KTM 1290 スーパーデュークシリーズ[新型バイクカタログ]:180psの剛力ネイキッド

KTM 1290 スーパーデュークシリーズ

1290 スーパーデュークシリーズ 概要

KTM伝統のネイキッド=デューク系のトップモデル。チタン吸気バルブなどを採用し、ツインながら驚異の180psを絞り出す。斬新な2分割フェイスの中央にはラムエアダクトが鎮座する。’20でフルチェンジを受け、’21では新色が登場。

’22仕様ではRが新色となり、クイックターンスロットルツイストグリップを新採用。また新たなグレード、R EVOを投入した。3パターンのモードが選べる最先端のWP製APEX電制サスを獲得しており、加えてRサスのイニシャルをメーターから10段段階+最大20mmの範囲で調整可能。オプションでモード追加やアンチダイブ機能もある。

フラッグシップスポーツツアラーのGTは、’22でグラフィックを一新しつつ7インチの大型TFTディスプレイと新型スイッチを採用。Rと同じホイールで軽量化も果たした。

’22 1290 スーパーデュークR EVO

1290 スーパーデュークR EVO

【’22 KTM 1290 SUPERDUKE R EVO】■水冷4ストV 型2気筒DOHC4バルブ 1301cc 180ps/9500rpm 14.28kg-m/8000rpm ■約200kg(半乾) シート高835mm 約16L ■タイヤサイズF=120/70ZR-17 R=200/55ZR-17 ■クイックシフター(アップ&ダウン)/ブルートゥース ●色:ブルー×ブラック シルバー×オレンジ ●価格:249万9000円 [写真タップで拡大]

1290 スーパーデュークR EVO

カラーバリエーションはブルー×ブラック/シルバー×オレンジ の2色展開。 [写真タップで拡大]

’22 1290 スーパーデュークR

1290 スーパーデュークR

【’22 KTM 1290 SUPERDUKE R】■水冷4ストV 型2気筒DOHC4バルブ 1301cc 180ps/9500rpm 14.28kg-m/8000rpm ■約198kg(半乾) シート高835mm 約16L ■タイヤサイズF=120/70ZR-17 R=200/55ZR-17 ■クイックシフター(アップ&ダウン)/ブルートゥース ●色:ブルー×ブラック ●価格:228万円 [写真タップで拡大]

’22 1290 スーパーデュークGT

1290 スーパーデュークGT

【’22 KTM 1290 SUPERDUKE GT】■水冷4ストV 型2気筒DOHC4バルブ 1301cc 175ps 14.28kg-m ■車重209kg(乾燥) シート高835mm 23L ■タイヤサイズF=120/70ZR17 R=190/55ZR17 ■クイックシフター(アップ&ダウン)/ブルートゥース ●色:オレンジ×ブルー ●価格:236万円 [写真タップで拡大]


※本記事の内容はオリジナルサイト公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な表記がないかぎり、価格情報は税込です。

KTMに関連する記事

【MotoGPはブレーキディスクカバーもセッティングパーツ】冷やしたい!温度をキープしたい!だけでなくコントロール性も変わる?

近年のMotoGPで見た目にわかりやすい進化はエアロダイナミクスだけ。MIGLIOREでは度々その形状や進化に触れてきたが、今回はフロントディスクブレーキのカバーに注目してみよう。 カーボンディスクは温度管理がシビア。 ウエットでは冷やしたくない? 2022年のMotoGPは前半戦を終了。ファクトリー勢のマシンがまとまってくるなど、例年通りの流れで進んでいる。MIGLIOREではMotoGPマシン […]

海外メーカーの搭載車種と機能を一挙紹介:後編【スマホと “つながる”バイク最新事情】

近頃、スマートフォンと連動できる機能を備えたバイクが一挙に増えてきた。電話の発着信に、音楽、ナビゲーション機能。スマホがバイクの機能の一部として使えるようなもので、慣れればとても便利な機能だ!! そこで今回は、最新のスマホ連動機能搭載車とその機能をチェック。ここではトライアンフ、KTMやハーレーなどの海外メーカーについて、どんな車種にどれだけの機能が採用されてきているのかを見てみよう。 【TRIU […]

