ドゥカティ ムルティストラーダV4シリーズ [新型バイクカタログ]:レーダー獲得は2輪初! ハイテクを極めた旗艦アドベンチャー

ドゥカティ ムルティストラーダV4シリーズ

※情報更新日:2022年7月6日

ムルティストラーダV4シリーズ 概要

ドゥカティ自慢のクロスオーバーがムルティストラーダシリーズだ。’21では、Lツイン1262ccに代わって、軽量コンパクトな1158ccV4を積む新旗艦が誕生。GPマシン譲りの逆回転クランクや、リヤバンク休止機構などのハイメカを採用するほか、一般的なスプリング式のバルブ駆動により6万kmの長いメンテサイクルも実現した。フレームも新作のアルミ製モノコックとし、スポーツ性能をアップ。大容量22L燃料タンクやスマホ収納スペースなどで快適性の向上にも余念がない。

さらに量産2輪車で初採用した前後レーダーシステムで、死角検知や追従型クルコンを実現した。Sスポーツは、V4Sを基盤にカーボン製フロントフェンダーとアクラポビッチ製認証マフラーを与えた上級版だ。

’22ではSとSスポーツの価格を変更。新たに、STDとなるレーダーを省いたV4と、最もスポーティなパイクスピークが登場した。パイクスピークはキャスター角を24.5度→25.75度とし、リヤアームを片持ち化。前後17インチやマルケ鍛造ホイールでV4Sから4㎏減を達成しており、初のレースモードも備える。なお国内向けはレーダーを標準装備した”レーダーパッケージ装着車”となる。

’22 ムルティストラーダV4パイクスピーク

ドゥカティ ムルティストラーダV4パイクスピーク

【’22 DUCATI MULTISTRADA V4 PIKES PEAK】■水冷4ストV型4気筒DOHC4バルブ 1158cc 170ps/10500rpm 12.7kg-m/8750rpm ■239kg シート高840/860mm 22L ■タイヤF=120/70ZR17 R=190/55ZR17 ■クイックシフター(アップ&ダウン)/ブルートゥース ●色:専用”パイクスピーク”カラー ●価格:378万9000円 [写真タップで拡大]

’22 ムルティストラーダV4Sスポーツ

V4Sをベースに、カーボン製Fフェンダーとアクラポビッチ認証マフラーを与えた上級版。車重はV4S比で1kg軽い。

ドゥカティ ムルティストラーダV4Sスポーツ

【’22 DUCATI MULTISTRADA V4S SPORT】■水冷4ストV型4気筒DOHC4バルブ 1158cc 170ps/10500rpm 12.7kg-m/8750rpm ■242kg シート高810/830mm 22L ■タイヤF=120/70ZR19 R=170/60ZR17 ■クイックシフター(アップ&ダウン)/ブルートゥース ●色:スポーツ専用カラー ●価格:356万5000円~(’21は347万円〜) [写真タップで拡大]

’22 ムルティストラーダV4S

電子制御式のスカイフックサスペンションをはじめ、ブレンボ製スティルマキャリパー、クイックシフター、クルーズコントロールなど装備が充実したSグレード。’21国内向けはこのモデルがエントリーだったが、本国におけるSTDでもあった、V4が’22より国内導入された。

ドゥカティ ムルティストラーダV4S

【’22 DUCATI MULTISTRADA V4S】■クイックシフター(アップ&ダウン)/ブルートゥース ●色:アビエーターグレー ドゥカティレッド ●価格:293万円〜(’21は288万円〜) [写真タップで拡大]

ドゥカティ ムルティストラーダV4S

カラーバリエーションはグレー/レッドの2色展開。V4Sスポーツと同様にスポークホイールも選べる。 [写真タップで拡大]

ドゥカティ ムルティストラーダV4S/Sスポーツ

パニガーレV4心臓をベースに、代名詞のデスモドロミックではなく、一般的なスプリングバルブ駆動を採用。先代Lツインから1.2kg減にも成功した。 [写真タップで拡大]

’22 ムルティストラーダV4

ドゥカティ ムルティストラーダV4

【’22 DUCATI MULTISTRADA V4】■クイックシフター(アップ&ダウン)/ブルートゥース ●色:ドゥカティレッド ●価格:249万円 [写真タップで拡大]


※本記事の内容はオリジナルサイト公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な表記がないかぎり、価格情報は税込です。

