ホンダ クロスカブ110/くまモンバージョン[新型バイクカタログ]: ブルー限定車が登場!

ホンダ クロスカブ110/くまモンバージョン[新型バイクカタログ]

クロスカブ110/くまモンバージョン 概要

キャリアにもなる武骨なパイプガードに守られた丸型LEDライトやヒートガード付きのマフラー、ブラックアウトしたワイルドなリヤキャリアなど、SUV的なモディファイを加えたタフなカブ。最低地上高はスーパーカブ110より22mm高く、タイヤはワイドなセミブロックでステップも可倒式だ。そして『ヤングマシン』誌1月号でスクープした青CCが実現し、かわいらしいプコブルーをまとって2000台限定発売された。

’21 クロスカブ110

'21 ホンダ クロスカブ110|プコブルー

【’21 HONDA CROSS CUB 110】■空冷4スト単気筒SOHC2バルブ 109cc 8.0ps/7500rpm 0.87kg-m/5500rpm ■車重106kg シート高784mm 4.3L ■タイヤサイズF=80/90-17 R=80/90-17 ●色:プコブルー(限定色) カムフラージュグリーン パールシャイニングイエロー クラシカルホワイト ●価格:34万1000円 ●発売日:’21年7月22日 [写真タップで拡大]

'21 ホンダ クロスカブ110|クラシカルホワイト
'21 ホンダ クロスカブ110|パールシャイニングイエロー

[写真タップで拡大]

'21 ホンダ クロスカブ110|カムフラージュグリーン
[写真タップで拡大]

カラーバリエーションはブルー/グリーン/イエロー/ホワイトの4色展開。

’21 クロスカブ110 くまモンバージョン

'21 ホンダ クロスカブ110 くまモンバージョン|グラファイトブラック(くまモンバージョン)

【’21 HONDA CROSS CUB 110 くまモン VERSION】●色:グラファイトブラック(くまモンバージョン) ●価格:35万2000円 [写真タップで拡大]


※本記事の内容はオリジナルサイト公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な表記がないかぎり、価格情報は税込です。

クロスカブ110/くまモンバージョンに関連する記事

いま新車で買える!! 林道ツーリングを楽しめるマシンたち〈国産モデル編|ゴーライド編集部厳選〉

これから林道ツーリングに行ってみたいというオフロードビギナーや、久しぶりに林道へ行ってみようというリターンライダー、さらに乗り換えや増車を考えている人たちのために、オフロードマシン総合誌『ゴーライド』編集部が選んだ、”新車で購入できる/未舗装路もバリバリ走って林道ツーリングを楽しめる”マシンたちを、まずは国産編から一挙掲載するゾ!  オフロードも林道走行も楽しめるのはやはり […]

郵便屋さん御用達でソロキャンプ!? ハンターカブ&クロスカブ用のシブカワ系「ハンドルカバー」登場!

兵庫県の大久保製作所が展開する“ヤママルト”は、50年以上にわたって全国の郵便屋さんや新聞屋さんに愛され続けている業務用ハンドルカバーのブランドだ。そんなプロ用アイテムで積み上げたノウハウを、普段のツーリングやアウトドアでも使いやすいデザインに仕立て直した製品が発売される。 メイドインジャパンの誇り、プロライダーに愛されたハンドルカバーはキャンプツーリングにも最適だ 冬場になると、郵便配達や新聞配 […]

2021新型バイク総まとめ:日本車51〜125cc原付二種クラス【新125&110横型エンジン投入でホンダ原二再躍進!】

アジアや欧州で新型の先行販売が報じられるたび、「すぐに国内販売を!」と期待に胸躍る原付二種クラス。ホンダの新横型エンジンの勢いは止まらず、モデルチェンジはもちろん、ダックス125など”復刻125″も現実味を帯びてきた!? 進撃止まぬ原付二種の勢いはファーストバイクの領域に タイ/インドネシア/台湾などのアジア地区ではこのクラスが活況。欧州でも免許制度の兼ね合いで125ccま […]

