ホンダ クロスカブ110/くまモンバージョン[新型バイクカタログ]: ブルー限定車が登場!

ホンダ クロスカブ110/くまモンバージョン[新型バイクカタログ]

クロスカブ110/くまモンバージョン 概要

キャリアにもなる武骨なパイプガードに守られた丸型LEDライトやヒートガード付きのマフラー、ブラックアウトしたワイルドなリヤキャリアなど、SUV的なモディファイを加えたタフなカブ。最低地上高はスーパーカブ110より22mm高く、タイヤはワイドなセミブロックでステップも可倒式だ。そして『ヤングマシン』誌1月号でスクープした青CCが実現し、かわいらしいプコブルーをまとって2000台限定発売された。

’21 クロスカブ110

'21 ホンダ クロスカブ110|プコブルー

【’21 HONDA CROSS CUB 110】■空冷4スト単気筒SOHC2バルブ 109cc 8.0ps/7500rpm 0.87kg-m/5500rpm ■車重106kg シート高784mm 4.3L ■タイヤサイズF=80/90-17 R=80/90-17 ●色:プコブルー(限定色) カムフラージュグリーン パールシャイニングイエロー クラシカルホワイト ●価格:34万1000円 ●発売日:’21年7月22日 [写真タップで拡大]

'21 ホンダ クロスカブ110|クラシカルホワイト
'21 ホンダ クロスカブ110|パールシャイニングイエロー

[写真タップで拡大]

'21 ホンダ クロスカブ110|カムフラージュグリーン

カラーバリエーションはブルー/グリーン/イエロー/ホワイトの4色展開。 [写真タップで拡大]

ライディングポジション/取り回し

'21 ホンダ クロスカブ110|ライディングポジション

コンパクトな車格ながらポジションにはゆとりがあり、走行時の快適性はなかなかのもの。車重も軽く、小柄な女性でも扱いやすい。 [写真タップで拡大]

'21 ホンダ クロスカブ110|取り回し

保持しやすい位置にあるハンドルに軽量な車体で取り回しも抜群だ。 [写真タップで拡大]

パワーユニット

'21 ホンダ クロスカブ110|オイルフィルター
'21 ホンダ クロスカブ110|マフラー

オイルフィルターはセルフメンテナンスしやすいカートリッジ式だ。マフラーはスリットの入ったヒートガードを装備する。 [写真タップで拡大]

足まわり

'21 ホンダ クロスカブ110|足まわり

アンダーブラケットでフロントフォークを保持するユニットステアを採用。ブレーキはドラム式だ。前後17インチのタイヤはセミブロックパターンで、ちょっとしたオフ走行も試してみたくなる。フロントフェンダーはスチール製。 [写真タップで拡大]

'21 ホンダ クロスカブ110|リヤサスペンション/リヤブレーキ

ストローク量の長いリヤサスペンションを2本装備し、乗り心地は快適。ブレーキはφ130mmのドラム式ブレーキを採用する。 [写真タップで拡大]

主要装備

'21 ホンダ クロスカブ110|ヘッドライトまわり

十分な光量を発する丸目LEDヘッドライトと、タフさを演出するヘッドライトガードがクロスカブの特徴。テールランプも最新法規に対応する。 [写真タップで拡大]

'21 ホンダ クロスカブ110|メーター

メーターはスピード/オド/燃料計が設けられたシンプルな形状。速度計まわりに入ったカモ柄がワンポイントだ。 [写真タップで拡大]

'21 ホンダ クロスカブ110|ステップ/シフトペダル。

ステップはオフロードテイストの可倒式で、クロスカブ110の専用装備。カブ特有のシフトペダルは停車時のみロータリー式となる。クラッチレスで気軽に変速を楽しめる。 [写真タップで拡大]

'21 ホンダ クロスカブ110|マッドガード

オフ走行を意識したクロスカブにはマッドガードを標準で装備する。フロントはクロスカブ50/クロスカブ110で共通だが、リヤはクロスカブ110の専用品。 [写真タップで拡大]

'21 ホンダ クロスカブ110|シート

分厚く、座面の広い快適なシート。タンクと給油口はシート下に配置されている。 [写真タップで拡大]

'21 ホンダ クロスカブ110|リヤキャリア

タフなイメージの標準装備リヤキャリアで積載もバッチリ。純正オプションのピリオンシートを導入すればタンデム走行も快適だ。 [写真タップで拡大]

'21 ホンダ クロスカブ110|車載工具入れ
'21 ホンダ クロスカブ110|書類入れ

シート下前方のセンターカバー内部が車載工具を入れるスペースに。バッテリーにもこちらからアクセス可能だ。左サイドカバーには書類とヒューズプーラーが収納されている。 [写真タップで拡大]

’21 クロスカブ110 くまモンバージョン

'21 ホンダ クロスカブ110 くまモンバージョン|グラファイトブラック(くまモンバージョン)

【’21 HONDA CROSS CUB 110 くまモン VERSION】●色:グラファイトブラック(くまモンバージョン) ●価格:35万2000円 [写真タップで拡大]


