ハーレーダビッドソン エレクトラグライド リバイバル[新型バイクカタログ]:’69初代エレグラを再現

エレクトラグライド リバイバル 概要

’21レイトモデルとして発表。歴代名車のデザインを復刻する「アイコンコレクション」の第1弾だ。初めてヤッコカウルを採用した’69エレクトラグライドをオマージュし、世界限定1500台、日本に114台が入荷する。

’21 エレクトラグライド リバイバル

'21 ハーレーダビッドソン エレクトラグライドリバイバル|ハイファイブルー×バーチホワイト

【’21 HARLEY DAVIDSON ELECTRA GLIDE REVIVAL■油冷ヘッドVツイン 1868cc 16.1kg-m/3000rpm ■車重391kg シート高785mm 22.7L ■タイヤサイズF=MT90B16 R=180/65B16 ■ブルートゥース ●色:ハイファイブルー×バーチホワイト ●価格:337万5900円~ [写真タップで拡大]


※本記事の内容はオリジナルサイト公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な表記がないかぎり、価格情報は税込です。

ハーレーダビッドソンに関連する記事

カスタムハーレー試乗! ハーレーらしさを感じるロボヘッドエンジンに脱帽〈サンダンス〉

カスタムショップのサンダンス(東京都)率いるZAK柴崎氏が制作したロボヘッドエンジン搭載のハイパフォーマンスカスタムハーレーに、雑誌『ウィズハーレー』青木編集長がテストライド。車両を見るだけではわからない、その鼓動とパワー溢れるエンジンフィーリングを体験した。 鼓動感あふれるトルクフィールに酔いしれるばかり Vツインエンジンの性能を数値上のスペックだけで競うのなら、他メーカーのほうが優れているかも […]

試してみました! ハーレー特有の大きいエンブレを緩和するカスタムパーツ〈ダイノマン スムースバルブ〉

ハーレー特有のエンジン鼓動やフィーリング。心地よさもあればそれが疲れの原因となる場合も。特に低速時のアクセルのオフ時に発生する、想像よりも大きいエンジンブレーキの衝撃。これを緩和できるパーツ「ダイノマン スムースバルブ」を紹介します。 低速のギクシャク感が軽減。ライディングがスムースになる快適カスタム 3000rpm以下の低回転からスロットルを少しひねるだけで、ガツンと最大トルクを味わえる。そして […]

走りだけじゃない! 見た目もグッドなハーレーカスタムパーツ〈トランプサイクル〉

カスタムはハーレーの大きな楽しみ。ここではハーレー専門誌『ウィズハーレー』がお勧めする、とっておきのパーツを紹介しよう。トランプサイクル(大阪府)が開発したオリジナル商品の中から、開発期間に1年半もの歳月を費やしたトランプ×レーシングブロスのサスペンション、ノスタルジックな雰囲気満点のヘッドライトレンズ、圧倒的な軽さを誇るチタンマフラーの3点をピックアップする。 リヤショック(スプリング):走りを […]

真夏のツーリングは高原を目指すに限る。エンジンにも優しいショートトリップ〈マイパフォーマンス〉

マイパフォーマンス(山梨県)は、基本的にエボリューションモデル以前のハーレーを扱う専門店。ここに集う旧車好きのライダーは、ツーリングも大好きだ。フロントマンの本間氏も良く走る人だが、お客さんも負けてはいない。今回は、地元の道を知り尽くしているベテランライダー先導のランチツーリングにて清里高原へ。 ツーリング先で仲間と乾杯!最高のアウトドアランチ 令和3年の夏は、とにかく暑かった。全国的に梅雨明けも […]

ハーレーカスタムトレンドニュース:圧倒的に軽い! クラシカルボバー〈遠藤自動車〉

ハーレーダビッドソンにとって、”カスタム”は切っても切れない楽しみのひとつ。ここではハーレー専門誌『ウィズハーレー』が、多くのオーナーの参考となりそうな最新カスタム車両を紹介する。今回はオールドハーレー全般を得意とする遠藤自動車サービス(群馬県)が手掛けたショベルリジッドボバーだ。 遠藤自動車の顔と言っても良いスタイル=細部に手を入れたスペシャルモデル リジットフレームにシ […]

ホントに初モノ!? 驚きの完成度:ハーレーダビッドソン パンアメリカ1250/スペシャル 試乗インプレ

ハーレーとしては、何もかもが初めて尽くしのチャレンジである。新開発エンジン/独自の車体構造/世界初の電子式車高調整機能、そして何より”大型アドベンチャー”という未知のカテゴリーへの参入…。なのに、なんだこの、初めてと思えないほどの完成度の高さは!! 五感に訴えかける心地よいVツインは健在! 完成度という観点から見れば、スロースターターと言えなくもないハーレーダビッドソン。歴 […]

ハーレーダビッドソン新型バイク総まとめ【初のADVや新生スポなど話題満載】

国内でも人気の高い米国大陸ブランド 1903年にミルウォーキーで創業し、今や米国を象徴するブランドになったハーレーダビッドソン(HARLEY-DAVIDSON)。一目でそれとわかるクルーザーがあまりに有名だが、最近は新世代群の発売に注力。 ライブワイヤーは史上初の量産電動スポーツバイクとして話題になった1台。通常エンジンが収まる部分にバッテリーを搭載し、下部にモーターを配した。 ’21 […]

ホントに初モノ!? 驚きの完成度:ハーレーダビッドソン パンアメリカ1250/スペシャル ディテール解説

ハーレーとしては、何もかもが初めて尽くしのチャレンジである。新開発エンジン/独自の車体構造/世界初の電子式車高調整機能、そして何より”大型アドベンチャー”という未知のカテゴリーへの参入…。なのに、なんだこの、初めてと思えないほどの完成度の高さは!! その全容について、まずはディテール解説からお届けしよう。 ハーレーダビッドソン パンアメリカ1250/スペシャル 上級仕様のス […]

列島横断往復1000km! 千里浜目指すSSTR2021をパンアメリカで走破!

