ヤマハ ギアシリーズ[新型バイクカタログ]:働く人のタフネスギア

ヤマハ ギアシリーズ[新型バイクカタログ]

ギアシリーズ 概要

集配業務に特化したビジネススクーター。標準モデルの他に、新聞を積みやすいバスケット/大型キャリアを備えた「ニュースギア」と、シートに座ったままセンタースタンドを出し入れできる「パーキングスタンド仕様」が揃う。

’15 ギア

'15 ヤマハ ギア

【’15 YAMAHA GEAR】■水冷4スト単気筒 49cc 4.3ps/8500rpm 0.42kg-m/6500rpm ■車重98kg シート高715mm 7.5L ■タイヤサイズF=90/90-12 R=110/90-10 ●色:ホワイトソリッド6 ●価格:23万1000円 ●発売日:’15年5月25日 [写真タップで拡大]

’15 ニュースギア

'15 ヤマハ ニュースギア

【’15 YAMAHA NEWS GEAR】■車重104kg ●価格:24万2000円 [写真タップで拡大]

’15 ギア パーキングスタンド仕様

'15 ヤマハ ギア|ギア パーキングスタンド仕様

【’15 YAMAHA GEAR パーキングスタンド仕様■車重101kg ●価格:25万3000円 [写真タップで拡大]


※本記事の内容はオリジナルサイト公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な表記がないかぎり、価格情報は税込です。

ギアシリーズに関連する記事

[’22前期版] 国産新型バイクカタログ:50cc原付一種総まとめ

残念ながらレシプロ原付一種は、スクーターであってもガラパゴス化し、緩やかな減少を辿っているのが現状。カーボンニュートラルに舵を切った時世に合わせ、このクラスは電動化が進む。EVビジネスバイクの拡充が、パーソナル&ファンへの期待に繋がるだろう。 原付一種クラスの最新潮流:レシプロ原付一種に変化ナシ。ビジネス車はEVに置換 かつて原付モデルは通勤や通学に重宝され、遡ればスポーツ車も多数存在した。しかし […]

ヤマハ ギアシリーズ[新型バイクカタログ]:働く人のタフネスギア

ギアシリーズ 概要 集配業務に特化したビジネススクーター。標準モデルの他に、新聞を積みやすいバスケット/大型キャリアを備えた「ニュースギア」と、シートに座ったままセンタースタンドを出し入れできる「パーキングスタンド仕様」が揃う。 ’15 ギア ’15 ニュースギア ’15 ギア パーキングスタンド仕様

ヤマハ2021新車バイクラインナップ〈50cc原付一種スクータークラス〉ジョグ/ビーノetc.

2021新車バイクラインナップ>日本車>電動バイク 最新潮流解説 ホンダ クロスカブ50|スーパーカブ50/プロ|ダンク|タクト/ベーシック|ジョルノ/デラックス|ジャイロX/キャノピー|ベンリィ/プロ ヤマハ ジョグ/デラックス|ビーノ スズキ アドレスV50|レッツ/バスケット ジョグ/デラックス: ホンダ タクトの兄弟車 現行ジョグはホンダが生産してヤマハにOEM供給するため、リヤまわりやメ […]

令和に買いたい!【50cc 原付一種スクーター】2019ニューモデル大集合

趣味性のある250ccオーバーから、生活の足に便利な小型モデルまで一挙掲載。近頃は、元気のなかった250~400ccのビッグスクーターが高性能になって復活したことがトピック。コミューター系は、世界的な電動化の流れを反映し、徐々にEVが充実……と様々な波が押し寄せている。 ヤマハ ビーノ:生産はホンダの熊本工場 ホンダとの協業により生産される現行ビーノは、フロントとハンドルまわりの外装以外はホンダ・ […]

ホーム
WEBヤングマシン|新車バイクニュース