アプリリアRX125[新型バイクカタログ]:原付二種の真剣フルサイズ

'21 アプリリア RX125

RX125 概要

今や貴重な原付二種トレールで、RXはオフ向け、SXはモタードと兄弟車をラインナップ。’21ではユーロ5に適合し、RS125譲りの心臓部を鉄製フレームに搭載。新グラフィックも採用した。アプリリアのオフロードレースのスピリットを継承するモデルとして、最新サスペンションを搭載。クラス内で初めてABSを搭載したモデルでもある。

’21 RX125

'21 アプリリア RX125|ラリートリビュート

【’21 APRILIA RX125】■水冷4スト単気筒DOHC4バルブ 124.2cc 15ps/10000rpm 1.1kg-m/8000rpm ■車重134kg シート高905mm 6.2L ■タイヤサイズF=90/90-21 R=120/80-18 ●色:ラリートリビュート ●価格:41万8000円 [写真タップで拡大]


※本記事の内容はオリジナルサイト公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な表記がないかぎり、価格情報は税込です。

アプリリアに関連する記事

いま新車で買える!! 林道ツーリングを楽しめるマシンたち〈海外モデル編|ゴーライド編集部厳選〉

これから林道ツーリングに行ってみたいというビギナーやリターンライダー、さらに乗り換えや増車を考えている人たちに向けて、オフロードマシン総合誌『ゴーライド』編集部が選んだ”新車で購入できる/未舗装路もバリバリ走って林道ツーリングを楽しめる”マシンたちを紹介。本記事では海外モデルを一挙掲載するゾ! ファンティック XEF125/250:本格装備のプレミアムトレール 低中速で粘るトルクと高回転までスムー […]

アプリリア新型バイク総まとめ【’21年は新作SS/ネイキッドが登場】

レースで名を馳せたイタリアンブランド レースで名を馳せた、イタリアンブランドのアプリリア(APRILIA)。現在はピアッジオグループの傘下となっている。 現在の国内におけるラインナップはスーパースポーツ、スーパースポーツをベースとしたネイキッド、オフロード&モタード。 巨大ウイングを備えたフラッグシップモデル、RSV4ファクトリーはV4エンジンのストロークを伸ばして1078ccから1099 […]

日本では原付バイク扱いに? 電動キックボード「アプリリアeSR2」公開!

アプリリアはイタリア本国で、新しい電動スケーター「eSR2」を発表した。主要な家電店やオンラインストアで559ユーロ(約7万2000円)で販売される。1回の充電で最大25kmの走行が可能で、10インチタイヤやフロントドラムブレーキ、リヤ電気式ブレーキを備え、スポーティな走りを実現した。 イタルデザインによる統合アプリでパフォーマンス制御 日本では原動機付き自転車、いわゆる原付バイクと同じ扱いになる […]

公道に最適な全部入りミドル! アプリリアRS660試乗インプレッション〈by 丸山浩〉

レースとは無縁な最高出力100馬力という適度な性能のミドルツインエンジンと、フラッグシップモデルと比べても遜色ない最新の電子制御を組み合わせる。ありそうでなかった新たなコンセプトで誕生したイタリアンミドルスーパースポーツ「アプリリアRS660」が、待望の日本公道デビュー! ヤングマシンテスターでおなじみ丸山浩氏の試乗レポートをお届けする。 回して楽しいエンジンと誰でも楽しめるパッケージ たとえば2 […]

新型アドベンチャー「トゥアレグ660」登場! アプリリアの660プラットフォームに新顔

アプリリアはインターナショナル公式サイトで、RS660やトゥオーノ660と同系の並列2気筒エンジンを搭載した新型アドベンチャーモデル「トゥアレグ」を公開した。詳細は未発表で、動画によるスタイリングのお披露目にともない、おおまかなディテールが判明したのみ。これはヤマハ テネレ700のガチンコライバルか! 乾燥重量187kg、燃料タンク容量18L、4種類のライディングモード! アプリリアのインターナシ […]

’21アプリリアRS660試乗インプレ【コレ1台でサーキットもツーリングも】

公道とサーキットユースのベストバランスを追求 アプリリアの新型「RS660」がまとうスポーティーなルックスに、試乗前の筆者は少々身構えていたのだが、それはいい意味で裏切られた。とても乗りやすいのだ。低過ぎないハンドルはツーリングもこなせそうだし、よく見ればクルーズコントロールも装備。見た目こそスポーティーだが、少なからずストリートレンジを意識したキャラのようだ。 アクセルを開けてみてもその印象は変 […]

アプリリア新型「TUONO V4 Factory」受注開始! 電制サス搭載の“アップライト・スーパーバイク”

ピアッジオグループジャパンは、アプリリアの新型「トゥオーノV4ファクトリー」を2021年6月9日に受注開始。同時デビューのRSV4と同様にエアロダイナミクスを刷新し、新型スイングアームやユーロ5適合エンジンを採用するほか、電子制御システムも最新版になっている。日本で発売する“ファクトリー”は電制サスを装備する最上級バージョンだ。 新型RSV4のコンセプトを踏襲し、最新のデザインと車体をゲット! ア […]