※本記事の内容はオリジナルサイト公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な表記がないかぎり、価格情報は税込です。

クロスカブ110/くまモンバージョンに関連する記事

CT125ハンターカブとクロスカブ110は何が違う? 最新型スペック比較&ざっくりインプレ

勢いを増すホンダ原付二種ラインナップに、CT125ハンターカブが新たに加わったのは2020年。2022年に至ってもその人気ぶりから品薄が続いており、購入のタイミングによっては納車までかなりの時間がかかることがあるという。そして、似て非なるクロスカブ110はモデルチェンジして、改めて有力な比較候補になった。コスパや使い勝手で勝るのはどちらなのか? CT125ハンターカブ[44万円] vs クロスカブ […]

新感覚カブに進化! ホンダ新型クロスカブ110 試乗インプレッション【スーパーカブよりコッチが本命!?】

国民的バイクのスーパーカブ。その中でも、原付二種シリーズ中もっともレトロ&スタンダードなスーパーカブ110が大幅リニューアルを遂げた。それをベースにオフロード志向のデザインや装備を与えたクロスカブ110も同時にモデルチェンジ。キャスト+ディスクブレーキ化など主な変更点は共通だが、STDのカブ110と印象は激変した。コミューターの枠を越えた走りを見せてくれた! 原付二種以上と錯覚する乗り味。“カブみ […]

ホンダ新型「クロスカブ110」登場! プコブルーがレギュラー色に&くまモン仕様もあるぞ!

ホンダは、スーパーカブ110をモデルチェンジするとともに兄弟車のクロスカブ110にも同様の変更を施し、2022年4月14日に発売すると正式発表した。最新の排出ガス規制に対応した新エンジンを搭載し、前輪ディスクブレーキ+ABS、前後キャストホイール+チューブレスタイヤなどを採用する。 スーパーカブと同様のモデルチェンジ+標準色は全てニューカラーに! ホンダは、新型の空冷単気筒エンジンを搭載する「クロ […]

【速報】ホンダ新型「クロスカブ110」、銀の「ホーク11」登場 in 大阪モーターサイクルショー

ホンダ注目の新型車「ホーク11」の現地写真が届いたので速報でお届けしたい。しかし何より注目は、ひっそりと追加されていた新型「クロスカブ110」だろう。カスタマイズ車としての展示で、初めて110ccの新型エンジンを見ることができた! モリワキマフラーを装着したカスタマイズ車! ホンダは大阪モーターサイクルショーで新型カフェスポーツ「ホーク11(HAWK ELEVEN)」を世界初公開。事前に行われたオ […]

ホンダ クロスカブ110/くまモンバージョン[新型バイクカタログ]: ブルー限定車が登場!

クロスカブ110/くまモンバージョン 概要 キャリアにもなる武骨なパイプガードに守られた丸型LEDライトやヒートガード付きのマフラー、ブラックアウトしたワイルドなリヤキャリアなど、SUV的なモディファイを加えたタフなカブ。最低地上高はスーパーカブ110より22mm高く、タイヤはワイドなセミブロックでステップも可倒式だ。そして『ヤングマシン』誌1月号でスクープした青CCが実現し、かわいらしいプコブル […]

110カブが規制対応? エンジン&ブレーキが新作に?! ホンダ スーパーカブ110/クロスカブ110〈YM未来予想〉

前輪ディスク+ABS/スポークホイールは継続? 趣味性の強いハンターカブやC125に対し、昔ながらのカブらしい走りとスタイルを体現するスーパーカブ110。ビジネスもレジャーもイケる汎用性を持ち、控えめな価格も魅力だ。 今では珍しい前後ドラムブレーキを採用し、当然ABSも前後連動ブレーキ(CBS)もナシ。’21年10月以降生産のバイクにABS義務化(51〜125cc以下はCBSでも可)が […]

いま新車で買える!! 林道ツーリングを楽しめるマシンたち〈国産モデル編|ゴーライド編集部厳選〉

これから林道ツーリングに行ってみたいというオフロードビギナーや、久しぶりに林道へ行ってみようというリターンライダー、さらに乗り換えや増車を考えている人たちのために、オフロードマシン総合誌『ゴーライド』編集部が選んだ、”新車で購入できる/未舗装路もバリバリ走って林道ツーリングを楽しめる”マシンたちを、まずは国産編から一挙掲載するゾ!  オフロードも林道走行も楽しめるのはやはり […]

郵便屋さん御用達でソロキャンプ!? ハンターカブ&クロスカブ用のシブカワ系「ハンドルカバー」登場!

兵庫県の大久保製作所が展開する“ヤママルト”は、50年以上にわたって全国の郵便屋さんや新聞屋さんに愛され続けている業務用ハンドルカバーのブランドだ。そんなプロ用アイテムで積み上げたノウハウを、普段のツーリングやアウトドアでも使いやすいデザインに仕立て直した製品が発売される。 メイドインジャパンの誇り、プロライダーに愛されたハンドルカバーはキャンプツーリングにも最適だ 冬場になると、郵便配達や新聞配 […]

WEBヤングマシン|新車バイクニュース