バイクで日本一周した私が得たモノ「一人だからこそ向き合えた自分。楽しく生きるコツを見つけた!」(下川原リサさん)

ヤングマシン本誌やWEBヤングマシンでも活躍している下川原リサさんは、ホンダのクロスカブ110で2万km近くにもおよぶ道のりで日本一周ツーリングを達成。旅バイク作りやツーリングの模様はWEBヤングマシンで連載され、大きな反響を呼んだ。そんな下川原さんのインタビュー記事が日本自動車工業会のWebサイト「MOTO INFO」に掲載された。 道のりは19,740kmという途方もない長さで、宿泊はキャンプ […]

2000台限定のプコブルー! ホンダ「クロスカブ110」ニューカラーが登場

ホンダは「クロスカブ110」にニューカラーを設定し、2000台限定で2021年7月22日に発売する。原付二種のレジャーモデルとしてはCT125ハンターカブが話題になってきたが、スタンダードモデル的なつくりと34万1000円の価格、親しみやすいデザインでこちらも存在感を示している。 スクープ通りの青! だったけれど…… ヤングマシン2021年1月号でスクープしていたとおり、海外でCT125ハンターカ […]

ホンダ原付二種125/110ccモデルは新型グロムエンジンをベースに進化する?!

人々の趣味嗜好が細分化されたうえ、新型コロナ禍で先が見通せなくなった混迷の現代。そんななかで2輪メーカー各社が進めているのが、カテゴリーや排気量をまたいだ派生モデルを作ることにより様々なニーズを吸収するバリエーションモデルの展開強化だ。現行ラインナップでも明らかなこの流れからすると、今後のホンダ125/110ccモデルは、’21年3月25日に発売された新型グロムのエンジンをベースにする […]

ホンダ2021新車バイクラインナップ〈51〜125cc原付二種クラス〉グロム/ハンターカブetc.

グロム:新設計エンジン+待望の5速ミッション。カスタムも自由自在[モデルチェンジ] 近未来ストリートファイターとも言えるアグレッシブな原付二種スポーツ「グロム」が’21モデルでモデルチェンジ。新作された横置きの空冷単気筒エンジンはストロークを何と5.2mmも伸ばし、高圧縮化することで全域で大幅にトルクアップ。高回転域でのパワーの伸びも確保した。トランスミッションは従来の4速から、ファン […]

2021新車バイクラインナップ〈原付二種51〜125cc|日本車最新潮流解説〉

遊び心満載のミニスポーツからライトウェイトSUV、そして便利なコミューターまで、原付二種クラスの勢いは止まるところを知らない! アジア圏や欧州から先行モデルが発表されるたび、原二ファンの期待は高まるばかりだ。ここでは日本で販売されるモデルだけでなく、国内導入未定モデルについても期待を込めて紹介する。 お手頃で超楽しい原付二種が、憂鬱な時代を吹き飛ばす! アンダー125ccは、二輪小型限定免許で乗れ […]

夢だったから行く! 下川原リサ『カブで、ちょっと日本一周に行ってきます!』待望の書籍化

モデルやMCも務めるバイクタレント、下川原リサがずっと叶えたかった夢とは……『バイクで日本一周!』 それも、仕事を休んで下道を走り続けるという、ベテランライダーでもなかなかできないガチのバイク旅だった――。2019年の夏、120日間の旅が書籍化されました。 感動の絶景、バイクがつなぐ人と人、単独キャンプでの恐怖体験…… すべてに自信がなかった子供時代、そんな自分自身がイヤで高校卒業後はさまざまなチ […]

【Scoop!】ホンダ2021年のCT125ハンターカブ&クロスカブ110は緑と青だ!

