SYM ジョイマックスZ250[新型バイクカタログ]:50万円切りの万能コミューター

'20 ジョイマックスZ250

ジョイマックスZ250 概要

クルージムより小柄なボディながら、フロント14&リア13インチで安定した走りで街乗りからツーリングまで使える1台。価格を抑えつつ、調整式スクリーン/フルフェイス×2個OKの収納/USB電源など装備が充実している。

’20 ジョイマックスZ250

'20 SYM ジョイマックスZ250|マットブラック

【’20 SYM JOYMAX Z 250】■水冷4スト単気筒SOHC4バルブ 249.4cc 21.4ps/7500rpm 2.3kg-m/5500rpm 12L ■タイヤサイズF=120/70-14 R=140/60-13 ●色:マットブラック ホワイト マットグレー マットブルー レッド ●価格:49万5000円 [写真タップで拡大]

'20 SYM ジョイマックスZ250|ホワイト
'20 SYM ジョイマックスZ250|マットグレー

[写真タップで拡大]

'20 SYM ジョイマックスZ250|マットブルー
'20 SYM ジョイマックスZ250|レッド

カラーバリエーションはマットブラック/ホワイト/マットグレー/マットブルー/レッドの5色展開。 [写真タップで拡大]


※本記事の内容はオリジナルサイト公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な表記がないかぎり、価格情報は税込です。

SYMに関連する記事

SYM新型バイク総まとめ【新作スクーターはもちろん、NKやADVもランナップ!】

国内導入希望!完全新作も続々登場 スクーターを中心に手掛ける、台湾の大手ブランドがSYM。創立は1954年で、ホンダの協力のもと1962年からバイクの生産を開始した、三陽工業が展開している。 ’21にて日本に導入されるラインナップはスクーターのみだったが、’22よりネイキッドとアドベンチャーが新登場。NHX125/200はお値打ち価格の公道ファイター、NHT125/200は […]

SYM ジョイライドS125i/S200i[新型バイクカタログ]:要望に応えて復活した快適シリーズ

ジョイライドS125i/S200i 概要 日本での販売を終了した後、多くの要望が寄せられ、最新モデルが再上陸した。大柄ボディは共通で、幅広くゆったりしたシートはロングランが快適。タンデムバックレストもうれしい。ヘルメット×2個が余裕で入る収納も魅力。 ’22 ジョイライドS200i ’22 ジョイライドS125i

SYM 4MICAシリーズ[新型バイクカタログ]:デザインも機能も個性的!

4MICAシリーズ 概要 鮮烈なLEDデイライトをはじめ、ポップなスタイルとカラーが魅力のスクーター。フルフラットのステップに加え、リヤシートを跳ね上げると伸縮式のリヤキャリアが出現。オプションのフックで拡張性もアップでき、豊富な積載性が自慢だ。国内導入は未定。 ’22 4MICA125/ABS/150/ABS[海外仕様]

SYM ジョイライド300[新型バイクカタログ]:優秀な走りと実用性で250を凌駕

ジョイライド300 概要 便利コミューターシリーズの上級仕様が新設計で登場。278ccの排気量で、ライバルの250クラスを上回るパワーを発揮し、F16インチも選べる大径ホイールによる安定感が圧倒的だ。さらに実用性も追求。フルフェイス×2個以上を収納できるトランクをはじめ、2段階に調整可能なスクリーン、キーレスエントリー、USB電源などを完備する。国内導入は未定。 ’22 ジョイライド3 […]

ホーム
WEBヤングマシン|新車バイクニュース