日本で唯一車両走行が可能な砂浜の公道、石川県羽咋(はくい)市の「千里浜ドライブウェイ」を目指す「SSTR(サンライズサンセットツーリングラリー)2021」が10月2日(土)〜17日(日)に行われ、約5000台が出走。ハーレー専門誌『ウィズハーレー』の青木タカオ編集長も、ハーレーダビッドソン新型パンアメリカ1250スペシャルを駆って完走を果たした。 太平洋から日本海へ、太陽を追いかけろ! 「SSTR […]

ハーレーカスタムトレンドニュース:’17ローライダーSカスタム【走りを追求したパフォーマンスクルーザー】

ハーレーダビッドソンにとって、”カスタム”は切っても切れない楽しみのひとつ。ここではハーレー専門誌『WITH HARLEY』が、多くのオーナーの参考となりそうな最新カスタム車両を紹介する。今回は、カスタムはもちろんインジェクションチューニングも得意とするブルズアイ(愛知県)が手掛けたFXDLS110ローライダーSだ。 ダイナの名車をセンスよくモディファイ! ’1 […]

愛車の盗難・車両破損に万全の備え【HARLEY│車両+盗難保険™に加入してみた】

いくら中古車とはいえ、決して安い買い物ではなかった愛車XL1200L。事故に備えて手厚い任意保険には加入したものの、自分のバイクの破損や盗難などに対してはノーガード。そこで、これから安心してハーレーライフを送るために、さらに万全な「HARLEY│車両+盗難保険™」に加入しました。 ハーレーだけの特別なオフィシャル車両保険 はじめてのハーレーとして令和2年3月に手に入れたXL1200L。ディーラーに […]

ハーレーカスタムトレンドニュース:ターボチャージャーキット搭載のワイドグライド【力強くたくましい圧倒的存在感】

ハーレーダビッドソンにとって、”カスタム”は切っても切れない楽しみのひとつ。ここではハーレー専門誌『ウィズハーレー』が、多くのオーナーの参考となりそうな最新カスタム車両を紹介する。今回はトライジャ(大阪府)が手がけたターボチャージャーキット搭載のワイドグライドだ。ダイナフレームに搭載されるツインカムエンジンにはターボチャージャーが組み込まれ、車体も豪快にカスタムされているのだ。詳細をリポートしよう […]

フォーティーエイトとパンアメリカで夜景スポットを求める、ハーレー女子のナイトツーリング

『ウィズハーレー』誌やYouTubeチャンネルでお馴染みのハーレー女子・Yuka Kondoちゃん(以下ユカ)&宮井聖佳ちゃん(以下セイカ)の2人が、フォーティーエイトとパンアメリカ1250スペシャルでナイトツーリングへ! 空冷エボリューション&水冷レボリューションマックス、新旧Vツインが共鳴しあった夜だった。 甲乙なんて付けられない。最高の相棒だもん ユカ: これがウワサのパンアメリカね。女子が […]

ハーレーでローカルロードを快走して飛び切り美味いランチを食べに行こう!〈忍野八海ツーリング〉

このコロナ禍にあって、山梨県内の感染者は驚異的に少ないという事実。徹底的な感染対策を施せば、普通に生活できることを証明しているとも言える。バイクで走ることは、心身のリフレッシュにも良いというのもまた事実。それなら、きちんとスタンス守って走り出そうじゃないか。今まで観光客が多いという理由で避けていた地元から程近い観光スポットを目指し、春の下道ツーリングを楽しんだ。 ローカルロードで行くショートツーリ […]

ハーレーカスタムトレンドニュース:磨きをかけた近未来フォルム! ’07 VRSCDX ナイトロッドスペシャル

ハーレーダビッドソンにとって、”カスタム”は切っても切れない楽しみのひとつ。ここではハーレー専門誌『ウィズハーレー』が、多くのオーナーの参考となりそうな最新カスタム車両を紹介する。今回は’73年に創業した老舗・HDブイモンスター(福島県)が手がけたナイトロッドスペシャルだ。 「人とは違うのがよかった」自分好みのスタイルを追求 「Vロッド」が発表されたのは&#82 […]

フォーティーエイトしか欲しくない! スポスタファン必見『ウィズハーレー』Vol.9発売【M8/TC/EVOカスタム目白押し】

ハーレーダビッドソン専門誌『ウィズハーレー』最新刊Vol.9が9/9(木)に発売!! 超品薄・人気ナンバー1スポーツスター「フォーティーエイト」がいま大人気! ウィズハーレー最新号では“48”の魅力を徹底解剖し、さらに最新カスタムを怒涛の一挙見せ!! もちろん他のスポーツスターも勢揃いし、その歴史や魅力も丸わかりです!「シン・フォーティーエイト」となるべくして誕生したスポーツスターSまで、ハーレー […]

マシン・オブ・ザ・イヤー2021
マシン・オブ・ザ・イヤー2021

WEBヤングマシン|最新バイク情報