ドゥカティ デザートX [新型バイクカタログ]:日常から砂漠までOK!タフな万能ツール

ドゥカティ デザートX

デザートX 概要

’19年に披露された同名コンセプトモデルが、ついに市販化を迎えた。同社では初となる現代的な本格オフで、専用設計された鋼管トレリスフレームに937ccLツインを積む。足まわりはF21&R18インチスポークホイールに、共同開発した前後KYBをセット。サスストロークはF230mm、R220mmと長く、最低地上高も250mmを確保するなどダートへの備えは万全だ。電脳も豊富で、IMUによるトラコンやコーナリングABSなどを一括制御する6種類の走行モードを搭載。オフに特化した2つのモードも設定する。さらに燃料タンクは21Lと大容量。8Lの補助タンクまでオプションで用意する。日常から砂漠横断までこなす、まさにマルチな1台だ。

’22 デザートX

ドゥカティ デザートX

【’22 DUCATI DESERT X】■水冷4ストL型2気筒DOHC4バルブ 937cc 112ps/9250rpm 9.4kg-m/6500rpm ■202kg(乾燥) シート高875mm 21L ■タイヤF=90/90-21 R=150/70R18 ■クイックシフター(アップ&ダウン)/ブルートゥース※オプション  ●色:マットスターホワイトシルク ●価格:193万9000円 [写真タップで拡大]

ドゥカティ デザートX

LED2眼と軽快なカウルが特徴。デザインはダカールラリーの競技車をイメージしつつミニマルにまとめたが、防風性は高い。ライポジやシートは最新の人間工学に基づく設計。 [写真タップで拡大]

ドゥカティ デザートX
ドゥカティ デザートX

心臓はムルティストラーダV2の937cc水冷Lツインがベースで、オフ向けにギヤ比を低く設定。極太φ46mmフォークにブレンボM50を組み合わせる。 [写真タップで拡大]


※本記事の内容はオリジナルサイト公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な表記がないかぎり、価格情報は税込です。

ドゥカティに関連する記事

【MotoGPはブレーキディスクカバーもセッティングパーツ】冷やしたい!温度をキープしたい!だけでなくコントロール性も変わる?

近年のMotoGPで見た目にわかりやすい進化はエアロダイナミクスだけ。MIGLIOREでは度々その形状や進化に触れてきたが、今回はフロントディスクブレーキのカバーに注目してみよう。 カーボンディスクは温度管理がシビア。 ウエットでは冷やしたくない? 2022年のMotoGPは前半戦を終了。ファクトリー勢のマシンがまとまってくるなど、例年通りの流れで進んでいる。MIGLIOREではMotoGPマシン […]

【Q&A】オイル交換はいつすれば?

オイル交換は15,000km毎または2年毎って!? ドゥカティはムルティストラーダ発表時に「V4グランツーリスモ」エンジンを、オイル交換は15,000km毎(または2年毎)、バルブ・クリアランスの点検と調整は60,000km毎でOKと発表した。メンテナンスまでの間隔が高性能マシンとしては異例な長期間といえる設定だ。 ただバルブ調整はともかく、愛車をメーカーのオイル交換指定が5,000km毎であって […]

ドゥカティ初の折り畳み式電動自転車「MG-20」発表【最大航続距離50km!】

イタリアのバイクメーカー・ドゥカティが、折り畳み式の電動自転車「MG-20」を発表しました。 スーパーバイクと呼ばれるスポーツバイクのイメージがあるドゥカティが手がけるMG-20は、同社初めての折り畳み式電動自転車。ドゥカティらしいレッドを基調にしたカラーリングが特徴です。 都市走行をメインにデザインされており、250Wのモーターを搭載。バッテリーはフレームに組み込むことでスッキリとした見た目に仕 […]

【転倒は2回、思ったより転ばなかったが……】人生初のオフロードレースは、無謀にもドゥカティ スクランブラーで、しかも8耐⁉︎

もうバイクで絶対に転びたくない。歳を重ねるごとに、そう思うようになった。最後にロードバイクで転んだのは2016年4月のスペイン・アラゴン、アドベンチャーで転んだのは2019年4月・伊豆の林道だ。バイクで転倒した時のあのいや〜な感じ、今でも鮮明にスローモーションで蘇る……。とにかくバイクで転びたくないからこそ、これまで転倒の可能性が高そうなオフロードは避けていた。しかし今回ばかりはカスノモーターサイ […]

ドゥカティはオフロードレースを走り切れるのか?【朽木8時間耐久オフロードバイクランにスクランブラー デザートスレッドで参戦!】

5月末に開催された「朽木8時間耐久オフロードバイクラン Moto-Off KUTSUKI 8h」。モトクロッサーやエンデュランサーがエントリーの大半を占めるなか、ドゥカティを愛する男たちはスクランブラー デザートスレッドで挑戦。意気揚々と現地に赴いたわけだが、実際のコースを前に誰もが車重209kgのバイクでのオフロード8時間耐久レースに不安を覚えた……。なぜ、スクランブラーで挑むのか? 心の片隅に […]

海外メーカーの搭載車種と機能を一挙紹介:前編【スマホと “つながる”バイク最新事情】

近頃、スマートフォンと連動できる機能を備えたバイクが一挙に増えてきた。電話の発着信に、音楽、ナビゲーション機能。スマホがバイクの機能の一部として使えるようなもので、慣れればとても便利な機能だ!! そこで今回は、最新のスマホ連動機能搭載車とその機能を総チェック。ここではドゥカティ、BMWという海外メーカー2社について、どんな車種にどれだけの機能が採用されてきているのかを見てみよう。 【DUCATI】 […]

新技術が生み出した悪魔のグリップの正体とは?【ピレリ ディアブロ ロッソIV コルサ 試乗!】

ピレリタイヤのラインナップは、物凄く細分化されている。これはターゲットをピンポイントに絞り込んで開発しているからゆえだが、ユーザー側からすると悩みの種にもなりやすい。しかし、試乗すると最新のディアブロ ロッソIV(クワトロ)コルサはターゲットがとても明確。これまで両立できそうでできていなかった、ソフトな乗り心地と高いグリップを見事に調和させていたのだ。 ハイグリップタイヤ並みのグリップなのに乗り心 […]

【Q&A】エンジンは、本当に「性能の水冷、味わいの空冷」なの? 「油冷」は?【バイクトリビア011】

薄くて長い冷却フィンが美しい空冷エンジン。無機質ゆえに高性能を匂わせる水冷エンジン。ルックスは大きく異なるけれど、どちらもエンジンを冷やすための手段に変わりなく、効率を考えたら水冷に軍配が上がる気がするけれど……、空冷ってオワコンなんですか? いまどきは水冷が優勢のようだけど…… なにを今さら……の話ながら、エンジンのシリンダーの中(燃焼室)では、空気とガソリンを混ぜた混合ガスをギュッと圧縮し、点 […]

WEBヤングマシン|新車バイクニュース