ホンダは海外向けに発表したモデルの国内導入予定を公表したばかりだが、本誌はさらなる情報を掴んだ。「CT125ハンターカブ」と「クロスカブ110」の新色が出るというのだ。それぞれカーキ系のグリーンと鮮やかなド○えもん的ブルーで、ともに2021年初春までには発表されるはず! CT125ハンターカブの2021年モデルはアーミー系グリーン 発売したばかりのヤングマシン2021年1月号より、スクープ情報をチ […]

CT125ハンターカブ/スーパーカブC125/クロスカブ110〈兄弟車ディテール比較〉

正式な価格が発表される前から予約が殺到し、発売を前にして年間販売予定台数以上のオーダーが入った人気者のCT125ハンターカブ。その人気の秘密を探っていく。3台のカブのディテールを、走行性能、デザイン製、ユーティリティの面から定点観測してみると、それぞれのキャラクターを形成する要素が浮き彫りになる。 エンジン CT125はヘリカルギヤ化したプライマリーギヤなど静粛性や上質さを追求したのに対し、CT1 […]

ホンダCT125ハンターカブの兄弟車実走比較〈スーパーカブ C125|クロスカブ110〉

発売前から予約が殺到するほどの大人気となった「CT125ハンターカブ」。その実力をより多角的に検証するために、原付二種のカブ兄弟モデルである「スーパーカブC125」と「クロスカブ110」を用意し、比較試乗を敢行。その結果、同じ”カブ”ながらキャラはまったく別モノであることが判明した。  価格もスペックも三者三様。直接比較でキャラがより明確に まずは「スーパーカブC125」。 […]

ホンダ CT125ハンターカブ試乗インプレション【この実力は掛け値なしに期待以上!】

正式発表される以前から予約が殺到し、発売直前の段階で既に年間販売予定台数以上のオーダーが入ってしまったというホンダの大人気モデル「CT125ハンターカブ」。ヤングマシンテスター・大屋雄一による試乗インプレッションを基に、その人気の秘密を探る。 外観はノスタルジックだが、最新技術を惜しみなく投入 ’20年10月に開催された東京モーターショーでのワールドプレミアからおよそ8か月、話題の原付 […]

岡崎静夏のホンダ クロスカブ110試乗インプレ〈後編〉【どこに行こう、何しよう】

心に余裕がある人にオススメ (前ページより続く) 走り出してみると、トコトコとゆっくり走るのにピッタリです。というか、トコトコ走ることしかできません(笑)。110cc、8psですから、それはそうですよね。エンジンを高回転域までガンガン引っ張って怒濤の加速……というタイプではないのは、スペックからも明らかです。 じゃあ不満かというと、そうじゃないところがカブの素晴らしいところ。車体の軽さとパワーのバ […]

岡崎静夏のホンダクロスカブ110試乗インプレ〈前編〉【遊び気分がアガるバイク】

これがカブ!? という意外性。遊びゴコロたっぷりの1台 新型コロナ禍、続きますね……。思うように練習もできませんが、くさっていても仕方ありません。「こんな時だからこそ、やれることをやろう」と、最近動画配信を始めました! 一番の狙いは、レースというものの存在を知ってもらうこと。存在を知らなければ、行ってみよう、見てみようとも思ってもらえませんからね。 特にバイクレースの場合は、ヘルメットをかぶって競 […]

’20年8月のおすすめカスタムパーツ×8選【テネレ700ヘッドライトプロテクター他】

RC甲子園|テネレ700 ヘッドライトプロテクター RC甲子園より、’20年モデルのテネレ700用ヘッドライトプロテクターがリリース。面積の広いプロジェクターヘッドライトを飛び石から防いでくれる。 エンデュランス|ADV150 ロングウインドスクリーン ドレスアップ効果だけでなく、高い防風効果を有しているロングスクリーン。純正スクリーンと比べて100mmほど延長されている。 ヨシムラジ […]

マシン・オブ・ザ・イヤー2021
マシン・オブ・ザ・イヤー2021

WEBヤングマシン|最新バイク情報