彩柄の専用メーターも冒険心をくすぐる。小径14インチタイヤと薄めのシートで足着き性に優れ小回りが利く。カラーは緑と白で「くまモン」もアリ。

ホンダ タクト/ベーシック

ホンダ タクト/ベーシック

[写真タップで拡大]

アイドルストップを備える「タクト」と、シート高を15mm下げた「タクトベーシック」を用意。インナーラックや大型フックなど実用面も充実。カラー変更でタクトは銀メタリック、ベーシックは黒/白/つや消しグレー/青を新採用し、赤が継続。


ヤマハ ジョグ/デラックス

ヤマハ ジョグ/デラックス

[写真タップで拡大]

ホンダが生産してヤマハにOEM供給するためリヤ周りにタクトの面影が残る。標準車は足着き良い705mmの低シート。デラックスはシート高720mmで、アイドリングストップ機能付き。ジョグが緑/銀/茶/黒/白の5色、デラックスは黒/青の2色。


スズキ アドレスV50

スズキ アドレスV50

[写真タップで拡大]

原付一種スポーツスクーターの王道を行く、尖ったノーズやテールが特徴。大柄に見えて軽量な車体/大容量のフロントインナーラック/フルフェイスも入るトランクスペース/丈夫なかばんホルダーなど、基本を押さえたつくりが人気の秘密。カラーは青/茶/白/黒。

ホンダ ダンク

ホンダ ダンク

[写真タップで拡大]

環境性能に優れたeSPエンジンは抜群の燃費を誇り、安全性の高い前後連動ブレーキも装備。シート下はA4ファイルも収納できる23Lのスペースを確保し、小物入れには12V電源ソケットが備わる。ツートーンに差し色が入った洒落たカラーを6色揃える。


ホンダ ジョルノシリーズ

ホンダ ジョルノシリーズ

[写真タップで拡大]

丸みを帯びたレトロなスタイルに、ワンタッチシートオープナーやグローブボックスなど便利機能が充実。標準カラーが4色で、メッキやグラフィックをあしらった「デラックス」(専用カラー2色)と、人気のゆるキャラ「くまモンバージョン」もラインナップ。


ヤマハ ビーノ

ヤマハ ビーノ

[写真タップで拡大]

ホンダ ジョルノベースのOEM車なので、ステップボードから後半はほぼ共通デザインだが、ボデイマウントのライトやカラー(赤/薄茶/茶/黒/青/薄青)でイメージは別物。アイドリングストップを装備し、フタ付きグローブボックス内には12Vソケットも備わる。

’22モデルは、従来色×4+新色×2の全6色にて展開される(’22年4月12日発売)。

スズキ レッツ/バスケット

スズキ レッツ/バスケット

[写真タップで拡大]

車重70kgは原一スクーターでトップクラスの軽さで押し引きもラクラク。695mmのシート高は足着き性抜群で停止時も安心。燃費も52.8km/L(WMTCモード)と良好。カラーは青/薄茶/黒/白。便利なシャッター付き前カゴ装備のバスケット(茶/白)も用意する。

ホンダ ベンリィ/プロ

ホンダ ベンリィ/プロ

[写真タップで拡大]

ベンリィは駐停車に便利なリヤブレーキロックレバーを装備し、リヤデッキは積載30kgで、バスケットと大型リヤキャリア装備の「プロ」も用意。

ホンダ ジャイロシリーズ:キャノピーは雨でも快適

ホンダ ジャイロシリーズ

[写真タップで拡大]

車体がスイングするジャイロシリーズは、「ベーシック」の他に、風防&リヤキャリア付きの「スタンダード」も用意(カラーは白と赤)。「キャノピー」は電動ワイパーつき大型ルーフで視界良好だ。


ヤマハ ギアシリーズ

ヤマハ ギアシリーズ

[写真タップで拡大]

集配業務に特化したスクーター。標準モデルの他に、新聞を積みやすいバスケット&大型キャリアとフットブレーキ等を備えた「ニュースギア」と、シートに座ったままセンタースタンドを出し入れできる駐停車が容易な「パーキングスタンド仕様」が揃う。


※本内容は記事公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な表記がないかぎり、価格情報は税込です。

新型バイクカタログ [メーカー別]

新型バイクカタログ [国産車|クラス別]

新型バイクカタログ [トップ]

WEBヤングマシン|新車バイクニュース