トライアンフ タイガースポーツ660[新型バイクカタログ]:”お買い得ミドル”良コスパの3気筒アドベンチャー

トライアンフ タイガースポーツ660

※情報更新日:2022年8月3日

タイガースポーツ660 概要

ミドルウェイトのアドベンチャーカテゴリーに投入される、タイガーシリーズのニューエントリー。搭載されるのは660ccのトリプルエンジンで、トライデント660と同スペック。クラストップレベルと言うTFTカラーディスプレイやアクセサリーのMy Triumphコネクティビティシステム、ROAD/RAINの2種類のライディングモードが用意されるなど各装備も最新版。シート高も低めで、206kgと軽い車重も特徴。

’22 タイガースポーツ660

100万円前後で買えるのに、パワーもそこそこあって装備も質感も満足度が高い…。そんなコストパフォーマンスに優れた”お買い得ミドル”がこれからの新潮流になろうとしている。火を点けたのは’20トライアンフ トライデント660だったが、その兄弟モデルとしてアドベンチャースポーツタイプの「タイガースポーツ660」が誕生した。

TRIUMPH TIGER SPORT 660

【’22 TRIUMPH TIGER SPORT 660】■全長2071 全幅834 全高1315/1398(スクリーンポジション低/高) 軸距1418 シート高835(各mm) 車重206kg(装備) ■水冷4ストローク並列3気筒DOHC4バルブ 660cc 最高出力81ps/10250rpm 最大トルク6.53kg-m/6250rpm 変速機6段 燃料タンク容量17.2L ■タイヤサイズF=120/70ZR17 R=180/55ZR17 ■クイックシフター(アップ&ダウン)※オプション/ブルートゥース※オプション ●色:グラファイト×サファイアブラック ルツェルンブルー×サファイアブラック コロシレッド×グラファイト ●価格:112万5000円/114万円(赤×灰) [写真タップで拡大]

エンジンは発生回転数も含めて最高出力&最大トルクがトライデントと同じとなる並列3気筒を採用し、専用にアレンジした鋼管フレームに搭載。フロント足まわりはアドベンチャーらしくストローク量たっぷりの150mmを有するφ41mmSHOWA製カートリッジ式倒立フォークを装着。リヤサスペンションは1人乗りでも2人乗りでも最適なパフォーマンスを発揮するデュアルレートスプリングで、リモートアジャスターによりプリロードを工具いらずで調整できる。ライディングモードは、トラクションコントロールと共に切り替わる「ロー」と「レイン」の2つを用意。もちろんメーターもコネクテッド機能対応(オプション)のフルカラーTFTを装備する。

カウルなど装備が増えたため、さすがに100万円切りとはいかなかったが、それでも112万5000円。しかもメンテサイクル1万6000kmなど維持費の安さにも気を配っているのだ。

TRIUMPH TIGER SPORT 660

エッジの効いたスタイリングに仕上がったタイガースポーツ660。カテゴリーとしてはオンロードアドベンチャーに属し、ミシュランのドライ/ウェット兼用のスポーツツーリングタイヤとなるロード5を装着している。 [写真タップで拡大]

TRIUMPH TIGER SPORT 660

スリムで軽量な車体により、市街地での走行や取り回しやすさを実現しつつ、荷物満載や2人乗りでも快適さと剛性を確保。タンクも17.2Lだ。 [写真タップで拡大]

'22トライアンフ タイガースポーツ660|ルツェルンブルー×サファイアブラック
'22トライアンフ タイガースポーツ660|コロシレッド×グラファイト

カラーバリエーションは、トライアンフのイメージカラーであるブルーをはじめ、シックなシルバーグレーと、ヘッドライト上にスポーティなグラフィックが入るレッドの3色。レッドのみ1万5000円高だ。 [写真タップで拡大]

TRIUMPH TIGER SPORT 660

エンジンは低速トルクとトップエンドパワーのバランスが絶妙な並列3気筒。ライディングモードは2つでトラクションコントロールはオフにもできる。 [写真タップで拡大]

TRIUMPH TIGER SPORT 660

フロントブレーキにはφ310mmディスクにニッシン製2ポットキャリパーをダブルで装備。φ255mmのリヤブレーキとともにABSだ。 [写真タップで拡大]

TRIUMPH TIGER SPORT 660

スクリーンは片手で簡単に高さを調整することができ、高/低で83mmの幅を持つ。ヘッドライトは左右非同時点灯タイプのLEDだ。 [写真タップで拡大]

TRIUMPH TIGER SPORT 660

フルカラーTFTパネルを装備。コネクテッド機能は電話や音楽操作はもちろん、ターンバイターンのナビやGoProコントロールも可能だ。 [写真タップで拡大]

'22 タイガースポーツ660

純正アクセサリーも豊富

別売の純正パニアケースがシームレスに取り付けられるマウントを標準装備。パニア&トップケースは車体色に合わせてカラーを選べる。ほかにもフォグランプやアンダーカウルなど40種類以上の純正アクセサリーが揃う。

TRIUMPH TIGER SPORT 660

※写真はアクセサリー装着車 [写真タップで拡大]

TRIUMPH TIGER SPORT 660
TRIUMPH TIGER SPORT 660

[写真タップで拡大]

