第50回『マシン・オブ・ザ・イヤー2022』 &『 マシン・オブ・ザ・50イヤーズ』人気投票受付スタート

ヤマハE01 [’22後期 新型バイクカタログ]:リースによるEV実証実験スタート

ヤマハE01

●文:ヤングマシン編集部 ※情報更新日:2022年11月16日

ヤマハE01 車両概要

ヤマハ国内初の原付二種クラスEVとなる「E01」が、実証実験モデルとして格安のリースにて市場に投入された。3GやLTE回線で走行距離や走った区間など、利用者の使用状況や車両情報を収集して、今後のEVモデル開発に活かすのが目的だ。出力は8.1kW(約11ps)で、NMAXと同等もしくはそれ以上の加速性能を発揮。3種の走行モードやトラクションコントロールを装備し、エンジンブレーキの感覚を再現した回生ブレーキや、取り回しに便利なリバース機能も備わる。

’22 ヤマハE01

主要諸元

ヤマハE01

【’22 YAMAHA E01】■交流同期電動機 定格出力0.98kW 最高出力8.1kW(11ps)/5000rpm 最大トルク3.1kg-m/1950rpm リチウムイオン電池/ESB5 電圧/容量87.6V 56.3Ah(3HR) 充電時間約1~14時間(充電方式による) ■タイヤサイズF=110/70-13 R=130/70-13 ●リース料:2万円/月 ●第2期募集期間:2022年11月18日〜11月27日 ●第2期受け取り期間:2023年2月1日〜2月28日 ●利用期間:車両受け取り日から3か月間 [写真タップで拡大]

動力装置

ヤマハE01|モーター

二輪車専用に開発した高回転型空冷永久磁石埋込型同期モーターは、独自の平角太巻き線技術と、鋳造/加工技術を融合して高効率化。静粛性の高いベルトドライブで後輪を駆動。 [写真タップで拡大]

ヤマハE01|充電コネクター

駐輪時の充電しやすさを考慮し、充電コネクターを車両前面に配置。標準装備の100Vで使えるポータブル充電器(約14時間で0→100%充電)はシート下トランクに収納できる。 [写真タップで拡大]

ヤマハE01|充電器

写真は200V電源を利用する普通充電器(約5時間で0→100%充電)で、こちらも車体と同様にリース(料金は別途)される。 [写真タップで拡大]

主要装備

ヤマハE01|充電器

縦型のマルチファンクションメーターは速度計の他にバッテリー残量/残走行距離/充電状況などを表示。1充電走行距離は104km(日本仕様60km/h定地走行テスト値)。 [写真タップで拡大]


※本記事は“ヤングマシン”が提供したものであり、著作上の権利および文責は提供元に属します。なお、掲載内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な記載がないかぎり、価格情報は消費税込です。

新型バイクカタログ [メーカー別]

新型バイクカタログ [国産車|クラス別]

新型バイクカタログ [トップ]

最新の記事

WEBヤングマシン|新車バイクニュース