ドゥカティ パニガーレV4シリーズ [新型バイクカタログ]:ドゥカの駿馬はツバサを授かった電脳サラブレッド

パニガーレV4シリーズ

パニガーレV4シリーズ 概要

多彩なジャンルを展開しながら、根底に熱いスポーツマインドが息づくイタリアンブランドのドゥカティ。V型エンジンへのこだわりも特徴だ。同社のフラッグシップ「パニガーレV4」は、動力性能を追求した自慢のスーパースポーツシリーズ。

’22では、STDと上級版のSが全身を熟成し、よりレース向けの特性を強めると同時に、疲れにくいマシンを目指した。マフラーなどの改良で、ユーロ5に適合しつつ従来より1.5㎰増の215.5psに到達。最大トルクは同様ながら中低域が厚くなり、扱いやすさも増している。車体面では、スイングアームピボット位置を4mm上げ、加速時の安定性をアップ。モトGPマシンのノウハウを注入した新形状ウイング、容量を+1Lとした燃料タンクも採用した。電子制御も最新版で死角なしだ。

’21で初めて追加されたSPは、手を加えることなくそのまま継続生産される。オーリンズ電子制御サスを備える’21のSをベースに、サーキット性能を高めた実質的な最高峰モデルだ。フロントフェンダー/ウイング/前後ホイールをカーボン製とし、車重は’21のSから1kg減を達成。クラッチはレーシーな乾式に、フロントキャリパーはブレンボ製スティルマRに強化している。加えて、可変式ステップなどレースへの備えも万全だ。SPとは”スポーツプロダクション”の略で、851など往年の最高峰スポーツに冠されたイニシャル。その名に恥じない1台だ。

’22 パニガーレV4S

ドゥカティ パニガーレV4S

【’22 DUCATI PANIGALE V4 S】■水冷4ストV型4気筒DOHC4バルブ 1103cc 215.5ps/13000rpm 12.6kg-m/9500rpm ■195.5kg シート高 850mm 17L ■タイヤF=120/70ZR17 R=200/60ZR17 ■クイックシフター(アップ&ダウン)/ブルートゥース※オプション  ●色:ドゥカティレッド ●価格:358万円 [写真タップで拡大]

ドゥカティ パニガーレV4S

’22 DUCATI PANIGALE V4 S [写真タップで拡大]

ドゥカティ パニガーレV4S
ドゥカティ パニガーレV4S

電子制御式オーリンズサスと鍛造ホイールで武装。最新のNPX25/30フォークでトラベルを5mm増加し、動作がよりスムーズに。 [写真タップで拡大]

ドゥカティ パニガーレV4S
ドゥカティ パニガーレV4S

ウイングはコンパクトにしつつ高効率化。SBKスタイルのギアシフトインジケーターを採用。 [写真タップで拡大]

’22 パニガーレV4

ドゥカティ パニガーレV4

【’22 DUCATI PANIGALE V4】■クイックシフター(アップ&ダウン)/ブルートゥース※オプション ●色:ドゥカティレッド ●価格:290万円 [写真タップで拡大]

’21 パニガーレV4SP

ドゥカティ パニガーレV4SP

【’21 DUCATI PANIGALE V4 SP】■水冷4ストV型4気筒DOHC4バルブ 1103cc 214ps/13000rpm 12.6kg-m/9500rpm ■194kg シート高 835mm 16L ■タイヤF=120/70ZR17 R=200/60ZR17 ■クイックシフター(アップ&ダウン)/ブルートゥース※オプション ●色:ウィンターテスト ●価格:449万円 [写真タップで拡大]

ドゥカティ パニガーレV4SP

’21 DUCATI PANIGALE V4SP [写真タップで拡大]

ドゥカティ パニガーレV4SP

’21 DUCATI PANIGALE V4SP [写真タップで拡大]

ドゥカティ パニガーレV4SP

’21 DUCATI PANIGALE V4SP [写真タップで拡大]

ドゥカティ パニガーレV4SP

ベースとなった’21のV4 Sのアルミ鍛造より1.4kg軽いカーボン製ホイールを投入。ブレンボ最上級のスティルマRなど、スーパーレッジェーラ譲りの装備を奢る。 [写真タップで拡大]

ドゥカティ パニガーレV4SP

SPらしく、クラッチは乾式のSTM EVO-SBKを装備。開放式のカーボンクラッチカバーが付属し、独特のサウンドを堪能できる。 [写真タップで拡大]


※本記事の内容はオリジナルサイト公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な表記がないかぎり、価格情報は税込です。