TRIUMPH TIGER SPORT 660
TRIUMPH TIGER SPORT 660

[写真タップで拡大]


※本内容は記事公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な表記がないかぎり、価格情報は税込です。

トライアンフに関連する記事

120周年を迎えた名門【英国王室ともゆかりの深いトライアンフをより知り、学ぶイベントに参加!】

9月10日に開催された「TRIUMPH RIDING ACADEMY(トライアンフ・ライディング・アカデミー)」に加え、10月1日(土)にはファンミーティング「TRIUMPH NATIONAL RALLY 2022」の開催とイベントが続いている。今年120周年とアニバーサリーイヤーを迎えたトライアンフのイベントを紹介しよう。 サーキットでのレッスン「TRIUMPH RIDING ACADEMY」 […]

トライアンフ スピードトリプル1200RR 試乗インプレ【気品と色気、そして超ハイスペックを内包する現代版ブリティッシュカフェ】

MVアグスタのツーリズモベローチェ、ホンダのホーク11やビモータのKB4など、ロケットカウルを搭載したカフェレーサーが少しずつ増えてきている。そんなカテゴリーにトライアンフはスピードトリプル1200RRを提案。気品と色気に加え、超ハイスペックを併せ持つトラディショナルカフェレーサーだ。 カフェレーサーの雰囲気を放つが、中身はほぼスーパースポーツ 市街地を走り出して思ったが、トライアンフのスピードト […]

舗装路も得意な21インチアドベンチャー【トライアンフ タイガー900ラリープロ】試乗ショートインプレッション

3年ぶりの実施となる日本自動車輸入組合(JAIA/ジャイア)による『輸入二輪車試乗会・展示会』。’22年の各社の自慢のモデルを一気乗りしてきた。テスターはフリーライターの谷田貝洋暁で身長172cm、体重75kgだ。本記事では、トライアンフのタイガー900ラリープロを取り上げる。 トライアンフ タイガー900ラリープロ 試乗ショートインプレッション 大幅な軽量化&Tプレーンクランクシャフ […]

本気で速いカフェレーサーだ!【トライアンフ スピードトリプル1200RR】試乗ショートインプレッション

3年ぶりの実施となる日本自動車輸入組合(JAIA/ジャイア)による『輸入二輪車試乗会・展示会』。’22年の各社の自慢のモデルを一気乗りしてきた。テスターはフリーライターの谷田貝洋暁で身長172cm、体重75kgだ。本記事では、トライアンフのスピードトリプル1200RRを取り上げる。 トライアンフ スピードトリプル1200RR ショートインプレ ’21にモデルチェンジしたネイ […]

トライアンフ [’22後期新型バイクカタログ]:’23では鮮やかな新色が続々登場!!

ネオクラからモト2まで! 3気筒を得意とする英国代表 古き良き英国の香りが漂うようなモデルがある一方、モト2世界選手権の独占エンジンサプライヤーという顔も持ち合わせている英国のトライアンフ(TRIUMPH)。歴史あるブランドだが、電脳満載のアドベンチャーを用意するなど、国内向けモデルも幅広くラインナップ。 同社の名前を聞いて思い浮かぶパワーユニットのひとつに”3気筒”エンジ […]

バイクの未来を想像してみよう!【トライアンフの電動バイク『TE-1』は220kgの車重で177psを発揮! 航続距離は161km!】

『TE-1』は、0-96.56km/h加速は3.6 秒、0-161km/h加速は6.2 秒という驚異的な数値を実現。それでいて、現在市販されている同クラスの電動バイクの実走行距離を大幅に上回り、実走行試験でカテゴリートップの161kmを達成した。トライアンフ&イギリス政府が描く、電動バイクの未来を見てみよう! トライアンフが切り開く電動バイクの未来はエキサイティング! トライアンフのプロトタイプ電 […]

トライアンフのモダンクラシックシリーズに各種新色がラインナップ! 900ccモデルは名称も新たに!

2021年10月に発売した限定モデル「ゴールドラインエディション(職人が筆でハンドラインを引くシリーズ)」が好評のトライアンフ。その流れを受け、「より明るく、より特徴的で、よりエレガントなカラーオプションに対する顧客の要求に応えました」ということで、モダンクラシックのラインナップに新色がプラス。全10モデルのニューカラーが発表された。 10モデルにニューカラーが追加、より華やかなラインナップに ト […]

トライアンフ タイガー900ラリー 試乗【コンパクト3気筒を搭載する本物のサバイバルマシン】

2020年に登場したトライアンフのタイガーラリーに改めて試乗してみた。デビュー当時の本物感は色褪せず、新たに登場したタイガー1200シリーズとも異なるポテンシャルを披露。不等間隔で爆発を繰り返すトライアンフだけのミドルアドベンチャーワールドがここにある。 モロッコで感じたアドベンチャーとしての本質 トライアンフのミドルアドベンチャー「タイガー800」が刷新され、「タイガー900」としてデビューした […]

新型バイクカタログ [メーカー別]

新型バイクカタログ [国産車|クラス別]

新型バイクカタログ [トップ]

WEBヤングマシン|新車バイクニュース