トライアンフ タイガースポーツ660[新型バイクカタログ]:”お買い得ミドル”良コスパの3気筒アドベンチャー

トライアンフ タイガースポーツ660

タイガースポーツ660 概要

ミドルウェイトのアドベンチャーカテゴリーに投入される、タイガーシリーズのニューエントリー。搭載されるのは660ccのトリプルエンジンで、トライデント660と同スペック。クラストップレベルと言うTFTカラーディスプレイやアクセサリーのMy Triumphコネクティビティシステム、ROAD/RAINの2種類のライディングモードが用意されるなど各装備も最新版。シート高も低めで、206kgと軽い車重も特徴。

’22 タイガースポーツ660

100万円前後で買えるのに、パワーもそこそこあって装備も質感も満足度が高い…。そんなコストパフォーマンスに優れた”お買い得ミドル”がこれからの新潮流になろうとしている。火を点けたのは’20トライアンフ トライデント660だったが、その兄弟モデルとしてアドベンチャースポーツタイプの「タイガースポーツ660」が誕生した。

TRIUMPH TIGER SPORT 660

【’22 TRIUMPH TIGER SPORT 660】■全長2071 全幅834 全高1315/1398(スクリーンポジション低/高) 軸距1418 シート高835(各mm) 車重206kg(装備) ■水冷4ストローク並列3気筒DOHC4バルブ 660cc 最高出力81ps/10250rpm 最大トルク6.53kg-m/6250rpm 変速機6段 燃料タンク容量17.2L ■タイヤサイズF=120/70ZR17 R=180/55ZR17 ■クイックシフター(アップ&ダウン)※オプション/ブルートゥース※オプション ●色:グラファイト×サファイアブラック ルツェルンブルー×サファイアブラック コロシレッド×グラファイト ●価格:112万5000円/114万円(赤×灰) [写真タップで拡大]

エンジンは発生回転数も含めて最高出力&最大トルクがトライデントと同じとなる並列3気筒を採用し、専用にアレンジした鋼管フレームに搭載。フロント足まわりはアドベンチャーらしくストローク量たっぷりの150mmを有するφ41mmSHOWA製カートリッジ式倒立フォークを装着。リヤサスペンションは1人乗りでも2人乗りでも最適なパフォーマンスを発揮するデュアルレートスプリングで、リモートアジャスターによりプリロードを工具いらずで調整できる。ライディングモードは、トラクションコントロールと共に切り替わる「ロー」と「レイン」の2つを用意。もちろんメーターもコネクテッド機能対応(オプション)のフルカラーTFTを装備する。

カウルなど装備が増えたため、さすがに100万円切りとはいかなかったが、それでも112万5000円。しかもメンテサイクル1万6000kmなど維持費の安さにも気を配っているのだ。

TRIUMPH TIGER SPORT 660

エッジの効いたスタイリングに仕上がったタイガースポーツ660。カテゴリーとしてはオンロードアドベンチャーに属し、ミシュランのドライ/ウェット兼用のスポーツツーリングタイヤとなるロード5を装着している。 [写真タップで拡大]

TRIUMPH TIGER SPORT 660

スリムで軽量な車体により、市街地での走行や取り回しやすさを実現しつつ、荷物満載や2人乗りでも快適さと剛性を確保。タンクも17.2Lだ。 [写真タップで拡大]

'22トライアンフ タイガースポーツ660|ルツェルンブルー×サファイアブラック
'22トライアンフ タイガースポーツ660|コロシレッド×グラファイト

カラーバリエーションは、トライアンフのイメージカラーであるブルーをはじめ、シックなシルバーグレーと、ヘッドライト上にスポーティなグラフィックが入るレッドの3色。レッドのみ1万5000円高だ。 [写真タップで拡大]

TRIUMPH TIGER SPORT 660

エンジンは低速トルクとトップエンドパワーのバランスが絶妙な並列3気筒。ライディングモードは2つでトラクションコントロールはオフにもできる。 [写真タップで拡大]

TRIUMPH TIGER SPORT 660

フロントブレーキにはφ310mmディスクにニッシン製2ポットキャリパーをダブルで装備。φ255mmのリヤブレーキとともにABSだ。 [写真タップで拡大]

TRIUMPH TIGER SPORT 660

スクリーンは片手で簡単に高さを調整することができ、高/低で83mmの幅を持つ。ヘッドライトは左右非同時点灯タイプのLEDだ。 [写真タップで拡大]

TRIUMPH TIGER SPORT 660

フルカラーTFTパネルを装備。コネクテッド機能は電話や音楽操作はもちろん、ターンバイターンのナビやGoProコントロールも可能だ。 [写真タップで拡大]

'22 タイガースポーツ660

純正アクセサリーも豊富

別売の純正パニアケースがシームレスに取り付けられるマウントを標準装備。パニア&トップケースは車体色に合わせてカラーを選べる。ほかにもフォグランプやアンダーカウルなど40種類以上の純正アクセサリーが揃う。

TRIUMPH TIGER SPORT 660

※写真はアクセサリー装着車 [写真タップで拡大]