2022 MotoGPの1/3が終了。全表彰台を並べてみた【ドゥカティが8台の勢力を誇る一方で、スズキが撤退⁉︎】

2022年シーズン、MotoGPの1/3が終了した。レースウィーク直前にはスズキが「今シーズン限りで撤退する可能性をMotoGP主催者のドルナと協議中」と発表し、激震が走った。フランスGPが終了した時点での勢力図を振り返りたい。 日本メーカーはいつになったら勝てるんだろう。そんな不安が続いた前半戦 2022年シーズンは、全21戦で開催。21年は新型コロナウイルスの影響で中止になったグランプリが6戦 […]

【アドベンチャー・ツアラー人気のナゼ?】世界では大きく逞しいほうが好きなライダーが多い!

ルーツは砂漠の戦場!? 1980年代ダカール・ラリーでBMWが新しいカテゴリーを生んだ 最近Newモデル情報で見かけることの多いアドベンチャー・ツアラー。今までのツアラーとは異なり無骨で逞しい。砂漠や大自然の中を駆けるサバイバルなイメージが、どうして旅バイクとオーバーラップするのか。 まずアドベンチャー・ツアラーというカテゴリーを知る上で、なくてはならないのがBMWのR80G/Sというルーツ。 フ […]

【Q&A】海外のバイクにパイプフレームが多いのは、オートバイらしさにこだわるからですか?

ヨーロッパのメーカーはイタリア車を筆頭に、パイプフレームが多く見た目にも魅力的です。性能追求より感性を重視する趣味人が多いからですか? A.加工に手間とコストはかかりますが軽さや強度にコンパクトさで優位だからです! 燃料タンクやカウルにテールエンドなど、バイクのフォルムに好みはあっても、車体のそれも骨格部分のフレームの違いまで目が届くのは相当なマニア……と思いがちですが、たとえばメカニズムにほぼ興 […]

各メーカーのカウリング形状を同アングルで比較【F1化が進む!? MotoGPマシンのエアロダイナミクス】

世界最高峰のレースであるMotoGP。その戦いの中で、毎年形状が進化しているのがカウリングのエアロパーツである。各メーカー様々な形状を試行錯誤。当然、エアロパーツをたくさん装着して大きくすればハンドリングに重さが出るが、エアロパーツがないとウィリーしやすく高速域で安定しないバイクになってしまう。今回は2022年シーズンの1/3が経過しようとする第6戦スペインGPでその形状を比べてみた。 ウイングか […]

MotoGPマシンはリヤタイヤを冷やしたい? スイングアーム下のスポイラーの役割って?

最近のMotoGPマシンの進化で目に見えてわかりやすいのは、カウリングの形状や空力デバイスの進化。エンジンやフレームの進化は正直わかりにくいものが多い。今回は第5戦ポルトガルGPの予選で気になったリヤタイヤを冷やすためのスポイラーの形状に注目してみた。 ドライでは装着していないメーカーも…… スイングアームの下に装着された、当初はスプーンと呼ばれた空力デバイス。2018年のテストから登場し、201 […]

スタート時はまるでドラッグマシン!? MotoGPマシンはシーンによって車高が変わる!

年々新しいチャレンジが行われているMotoGPマシン。ここ最近の目に見える進化はホールショットデバイスとライドハイトデバイスだ。ドゥカティから始まったこの2つの機構は全メーカーに普及。今シーズンからドゥカティは走行中もフロント下げる機構を導入したが…… ロケットスタートを可能にするホールショットデバイス 2018年あたりから進化を続けているホールショットデバイス。現在は前後サスペンション(リヤはリ […]

WEBヤングマシン|新車バイクニュース