ホンダ ダンク[新型バイクカタログ]:スクエアな造形がお洒落

ダンク 概要

環境性能に優れたeSPエンジンは抜群の燃費を誇り、安全性の高い前後連動ブレーキも装備。シート下はA4ファイルも収納できる23Lのスペースを確保し、小物入れには12V電源ソケットが備わる。’22年にはマットジーンズブルーメタリック/パールディープマッドグレー/マットバリスティックブラックメタリックの3色がニューカラーとして登場、従来色から入れ替わりとなった。

’22 ダンク

'22 ホンダ ダンク|マットジーンズブルーメタリック

【’22 HONDA DUNK】■水冷4スト単気筒 49cc 4.5ps/8000rpm 0.42kg-m/6000rpm ■車重81kg シート高730mm 4.5L ■タイヤサイズF=90/90-10 R=90/90-10 ●色:マットジーンズブルーメタリック パールディープマッドグレー マットバリスティックブラックメタリック ●価格:22万9900円 ●発売日:2022年1月20日 [写真タップで拡大]

'22 ホンダ ダンク|パールディープマッドグレー

【’22 HONDA DUNK】パールディープマッドグレー [写真タップで拡大]

'22 ホンダ ダンク|マットバリスティックブラックメタリック

【’22 HONDA DUNK】マットバリスティックブラックメタリック [写真タップで拡大]


※本記事の内容はオリジナルサイト公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な表記がないかぎり、価格情報は税込です。

ダンクに関連する記事

[’22前期版] 国産新型バイクカタログ:50cc原付一種総まとめ

残念ながらレシプロ原付一種は、スクーターであってもガラパゴス化し、緩やかな減少を辿っているのが現状。カーボンニュートラルに舵を切った時世に合わせ、このクラスは電動化が進む。EVビジネスバイクの拡充が、パーソナル&ファンへの期待に繋がるだろう。 原付一種クラスの最新潮流:レシプロ原付一種に変化ナシ。ビジネス車はEVに置換 かつて原付モデルは通勤や通学に重宝され、遡ればスポーツ車も多数存在した。しかし […]

ホンダ原付一種スクーター「ダンク」に新色登場! マットジーンズブルーメタリックほか全3色

ホンダは、スクエアな造形がお洒落な原付一種スクーター「ダンク(DUNK)」にニューカラー×3色を設定し、2022年1月20日に発売すると発表した。主要諸元に変更はなく、価格は22万9900円になった。 新色はマットジーンズブルーメタリック、パールディープマッドグレー、マットバリスティックブラックメタリックで、従来色から全て入れ替わりに。それぞれ、リヤサスペンションスプリングのカラーをレッド、シート […]

ホンダ ダンク[新型バイクカタログ]:スクエアな造形がお洒落

ダンク 概要 環境性能に優れたeSPエンジンは抜群の燃費を誇り、安全性の高い前後連動ブレーキも装備。シート下はA4ファイルも収納できる23Lのスペースを確保し、小物入れには12V電源ソケットが備わる。’22年にはマットジーンズブルーメタリック/パールディープマッドグレー/マットバリスティックブラックメタリックの3色がニューカラーとして登場、従来色から入れ替わりとなった。 ’ […]

2021新車バイクラインナップ〈原付一種50cc|日本車最新潮流解説〉

50ccはほとんど日本独自の規格とあって、ゼロハンスポーツはとうの昔に消滅し、原付一種スクーターもガラパゴス化した感は否めない。維持費や免許的にもメリットが大きい原付一種だけに、現状維持以上の展開を期待したいところだ。 原付一種を維持しながら着実に歩を進めるホンダ 庶民の足として通勤や通学にも重宝される原付一種モデル…と言いたいところだが、現在は大幅に減少しているのが事実。様々な要因が考えられるが […]

ホンダ2021新車バイクラインナップ〈50cc原付一種クラス〉クロスカブ/スーパーカブetc.

2021新車バイクラインナップ>日本車>電動バイク 最新潮流解説 ホンダ クロスカブ50|スーパーカブ50/プロ|ダンク|タクト/ベーシック|ジョルノ/デラックス|ジャイロX/キャノピー|ベンリィ/プロ ヤマハ ジョグ/デラックス|ビーノ スズキ アドレスV50|レッツ/バスケット クロスカブ50:楽しいトレッキングカブ スーパーカブ50をベースに、レッグシールドを排したフレームカバーや武骨なライ […]

’20新車バイク総覧〈50cc原付一種|国産車#1/2 カブ&スクーター〉ホンダ

通勤・通学・買い物と手軽な生活の足として活躍する、ほぼ日本独自の規格・原付一種=ゼロハン。バイク市場の環境変化により以前よりラインナップは減ったものの、普通四輪免許で乗れることに加え維持費もリーズナブルとあって、現在も一定の存在感を示している。本ページでは、国民的バイク・スーパーカブ50を筆頭に、ホンダの新車ラインナップ×7車を紹介する。 取り巻く環境の変化はあれど、カブを筆頭にまだまだ元気 庶民 […]

ホーム
WEBヤングマシン|新車バイクニュース