TRIUMPH TIGER SPORT 660
TRIUMPH TIGER SPORT 660

[写真タップで拡大]

TRIUMPH TIGER SPORT 660
TRIUMPH TIGER SPORT 660

[写真タップで拡大]


※本記事の内容はオリジナルサイト公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な表記がないかぎり、価格情報は税込です。

トライアンフに関連する記事

トライアンフ×ギブソンのコラボが斬新「2022 ディスティングイッシュド・ジェントルマンズ・ライド」東京ライドのコースが決定

2022年5月22日(日)に全世界で開催される「2022 DISTINGUISHED GENTLEMAN’S RIDE(DGR=ディスティングイッシュド・ジェントルマンズ・ライド)」。トライアンフがサポートしているイベントで、東京のライディングコースに加えて募金活動への追加賞品が発表された。22日の東京の天気はくもり(19日現在)と大きく崩れる心配もなさそうなので、ぜひ週末のソロツーリングに向けて […]

2457cc/3気筒、世界最大排気量の量産バイクが生み出す新境地【トライアンフ ロケット3に新色追加】

信じられないほどにデカイ、ロケット3。目の前にそびえるその立ち姿を見ると圧倒されるが、実際に跨ったり、サイドスタンドを払ったり、走り出したりすると『意外と乗れる』感覚が強まっていく。そんなロケット3に新色が追加。改めて世界最大排気量の量産車の魅力をお届けしよう! バイクカテゴリーに新風を吹き込む こんなバイクをつくれるトライアンフは凄いメーカーだと思う。僕は何度かロケット3に乗っているが、その度に […]

真っ赤な車体色がいかにもイタリアン、とはいうけれど、なぜイタリアは赤なのか?

4輪モータースポーツの「ナショナルカラー」でイタリアに割り当てられていたのは赤 イタリアを代表するバイクメーカーといえばドゥカティ。そのラインナップされているパニガーレやモンスターにストリートファイターなど、居並ぶのは真っ赤なバイクばかり。 スーパーカーの世界でも、頂点に君臨するフェラーリも真っ赤なイメージ。ということでイタリアといえば赤を思い浮かべる人が圧倒的に多い。確かに熱い思いの詰まったチャ […]

トライアンフ タイガースポーツ660試乗インプレ【日常にもツーリングにも、すべてに”ちょうどいい”】

‘21年、ブランド復興後の累計生産台数が100万台を突破した英トライアンフが、アドベンチャーカテゴリーのラインナップを拡充。ツーリングから普段使いまでマルチにこなす、コスパ最強のミドルクラス「タイガースポーツ660」に試乗した。 高価なパーツは使わないが、さすがのバランスと俊敏性 ’90年のブランド復興後はアドベンチャー系として展開されているタイガーに、エントリーモデルとして加わったの […]

【Q&A】人気のスクランブラーの語源は「緊急発進」だった!?【バイクトリビア004】

本格的なアドベンチャーやオフロードモデルと一線を画す「スクランブラー」。尖がったイメージではなく、どちらかというと穏やかな佇まいなのに、なぜスクランブラーの名が付いたのだろう? 現在は人気のカテゴリーだけど、けっこう長く姿を潜めていたのはなぜ? 実は長らく姿を消していたスクランブラー ドゥカティやトライアンフなど欧州メーカーからリリースされ、人気の高い「スクランブラー」のカテゴリー。近年はブランド […]

ブライトリングに続き、トライアンフ「ボンネビル T120」とギブソン「レスポールスタンダード」とのカスタムエディションが発表

各界で名を馳せているブランドとの取り組みにも注目が集まるトライアンフモーターサイクルズから、最新のコラボレーションモデルが発表された。2022年2月にリリースされたのは、スイスの高級腕時計ブランド・Breitling(ブライトリング)との新たなパートナーシップを具現化したスピードツイン ブライトリング限定車。今回は、ギターブランド・ギブソンとのプロジェクトが実現。ブランドフィロソフィの共鳴によって […]

【トライアンフ スラクストンRS インプレ】「コイツは走る!」直感でわかる本格ブリティッシュカフェレーサー

カタチだけじゃない、本格機能装備を持つ“走りのネオクラシック” カフェレーサーはお洒落なライダーが乗るバイク。どうしてもそんな目で見てしまう自分がいるが、トライアンフのスラクストンRSの前でそんな考えは一切通用しない。足周りにスポーツバイクに負けない本格装備が与えられ、電子制御も充実。スラクストンRSはクラシックなルックスからは想像できないほど、その装備が本格的だからだ。 ロングタンクにクリップオ […]

世界限定270台のトライアンフ「スピードツイン ブライトリング限定車」スイスの老舗時計メーカーとコラボ

トライアンフモーターサイクルズは2022年2月22日22時、Breitling(ブライトリング)とトライアンフモーターサイクルの新たなパートナーシップを発表した。これにともない、スピードツインに世界限定270台のBreitlingエディションを設定し、2022年に発売する。また、BreitlingからはTop Timeトライアンフ・クロノグラフの2のバージョンがリリースされ、そのうち1つはスピード […]

ホーム
WEBヤングマシン|新車バイクニュース