BMW R1250RS:軽快な走りが魅力で旅もスポーツも満喫!〈新型バイクカタログ〉

BMW R1250RS:概要R1250RS

R1250RS 概要

同社スポーツツアラー=RSの名を継承し、軽快な走りが魅力。FサスがテレレバーのRTに対し、RSはテレスコピック式を採用する。シフトカム搭載の心臓部は’21でユーロ5に適合。ABSキャンセル機能を廃止した。

R1250RS

BMW R1250RS

【’21 BMW R1250RS】■空水冷4スト水平対向2気筒DOHC4バルブ 1254㏄ 136㎰/7750rpm 14.6㎏ -m/6250rpm ■250㎏ シート高820㎜ 18L ●価格:212万7000円~ ●色:黒、黄、青 [写真タップで拡大]


※本記事の内容はオリジナルサイト公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な表記がないかぎり、価格情報は税込です。

BMWに関連する記事

インド製の二輪車が増えているけど、先進国向け四輪車にもインド製ってあるの?

スズキ、KTM、BMWなど二輪ではインド生産車が増えている ホンダが空冷単気筒のロードスポーツモデル「GB350」を日本で発表しました。 このモデル、すでにインドでは「ハイネスCB350」という名前で先行発売されていたことで、デビュー前から日本でも話題を集めていました。 生産もインド現地で行われるハイネスCB350ですが、なぜ、インドで先行しているのかといえば、かの地が二輪にとっての大きなマーケッ […]

BMW R1250RT試乗インプレッション【先進デバイス満載で完成度を高めた舗装路の王者】

’19年モデルで84ccアップ&可変バルブタイミング機構を導入したBMW R1250RTが、’21年型でスタイリングを一新するなどモデルチェンジ。ACC(アクティブクルーズコントロール)をはじめとする先進デバイスの強化がポイントだ。 ’21 BMW R1250RT [◯] ACC&テレレバーのコンビが育む安心感 今回のモデルチェンジで追加された主な先進デバイスは […]

BMW G310R試乗インプレッション【ユーロ5規制対応でもスポーティーさを維持】

“普通二輪免許で乗れるBMW”として’17年に登場した「G310R」が、ユーロ5に対応するのと合わせてビッグマイナーチェンジを実施した。電子制御スロットルやスリッパークラッチを採用し、灯火類をオールLEDとしたのがポイントだ。ヤングマシンのメインテスター・大屋雄一氏による試乗インプレッションをお届けする。 [◯] 電子制御スロットルの反応は良好。軽いクラッチも美 […]

ドイツ製モンキー125みたいのキタ!? BMWが電動バイクのコンセプトモデルを公開

ドイツ・ミュンヘンにあるBMWモトラッドは、IAAモビリティ2021を前にしてコンセプトモデル「Concept CE 02」を発表。スマートで都会的な電動モビリティで、約15psの最高出力から90km/hの最高速度と航続距離90kmを実現したとしている。 軽量モーターサイクルのA1ライセンス向けで車重は約120kg! BMWモトラッド(本国)から遊び心満点のコンセプトモデルが登場したぞ! その名も […]

巨大ボクサーエンジン搭載、BMW「R18」に大陸ツアラー仕様が登場!

BMWジャパンは、同社史上最大排気量となるクルーザー『R18』の派生モデルとして、『R18 Transcontinental(アール・エイティーン・トランスコンチネンタル)』と『R18B(アール・エイティーン・ビー)』を8月5日より、全国のBMW正規販売店にて予約注文の受付を開始した。納車時期は9月27日(月)を予定している。 最新電子制御デバイスなどを装備してR18に新たな派生モデルが登場 R1 […]

〈動画〉”ミドル界の電子デバイス王” BMW F900Rを試乗インプレ

’20年2月より国内販売されているBMWネイキッドモデル「F900R」。ロードスター・F800Rの後継に当たるが、894ccパラツインエンジンからシャーシまですべて別物だ。電子デバイスをフルに搭載した最上位パッケージ「プレミアムライン」の試乗インプレッションをお届けする。ヤングマシンのテスターとしておなじみのモーターサイクルジャーナリスト・大屋雄一氏がレポートする。

密は避けても絆は繋ぐ! 「BMW Motorrad HAKUBA 2021」は期間限定で自販機とフォトブース設置

BMWモトラッドは、日本で例年白馬村(長野県)で行われてきた恒例イベント「BMW Motorrad Days」を新型コロナウイルス感染症の影響により、2年連続で開催を見合わせてきたが、ファンたちとの絆や次回への思いを繋ぐため「BMW Motorrad HAKUBA 2021」として8月7日~9月30日に期間限定で開催する。 オリジナル限定Tシャツの自動販売機を設置、2021mmの大型フォトブースも […]