ドゥカティに関連する記事

新技術が生み出した悪魔のグリップの正体とは?【ピレリ ディアブロ ロッソIV コルサ 試乗!】

ピレリタイヤのラインナップは、物凄く細分化されている。これはターゲットをピンポイントに絞り込んで開発しているからゆえだが、ユーザー側からすると悩みの種にもなりやすい。しかし、試乗すると最新のディアブロ ロッソIV(クワトロ)コルサはターゲットがとても明確。これまで両立できそうでできていなかった、ソフトな乗り心地と高いグリップを見事に調和させていたのだ。 ハイグリップタイヤ並みのグリップなのに乗り心 […]

【Q&A】エンジンは、本当に「性能の水冷、味わいの空冷」なの? 「油冷」は?【バイクトリビア011】

薄くて長い冷却フィンが美しい空冷エンジン。無機質ゆえに高性能を匂わせる水冷エンジン。ルックスは大きく異なるけれど、どちらもエンジンを冷やすための手段に変わりなく、効率を考えたら水冷に軍配が上がる気がするけれど……、空冷ってオワコンなんですか? いまどきは水冷が優勢のようだけど…… なにを今さら……の話ながら、エンジンのシリンダーの中(燃焼室)では、空気とガソリンを混ぜた混合ガスをギュッと圧縮し、点 […]

ニッキー・ヘイデンを忘れない【ビッグスマイルが眩しいアメリカンライダー】

世界グランプリが4ストロークになってからの2000年代のMotoGPは、ヨーロピアンライダーたちがタイトル争いを展開。その中でもヴァレンティーノ・ロッシの強さはズバ抜けていた。そんな中、僕が忘れられないライダーはアメリカ出身のニッキー・ヘイデンだ。ニッキーは表情が豊かで人間らしさを全面に出したライダー。彼のビッグスマイルはとても気持ちがよかった。過去形なのが寂しいが、特に忘れられないのが2006年 […]

世界限定1000本! イタリアを代表するブランド、ドゥカティ×ブルガリのスポーツウォッチが登場

バイクと宝飾品、ジャンルは違えどイタリアのラグジュアリーを体現している2つのブランド、ドゥカティとブルガリのコラボレーションが実現。軽量性、テクノロジー、デザイン、美しさへの情熱という共通の価値観に基づいた新しいパートナーシップによって、ラグジュアリーなスポーツウォッチが誕生した。 全世界1000本限定で生産される貴重なタイムピース 1926年イタリアのボローニャで創業したドゥカティと、1884年 […]

2022 MotoGPの1/3が終了。全表彰台を並べてみた【ドゥカティが8台の勢力を誇る一方で、スズキが撤退⁉︎】

2022年シーズン、MotoGPの1/3が終了した。レースウィーク直前にはスズキが「今シーズン限りで撤退する可能性をMotoGP主催者のドルナと協議中」と発表し、激震が走った。フランスGPが終了した時点での勢力図を振り返りたい。 日本メーカーはいつになったら勝てるんだろう。そんな不安が続いた前半戦 2022年シーズンは、全21戦で開催。21年は新型コロナウイルスの影響で中止になったグランプリが6戦 […]

ドゥカティ モンスター+試乗【前モデルより18kg軽量化! ドゥカティらしい挑戦的な進化と圧倒的な軽さが魅力】

ドゥカティのモンスターはこれまでに数えきれないほどの進化を繰り返してきた。1993年のデビュー当時には異端児とも呼ばれたほどの変わり種だったが、デビューイヤーに大ヒット。その後はドゥカティの経営を支えるネイキッドに成長。そして間もなくデビューから30年を迎える最新モンスターは、過去にないほどのドラスティックな進化を果たした。 937ccなのに乾燥重量166kg! 装備重量188kg! ニューモンス […]

【アドベンチャー・ツアラー人気のナゼ?】世界では大きく逞しいほうが好きなライダーが多い!

ルーツは砂漠の戦場!? 1980年代ダカール・ラリーでBMWが新しいカテゴリーを生んだ 最近Newモデル情報で見かけることの多いアドベンチャー・ツアラー。今までのツアラーとは異なり無骨で逞しい。砂漠や大自然の中を駆けるサバイバルなイメージが、どうして旅バイクとオーバーラップするのか。 まずアドベンチャー・ツアラーというカテゴリーを知る上で、なくてはならないのがBMWのR80G/Sというルーツ。 フ […]

【Q&A】海外のバイクにパイプフレームが多いのは、オートバイらしさにこだわるからですか?

ヨーロッパのメーカーはイタリア車を筆頭に、パイプフレームが多く見た目にも魅力的です。性能追求より感性を重視する趣味人が多いからですか? A.加工に手間とコストはかかりますが軽さや強度にコンパクトさで優位だからです! 燃料タンクやカウルにテールエンドなど、バイクのフォルムに好みはあっても、車体のそれも骨格部分のフレームの違いまで目が届くのは相当なマニア……と思いがちですが、たとえばメカニズムにほぼ興 […]

ホーム
WEBヤングマシン|新車バイクニュース