1099ccに拡大! アプリリア新型「RSV4 Factory」受注開始、巨大なウイングレットで空力も進化

ピアッジオグループジャパンは、アプリリアの新型「RSV4ファクトリー」を2021年モデルとして本日2021年6月9日より受注開始すると発表した。出荷開始次期は2021年7月頃より順次とされ、価格は308万円だ。最新のエアロダイナミクスや電子制御を採用し、エンジンは排気量アップ、新型スイングアームなども採用している。 MotoGP譲りの新フェアリングはRS660と同じ新世代へ、ライダー保護機能は11 […]

RS660に続け! アプリリアの原付二種スポーツ「RS125」と「トゥオーノ125」登場

アプリリアはイタリア本国で、原付二種スポーツの新型モデル「RS125」および「トゥオーノ125(TUONO 125)」を発表した。以前はRS4 125の名でラインアップされていたが、車名変更とともにLEDヘッドライトやABS、新ヘッドの単気筒エンジンなどを採用し、デザインも一新。日本への導入も期待される! 原付二種フルカウルスポーツ「RS125」はRS660譲りのニューフェイスに アプリリアはイタ […]

モトGP2020プレイバック【ドゥカティ/KTM/アプリリアのマシンを振り返る】

ドゥカティ〈デスモセディチGP20〉経験豊富なドヴィツィオーゾでも、旋回性を高めるには至らず #04 A.ドヴィツィオーゾ(4位) #43 J.ミラー(7位) #9 D.ペトルッチ(12位) #5 J.ザルコ(13位) #63 F.バニャイヤ(16位) #53 T.ラバト(22位) ’20シーズンは3チームを擁し、かろうじて’07年以来となるコンストラクターズタイトルを獲得 […]

アプリリア「トゥオーノ660」発売決定! 130万9000円で予約受付開始、導入は6月頃より

ピアッジオグループジャパンは、アプリリア「トゥオーノ660(TUONO 660)」を全国ディーラーにて発売すると発表した。最高にちょうどいいスーパースポーツとして期待されるRS660のアップハンドル版で、こちらも同じくクラス最高レベルの電子制御システムを搭載する。 RS660の139万7000円に対し、トゥオーノ660は130万9000円! ピアッジオグループジャパンは、新開発のユーロ5適合、27 […]

アプリリア2021新車バイクラインナップ【新型RS660&トゥオーノ660が登場】

RS660:クルーズコントロール/上下シフターも装備[新型] イタリアのアプリリアによる渾身のミドルスポーツ「RS660」。最高出力は100psだが、最大トルクの80%を4000rpmで発生する力強い特性がウリだ。装備重量183kgの車体は4気筒600SS勢より10kg以上軽く、誰もが走りを思いきり楽しめそう。クルーズコントロールやシフターなど電子制御はフル装備だ。 トゥオーノ660:RSの兄弟車 […]

アプリリア、スタイリング一新で排気量アップした新型「RSV4」「トゥオーノV4」を発表!

アプリリアは、本国「APRILIA.COM」ウェブサイト上で新型「RSV4 1100 ファクトリー」と「トゥオーノV4ファクトリー」の画像を公開。ともにスタイリングを一新するとともにウイングレットを内蔵し、エルゴノミクスと電子制御も進化している。スイングアームも新型だ。詳細は追って発表される模様。 RS660のエアロダイナミクスを踏襲した“ダブルフェアリング”コンセプト アプリリアは、本国「APR […]

最高にちょうどいいスーパースポーツのネイキッド版! アプリリア「トゥオーノ660」登場

アプリリアは本国イタリアで、すでに日本での発売時期も明らかにされているスーパースポーツ「RS660」の兄弟車にあたる、スポーツネイキッドモデル「トゥオーノ660(TUONO 660)」を発表した。詳細スペックなどは未発表だが、RS660に準じた電子制御などをフルスペックで装備しているようだ。 日本で発売されたら130万円くらいの可能性も? アプリリアはイタリア本国で「トゥオーノ660(TUONO […]

待ってたぞ日本発売! アプリリアの新種スーパースポーツ「RS 660」は100馬力/183kg

ピアッジオグループジャパンは、100psを発生する新型の270度クランク並列2気筒エンジンを搭載するライトウェイトスポーツ「RS 660」を日本国内で発売する。価格は139万7000円で、本日2020年12月8日から受注を開始。出荷開始時期は2021年5月以降だ。 思いっきり遊べる、サイコーにちょうどいいスーパースポーツ見参! ピアッジオグループジャパンは、新開発のユーロ5適合、270度クランク並 […]

次期排ガス規制クリア? 絶版? ’20-’21新車バイク動向予想〈大型スポーツモデル編〉

’21年以降、バイク新車ラインナップに大変動が起きる。欧州で’21年1月から次期排ガス規制のユーロ5が全面導入され、規制をクリアしていない車両は”絶版”を余儀なくされてしまうのだ。新型の噂を含め、どんなマシンが生き残るのか、はたまた去りゆくのか緊急予想を敢行。本記事では大型スポーツカテゴリー(リッタークラス&600ccクラス)の行方を探る。 大型スポーツカテゴリー:安泰の旗艦リッターに対し、600 […]

マシン・オブ・ザ・イヤー2021
マシン・オブ・ザ・イヤー2021

WEBヤングマシン|最新バイク情報