ドゥカティに関連する記事

ドゥカティ デザートX試乗「オフロード特化型と思いきやオンロードもスポーティ! ツアラーとしての実力も高い」

90年代パリダカマシンをイメージした「オフロードを走るドゥカティ」 ドゥカティにはムルティストラーダというアドベンチャーモデルが既にあるが、新型アドベンチャー「デザートX」を2022年モデルのラインアップに加えた。 ムルティストラーダと異なるのは、オフロード性能を重視したモデルとなっているところだ。フロントホイールを21インチとしている点もさることながら、往年のパリダカマシンを彷彿とさせるデザイン […]

【Q&A】国産バイクの2本ショックは絶滅寸前!? モノショックの方が高性能なの?【バイクトリビア020】

いかにも「衝撃を吸収しています!」と言わんばかりの2本ショックは、カスタムした際のアピール度も抜群……だったけれど、最近はなんだか少ないような……。いまやスーパースポーツから小排気量のネイキッドまでモノショックばかりだけど、もはや2本ショックは「昔のメカニズム」なんですか? スイングアーム式のリヤサスペンションが2本ショックの始まり 市販車もモノクロスサスペンションを装備 リンク式でさらに性能アッ […]

パニガーレV4を研ぎ続けるドゥカティ【2023年のアップデートは、2022年モデルのオーナーにも有効!】

リッタースーパースポーツが数年に一度フルモデルチェンジを繰り返した時代はとっくに終わり、いまはダウンサイジングやカーボンニュートラル化へ各メーカーがどのように対応していくかの過渡期。もちろんドゥカティも持続可能な未来のためのMotoEマシンの開発を進めている。しかし、一方でパニガーレV4の開発を手を決して緩めないのがドゥカティなのである。 超トップエンドであるリッタースーパースポーツの需要は減って […]

京都からドゥカティの魅力を発信! 【ドゥカティ・オフィシャル・クラブ『DOC京都』が発足!】

ドゥカティ京都20周年の節目に、日本で4つ目のドゥカティ・オフィシャル・クラブとなるDOC京都が発足。2022年7月16日にドゥカティ京都20周年祭とともに発足式が開催され、ドゥカティジャパンのマッツ社長も駆けつけた。 ドゥカティ公認のオフィシャルクラブ、DOC京都が発足! DOC京都初のイベントは美山ツーリング DOC京都発足式の翌日は、京都北部の美山までのツーリング。8時半、ドゥカティ京都には […]

ドゥカティ [’22後期新型バイクカタログ]:SS旗艦の最上級がさらなる速さを獲得!

本気スポーツからネオクラ、実力派ADVまで揃うイタリアの名門 モトGPやスーパーバイク世界選手権(SBK)など、レースにおける活躍ぶりも有名。それらで培った技術、ノウハウを市販車に投入する、名門イタリアンブランドがドゥカティ(DUCATI)だ。バイクづくりの根底には、熱いスポーツマインドが息づいている。 スーパースポーツはもちろんのこと、それをベースとしたストリートファイターも充実。本格アドベンチ […]

ドゥカティ最大のお祭りWDWにEICMAが参加!【来場者のみに発表されるNewモデルに期待!】

サーキットも街もドゥカティに染まる熱狂的な3日間が帰ってくる。新型コロナウイルスの影響で2018年以来開催されていなかったワールド・ドゥカティ・ウィーク(以下WDW)が7月22〜24日の期間で開催されるのだ。 2018年は73カ国から9万人が集まった! 会場オープンと同時に、ミサノ・ワールドサーキット・マルコ・シモンチェリのパドックには信じられない数のドゥカティが流れ込んでいくる。ナンバープレート […]

2023年からMotoEに参戦するドゥカティが「V21L」のスペックを公開! 最高出力150hp、最高速は275km/h

本国では続報が次々とリリースされているドゥカティのMotoEプロジェクト。4月にはプロトタイプによるサーキット走行テストの様子が公開されたが、今回はR&D ディレクターのVincenzo De Silvio氏やE-Mobility ディレクターのRoberto Cane氏が登場するYouTube動画で技術データに関する内容が紹介された。 2023年からドゥカティはMotoEサプライヤーに! […]

【Q&A】エンジンオイルはどう潤滑してる? ウエット、ドライ、セミドライサンプの違いって?【バイクトリビア017】

バイクのエンジンの中はオイルが入っていて、その潤滑方法に種類がある。スペック表の潤滑方式の欄にウエットサンプと記されているモデルが多いけれど、これってなんのコト? また他にもドライサンプやセミドライサンプという潤滑方式もあるみたい……。そもそもエンジンを潤滑するのにドライってどういうコト? 乾いていたらダメなんじゃないの? エンジン下部のオイルパンにオイルを溜めているか、溜めていないか バイクのエ […]

WEBヤングマシン|新車バイクニュース