トライアンフ ボンネビルT120シリーズ[新型バイクカタログ]:伝説を今に伝えるネオレトロ界の雄

トライアンフ ボンネビルT120シリーズ

※情報更新日:2022年7月28日

ボンネビルT120シリーズ 概要

3気筒と並ぶ同社のシンボル=バーチカルツインと、’59型ボンネビルをイメージした外観が光るネオクラシリーズ。’21ではユーロ5に対応しながら低中速域のレスポンスを向上した。車体は、新設計の軽量アルミリムなどで7kgのダイエットに成功。従来型より高性能なブレンボフロントキャリパーのほか、クルーズコントロールも標準で備える。

’22では職人が筆でハンドペイントするゴールドラインが登場。同季限りの限定生産で、銀×緑の専用色もまとう。ベース車両は価格のみを変更。’22年の後半より、’23モデルとしてSTDとブラックに新色が登場している。

’23 ボンネビルT120

トライアンフ ボンネビルT120

【’23 TRIUMPH BONNEVILLE T120】■水冷4スト並列2気筒SOHC4バルブ 1200cc 80ps/6550rpm 10.71kg-m/3500rpm ■237kg シート高790mm 14.5L ■タイヤサイズF=100/90-18 R=150/70R17 ●色:エーゲ海ブルー×フュージョンホワイト コードバンレッド×シルバーアイス ジェットブラック ●価格:162万4000円〜166万3600円 [写真タップで拡大]

トライアンフ ボンネビルT120
トライアンフ ボンネビルT120

カラーバリエーションはブルー×ホワイト/レッド×シルバー/ブラックの3色展開。 [写真タップで拡大]

’22 ボンネビルT120ゴールドライン

トライアンフ ボンネビルT120ゴールドライン

【’22 TRIUMPH BONNEVILLE T120 GOLD LINE】■水冷4スト並列2気筒SOHC4バルブ 1200cc 80ps/6550rpm 10.71kg-m/3500rpm ■237kg シート高790mm 14.5L ■タイヤサイズF=100/90-18 R=150/70R17 ●色:シルバーアイス×コンペティショングリーン ●価格:169万2000円(’22前期は167万5500円) [写真タップで拡大]

’23 ボンネビルT120 ブラック

トライアンフ ボンネビルT120 ブラック

【’23 TRIUMPH BONNEVILLE T120 BLACK】■水冷4スト並列2気筒SOHC4バルブ 1200cc 105ps/7500rpm 11.4kg-m/4250rpm ■217kg シート高810mm 14L ■タイヤサイズF=100/90-18 R=150/70R17 ●色:サファイアブラック×マットサファイアブラック マットジェットブラック ●価格:162万4000円〜166万3600円 [写真タップで拡大]

トライアンフ ボンネビルT120 ブラック

カラーバリエーションはマットブラック/ブラックの2色展開。 [写真タップで拡大]

’22 ボンネビルT120 ブラック ゴールドライン

トライアンフ ボンネビルT120 ブラック ゴールドライン

【’22 TRIUMPH BONNEVILLE T120 BLACK GOLD LINE】■水冷4スト並列2気筒SOHC4バルブ 1200cc 80ps/6550rpm 10.71kg-m/3500rpm ■237kg シート高790mm 14.5L ■タイヤサイズF=100/90-18 R=150/70R17 ●色:マットサファイアブラック×マットシルバーアイス ●価格:169万2000円(’22前期は167万5500円) [写真タップで拡大]


※本記事の内容はオリジナルサイト公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な表記がないかぎり、価格情報は税込です。

トライアンフに関連する記事

本気で速いカフェレーサーだ!【トライアンフ スピードトリプル1200RR】試乗ショートインプレッション

3年ぶりの実施となる日本自動車輸入組合(JAIA/ジャイア)による『輸入二輪車試乗会・展示会』。’22年の各社の自慢のモデルを一気乗りしてきた。テスターはフリーライターの谷田貝洋暁で身長172cm、体重75kgだ。本記事では、トライアンフのスピードトリプル1200RRを取り上げる。 トライアンフ スピードトリプル1200RR ショートインプレ ’21にモデルチェンジしたネイ […]

トライアンフ [’22後期新型バイクカタログ]:’23では鮮やかな新色が続々登場!!

