ビモータ KB4[新型バイクカタログ]:華麗にして軽快な新作モダンスポーツ!

ビモータ KB4

KB4 概要

遂にその姿がお披露目された、イタリアの名匠・ビモータによる最新作。華麗にして軽快な、モダンスポーツだ。国内でも正式発表され、タッグを組むカワサキが販売も手がけることに。

新生ビモータの第2弾となる本作のコンセプトは「乗りやすく、トルクがあり、軽量なバイク」。ニンジャ1000SXの直4エンジンを独自の軽量なフレームに搭載する。これに個性的なリヤラジエターを組み合わせることで、ショートホイールベース+ロングスイングアームを達成。1000ccのパワフルさと600クラスの軽快な乗り味を融合したFUNスポーツに仕上げた。

その外装にはフルカーボンをまとい、足まわりはオーリンズ+ブレンボと豪華。細部に至るまで妥協なく仕上げられ、手作業による塗装も美麗の一言だ。

’22 KB4 RC

ビモータ KB4

【’22 BIMOTA KB4】■全長2050 全幅774 全高1150 軸距1390 最低地上高140 シート高810±8(各mm) 車重194kg(装備) ■水冷4ストローク並列4気筒DOHC4バルブ 1043cc 142ps/10000rpm 11.3kg-m/8000rpm 変速機6段 燃料タンク容量19.5L ■キャスター24°/トレール100.8mm ブレーキF=φ320ダブルディスク+4ポットキャリパー R=φ220mmディスク+2ポットキャリパー タイヤサイズF=120/70ZR17 R=190/50ZR17 ●色:ホワイト×レッド ●価格:437万8000円 [写真タップで拡大]

’21年の12月15日にて、都内でカワサキモータースジャパン(KMJ)が会見を行い国内初披露となったKB4。その会見ではKMJが総輸入元として国内販売することも発表。今までビモータを取り扱い、ブランドの認知拡大に貢献してきたモトコルセと、全国のカワサキプラザ49店で’22年春から販売を開始する。新型コロナ禍による遅延により少数しか入荷できないため、当面はオンライン申し込みで商談権を抽選。

BIMOTA KB4

【KMJ桐野社長がアンベール】カワサキモータース製品の国内販売を担うKMJの新社長に就任した桐野英子氏がアンベールを担当。将来「ユーザーとイタリアのビモータ見学ツアーができたら」と抱負も。 [写真タップで拡大]

BIMOTA KB4
BIMOTA KB4

【豪華素材の“走るアート”】灯火類などにカワサキ製パーツを流用しながら、独自のカーボン外装とアルミ削り出しパーツに身を包む。限定ではなく、国内での計画販売台数は200台。 [写真タップで拡大]

BIMOTA KB4

【斬新なリヤラジエターを導入】メカで最大の特色がリヤシート下に内蔵したラジエター。過去にベネリなどが実用化していたシステムで、現行車では本作が唯一だ。通常は前方に配置するラジエターをリヤに移設することで車体のコンパクト化を促進し、ライダーの足元に熱風が来ないのもメリット。30~40km/hまでの低速時はファンが回転するものの、それ以上は冷却効率が高いという。 [写真タップで拡大]

BIMOTA KB4

サイドカバーを外した状態。インナーパネルもカーボンで目張りされ、走行風をリヤに導く。足を降ろす部分は絞られ、足着きも考慮。 [写真タップで拡大]

BIMOTA KB4

ラジエターへ導風するエアダクトを左右に装備。走行風に圧力がかかりやすい構造だ。冷却水のリザーバータンクは左手元に設置。 [写真タップで拡大]

BIMOTA KB4

【コンパクト化により理想的な重量配分に】リヤラジエターによりエンジン搭載位置を前方に移動。ニンジャ1000SXに比べ、軸間距離は50mmもコンパクトに。理想的な前後重量配分と600SS並みのキレを実現した。 [写真タップで拡大]