BMWの普通二輪スクーターが全面刷新! 「C400X」「C400GT」はASCに自動調整機能も

BMWジャパンは、350cc水冷単気筒エンジンを搭載するミドルクラススクーター『C400X』と『C400GT』の2車種を、7月16日から全国のBMW正規販売店で販売を開始する。価格はC400Xが87万円~、C400GTが93万円~となっている。 走行性から利便性まで全面刷新された新型スクーター C400XとC400GTは、350cc水冷単気筒エンジンを搭載するスクーターで、市街地走行からツーリング […]

BMWが欧州でニューカラー2022年モデルを一挙13機種発表! 次はダーク系が中心

BMWは、欧州でニューカラーの2022年モデルを一気に13機種も発表した。全てのカラーバリエーションが日本に導入されるのか、また導入時期についても未発表だが、いつもとひと味違ったダーク系の車体色を中心としたラインナップは、新たなファンにも注目されることになりそうだ。今回は写真を中心としたダイジェストでご紹介! BMW G310GS[2022 model] コスミックブラックが設定され、40周年エデ […]

’21 BMW R1250GS試乗ショートインプレ【’21モデルはサスペンションが激変!】

’19年に大排気量化とシフトカム採用で大幅進化したR1250GS。’21モデルの変更点はヘッドライトがコーナリング対応になったくらい? と思っていたら、内部の電子制御まわりが激変。走行モードは3つ増えて7つになり(4モードをプリセット)、操作言語も日本語に対応。ただ一番変化を感じたのは、電子制御サスのESA(イーサ)。ピッチングモーションを極力排除するBMWお得意の制御から一転。オフロード走行では […]

’21 BMW R18クラシック試乗ショートインプレ【CLASSICにはクルーズコントロールを装備】

先行発売のR18に対し、大型スクリーン/サドルバッグ/ファットタイヤなど、クラシッククルーザーの様式が取り入れられたR18クラシック。最大の特徴はなんと言っても1801ccのボクサーツイン。107.1mmの巨大なボア径から繰り出されるエンジンフィーリングはとにかく強烈。しかも3種類のモードを切り替えることで、キャラクターも激変。ROCK(フルパワー)では「これでもか!」というワイルドな加速が楽しめ […]

GSシリーズ40周年カラーのBMW「F750GS/F850GS」発売決定! ブラック×イエローの特別仕様

BMWジャパンは、GSシリーズ40周年を記念した特別仕様車『GS 40 Years Edition』をF750GSとF850GSに設定して6月25日に全国のBMW正規販売店にて発売する。往年のR100GSをイメージしたブラックとイエローのカラーリングをはじめとして特別装備が装着される。 GS40周年記念特別仕様車がようやくF-GSシリーズにも登場 BMWが初代GSとなるR80G/Sを発売したのは1 […]

アダプティブクルーズコントロール(ACC)搭載モデル続々登場【新型ムルティストラーダV4Sも】

前車との距離に応じて車間を自動調整するアダプティプクルーズコントロール等を可能にする、先進のレーダーシステムを搭載した’21モデルが続々登場している。本記事ではドゥカティ新型ムルティストラーダV4Sに搭載されたボッシュ製アドバンストライダーアシスタンスシステム(ARAS)を中心に、各社の動向を紹介する。 ドゥカティ ムルティストラーダV4S:2輪車初・ボッシュ製ARAS搭載 モノコック […]

ヨシムラ SERT Motulが世界耐久選手権 開幕戦「ル・マン24時間」を完全制覇!

フランスのル・マンで2021年6月12日から13日にかけて開催された「2021 FIM世界耐久選手権(EWC)」の第1戦「ル・マン24時間耐久レース」において、昨シーズンのチャンピオンチームにヨシムラが合流した最強チーム「ヨシムラSERT Motul」が、2位に8周差をつける855周で完勝した。 最終戦鈴鹿8耐(11月7日)を目指し、「2021 FIM世界耐久選手権」開幕戦で躍動 バイクの耐久ロー […]

BMW F900R試乗インプレッション【コスパ最強! ミドルクラスの電子デバイス王】

’20年2月より国内販売されているBMW F900R。ロードスター・F800Rの後継に当たるが、エンジンからシャーシまですべて別物だ。電子デバイスをフルに搭載した最上位パッケージ「プレミアムライン」の試乗レポートをお届けする。 [◯] 微炭酸的な脈動感と良好なハンドリング 以前試乗したアドベンチャースポーツのF900XRに続き、今回はそのロードスター版である「F900R」をテストした。’09年に登 […]

エンジンだけで5kg軽量化、BMW新型「S1000R」登場! 日本語対応ディスプレイも採用

BMWは、S1000RR系の並列4気筒エンジンを搭載するスポーツネイキッド「S1000R」の新型を国内発売すると発表した。S1000RRをベースとしながら、エンジン単体で5kgの軽量化を達成。最高出力は165psとし、フレームの幅を狭めてライディングの自由度を増すなど、公道走行に合わせたチューニングが施されている。 Mパッケージはカーボンホイールも選択可、装備重量で194kg! ビー・エム・ダブリ […]

新型バイクカタログ[日本車|クラス別]

WEBヤングマシン|最新バイク情報