ネオクラからモト2まで! 3気筒を得意とする英国代表 古き良き英国の香りが漂うようなモデルがある一方、モト2世界選手権の独占エンジンサプライヤーという顔も持ち合わせている英国のトライアンフ(TRIUMPH)。歴史あるブランドだが、電脳満載のアドベンチャーを用意するなど、国内向けモデルも幅広くラインナップ。 同社の名前を聞いて思い浮かぶパワーユニットのひとつに”3気筒”エンジ […]

バイクの未来を想像してみよう!【トライアンフの電動バイク『TE-1』は220kgの車重で177psを発揮! 航続距離は161km!】

『TE-1』は、0-96.56km/h加速は3.6 秒、0-161km/h加速は6.2 秒という驚異的な数値を実現。それでいて、現在市販されている同クラスの電動バイクの実走行距離を大幅に上回り、実走行試験でカテゴリートップの161kmを達成した。トライアンフ&イギリス政府が描く、電動バイクの未来を見てみよう! トライアンフが切り開く電動バイクの未来はエキサイティング! トライアンフのプロトタイプ電 […]

トライアンフのモダンクラシックシリーズに各種新色がラインナップ! 900ccモデルは名称も新たに!

2021年10月に発売した限定モデル「ゴールドラインエディション(職人が筆でハンドラインを引くシリーズ)」が好評のトライアンフ。その流れを受け、「より明るく、より特徴的で、よりエレガントなカラーオプションに対する顧客の要求に応えました」ということで、モダンクラシックのラインナップに新色がプラス。全10モデルのニューカラーが発表された。 10モデルにニューカラーが追加、より華やかなラインナップに ト […]

トライアンフ タイガー900ラリー 試乗【コンパクト3気筒を搭載する本物のサバイバルマシン】

2020年に登場したトライアンフのタイガーラリーに改めて試乗してみた。デビュー当時の本物感は色褪せず、新たに登場したタイガー1200シリーズとも異なるポテンシャルを披露。不等間隔で爆発を繰り返すトライアンフだけのミドルアドベンチャーワールドがここにある。 モロッコで感じたアドベンチャーとしての本質 トライアンフのミドルアドベンチャー「タイガー800」が刷新され、「タイガー900」としてデビューした […]

【Q&A】リヤタイヤの回し方は様々。じつはチェーンよりも高効率なシャフトドライブ【バイクトリビア016】

BMWやモト・グッツィなどが積極的に採用しているシャフトドライブは、頑丈そうなルックスだけど一般的なチェーンより何だか構造が複雑そうだし、重そうな感じもする……。バイクに採用されている理由って何ですか? バイクの後輪、どうやって回してる? 現行バイクのほとんどが後輪駆動。そしてエンジンが後輪を駆動する方法はチェーンが主流で、双璧を成す……まではいかないかもしれないが「シャフトドライブ」もけっこうメ […]

海外メーカーの搭載車種と機能を一挙紹介:後編【スマホと “つながる”バイク最新事情】

近頃、スマートフォンと連動できる機能を備えたバイクが一挙に増えてきた。電話の発着信に、音楽、ナビゲーション機能。スマホがバイクの機能の一部として使えるようなもので、慣れればとても便利な機能だ!! そこで今回は、最新のスマホ連動機能搭載車とその機能をチェック。ここではトライアンフ、KTMやハーレーなどの海外メーカーについて、どんな車種にどれだけの機能が採用されてきているのかを見てみよう。 【TRIU […]

モードな雰囲気を纏ったトライアンフ ストリートトリプル RS に限定車が登場!【オールブラックで駆け抜ける】

2007年に初代モデルが発売されて以来、着々と進化を続けているトライアンフ ストリートトリプル RSにカーボンブラックの限定車が登場。76台限定のプレミアムな1台。モードな雰囲気を楽しもう! 限定車のカラーは精悍なカーボンブラック 2022年6月3日に発売した2023年モデルのトライアンフ ストリートトリプル RSの 限定車は、タンク、フロントマッドガード、フライスクリーン、サイドパネル、リヤボデ […]

WEBヤングマシン|新車バイクニュース