BIMOTA KB4

【航空機用アルミから削り出し】スイングアームは3パーツ構成。航空機用のアルミ合金アンチコロダルから削り出して溶接される。ねじれ剛性に優れ、表面加工も美しい。リヤサスペンションはオーリンズTTX36を採用。 [写真タップで拡大]

BIMOTA KB4

【上質なコクピット】三つ又とトップブリッジも独自のアルミ削り出し。ステアリングダンパーはオーリンズ、マスターシリンダーはブレンボ製だ。メーターはベース車と共通の4.3インチフルカラー液晶。 [写真タップで拡大]

BIMOTA KB4

【心臓はニンジャを踏襲。脚は豪華に】ユーロ5に対応した現行ニンジャ1000SXの自然吸気1043cc直4ユニットを踏襲し、6軸IMUほか豊富な電脳も引き継ぐ。フロントフォークはオーリンズFGR&T43NIX30に換装。 [写真タップで拡大]

BIMOTA KB4
BIMOTA KB4

【最小限のフレームで大胆に軽量化】車体は、ビモータのお家芸であるクロモリ鋼管トレリスフレームに、アルミ削り出しピボットプレートの組み合わせ。エンジンを強度メンバーとする設計によりフレームをミニマム化。車重はニンジャ1000SXより42kgも軽い。 [写真タップで拡大]

BIMOTA KB4

燃料タンクは独自のプラスチック製で軽量化を追求しつつ容量19.5Lを確保。リッドはニンジャ1000SXと共通。 [写真タップで拡大]

BIMOTA KB4

厳選された素材にこだわり、シートは本革! 質感も色味も素晴らしい。ストッパー部にbimotaロゴの立体加工も。 [写真タップで拡大]

BIMOTA KB4

リヤサスペンションに設けられた偏心機構を回転させることでシート高を変更可能。同様の機構をステップにも備え、好みの位置に設定できる。 [写真タップで拡大]

BIMOTA KB4
BIMOTA KB4

前後ブレンボのブレーキキャリパーとOZレーシング製アルミ鍛造ホイール、ピレリ スーパーコルサSPというイタリアンブランドで足元を武装する。 [写真タップで拡大]

BIMOTA KB4

【クラフトマンシップが息づく】フロントから伸びるダクトが目を惹くサイドビュー。1台ずつ手作業で組まれ、ハンドペイントも施す。職人魂に溢れる高級車だ。 [写真タップで拡大]

BIMOTA KB1

【デザインテーマは”VINTAGE INSPIRED”】「まず機能ありきで設計した」とビモータCOOのマルコーニ氏。その後、カワサキ製エンジンを積む往年のマシンにインスパイアを受け、KB4にデザインを落とし込んだ。’78年のKB1から43年の時を経て革新は続く!
KB1[1978]
KB2[1981]
KB3[1983] [写真タップで拡大]

BIMOTA KB2
BIMOTA KB3

[写真タップで拡大]


※本記事の内容はオリジナルサイト公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な表記がないかぎり、価格情報は税込です。

ビモータに関連する記事

【Q&A】海外のバイクにパイプフレームが多いのは、オートバイらしさにこだわるからですか?

ヨーロッパのメーカーはイタリア車を筆頭に、パイプフレームが多く見た目にも魅力的です。性能追求より感性を重視する趣味人が多いからですか? A.加工に手間とコストはかかりますが軽さや強度にコンパクトさで優位だからです! 燃料タンクやカウルにテールエンドなど、バイクのフォルムに好みはあっても、車体のそれも骨格部分のフレームの違いまで目が届くのは相当なマニア……と思いがちですが、たとえばメカニズムにほぼ興 […]

ビモータ KB4【1000ccなのに250cc並みに軽くコンパクトにできるのがビモータのオリジナリティ】

2019年にEICMAで発表されたカワサキとビモータのタッグには本当に驚かされた。正直、カワサキエンジン以外のビモータが今後登場しないことは残念だが、夢が広がったのも事実。その際のEICMAでは、ニンジャH2のスーパーチャージドエンジンを搭載したハブセンターステアリングのテージH2を発表し、その時から噂されていたニンジャ1000SXのエンジンを搭載したKB4もようやく完成。日本にも少しずつ導入が始 […]

ビモータ新型バイク総まとめ【カワサキとがっちりタッグ!’22新作は超華麗なモダンスポーツ】

復活の高級イタリアブランド、新作続々発表 ビモータは’72年に創業された、名門イタリアンブランド。斬新なデザインとシャーシ、手組みによる少量生産で高級ビルダーとして知られる。一時、存続の危機に陥ったが、’19年からカワサキと資本提携を結び復活を遂げた。 その復活の狼煙として、まず最初に登場したのがニンジャH2のスーパーチャージドエンジンを載せた、テージH2だ。スーパーチャージドエンジン以外にも、片 […]

ビモータ KB4[新型バイクカタログ]:華麗にして軽快な新作モダンスポーツ!

KB4 概要 遂にその姿がお披露目された、イタリアの名匠・ビモータによる最新作。華麗にして軽快な、モダンスポーツだ。国内でも正式発表され、タッグを組むカワサキが販売も手がけることに。 新生ビモータの第2弾となる本作のコンセプトは「乗りやすく、トルクがあり、軽量なバイク」。ニンジャ1000SXの直4エンジンを独自の軽量なフレームに搭載する。これに個性的なリヤラジエターを組み合わせることで、ショートホ […]

ビモータ KB4 RC[新型バイクカタログ]:KB4と同時に発表された”隠し玉”ネイキッド!

KB4 RC 概要 ビモータはEICMA 2021で、その2年前から登場を予告していたレトロルックのカフェスポーツ「KB4」を発表。本作は”隠し玉”として同時に発表された、そのネイキッド版だ。KB4と同様に、カワサキ・ニンジャ1000SXの自然吸気並列4気筒エンジンを、オリジナルのトレリスフレームに搭載。スペックなど詳細は未発表だ。 ’22 KB4 RC

個性派&傑作揃いの”メーター”年代記〈’00年代#2〉ネイキッド編【もはやフォルムの一部。遊びゴコロ爆発!】

造り手の意志やマシンの個性を端的に表し、当代の先進技術とデザインが色濃く反映されている部品=メーター。’00年代はデジタル式の速度計/タコが一般化し、液晶パネルの採用が拡大。加えて、樹脂などの成型技術が上がり、デザイン上の制約も少なくなったことで、より多種多彩なメーターが登場した。本記事では遊びゴコロが爆発したネイキッド編をお届けする。 ヤマハMT-01[’05-]:満月? 文字盤も乙 […]

ビモータ「KB4」本日よりオンラインで購入権申込受付開始! 437万8000円で3月上旬発売

カワサキモータースジャパンは、本日2022年1月17日16時より「Bimota KB4 申込受付サイト」をオープンし、ニンジャ1000SXの並列4気筒エンジンを搭載するプレミアムカフェスポーツ「KB4」の購入権申込受付を開始した。第一期受付期間は1月31日まで。 プラザ店49店舗+モトコルセで販売! ビモータがついにカワサキプラザ店で買える! そうお伝えしたのは2021年12月16日だったが、待望 […]

個性派&傑作揃いの”メーター”年代記〈’90年代#2〉とびっきりの変わり種×4選

造り手の意志やマシンの個性を端的に表し、当代の先進技術とデザインが色濃く反映されている部品=メーター。’90年代中盤ごろから、マシンコンセプトに応じてメーターにも濃い個性が与えられるように。本記事ではその中でも強烈な個性を放った外国車4車を紹介する。 サクソンST900(‘95~):臨時工事中ですか…? タンクを貫通してフレッシュエアを導くセンターダクトが圧巻。速度&タコは左右に追いや […]

ホーム
WEBヤングマシン|新車バイクニュース