プジョー シティスター125シリーズ[新型バイクカタログ]:都会派スマートモビリティ

'20 シティスター125シリーズ

シティスター125シリーズ 概要

プジョーらしい顔を持つ都会的なスクーター。調整可能なリヤサスペンションやヘルメットが2個収まる収納スペース、12V電源など、走りも実用性も充実している。RSとブラックエディションは、高出力エンジンや前後連動ABSを備えた上級版だ。

’20 シティスター125スマートモーション

'20 プジョー シティスター125スマートモーション|シャンパンゴールド

【’20 PEUGEOT CITYSTAR 125 SMARTMOTION】■水冷4スト単気筒SOHC4バルブ 124.6cc 11ps/7400rpm 1.1kg-m/5600rpm ■車重143kg シート高795mm 8.2L ■タイヤサイズF=120/70-13 R=130/60-13 ●色:シャンパンゴールド パーリーブラック ●価格:48万2900円 [写真タップで拡大]

'20 プジョー シティスター125スマートモーション|パーリーブラック
[写真タップで拡大]

カラーバリエーションはゴールド/ブラックの2色展開。

’20 シティスター125 RS

'20 プジョー シティスター125 RS|チタニウム

【’20 PEUGEOT CITYSTAR 125 RS ABS】■水冷4スト単気筒SOHC4バルブ 124.7cc 14.4ps/9000rpm 1.2kg-m/7000rpm ■車重150kg 8.2L ●色:チタニウム ●価格:54万8900円 [写真タップで拡大]

’20 シティスター125 ブラックエディション

'20 プジョー シティスター125 ブラックエディション|マットブラック

【’20 PEUGEOT CITYSTAR 125 BLACK EDITION ABS】●色:マットブラック ●価格:54万8900円 [写真タップで拡大]


※本記事の内容はオリジナルサイト公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な表記がないかぎり、価格情報は税込です。

プジョーに関連する記事

プジョー新型バイク総まとめ【フランスの老舗はスクーターも生産】

’21では主力シリーズが改良された 4輪で有名なフランスのプジョー(PEUGEOT)。同社には2輪部門もあり、生産を行っている。1898年にはバイクを製造しており、実は現存する最古のバイクブランドでもある。 現在日本に導入されているのはスクーター。シティスターは都会的なイメージの125ccで、クルマのプジョーを彷彿とさせるデザインとなっている。 スピードファイトはその名の通り、レーシー […]

プジョー2021新車スクーターラインナップ〈ジャンゴ|ツイート|シティスター|スピードファイト〉

ジャンゴシリーズ:’50年代オーラをまとう仏製の優美ネオレトロ 130年超の歴史を誇るフランスの4輪メーカー・プジョーは、バイクの生産でも有名。「ジャンゴ」は、’50年代のプジョーS55/S57をモチーフとするネオクラで、曲面の大型ボディやクルマを彷彿とさせるフロントグリルが魅力だ。新たにロゴを大胆に入れたツヤ消し黒を投入し、ツートーンカラーのエバージョンに青×銀、赤×白を […]

プジョー創業210周年! スクーター「ジャンゴ125 ABS」にリミテッドエディション登場

aideaは、2020年9月26日にプジョーが創業210周年を迎えることを記念して、「ジャンゴ(Django)125 ABS 210周年リミテッドエディション」を21台限定で発売すると発表した。発売は同日、2020年9月26日だ。価格は43万7800円。 トリコロールのスペシャルカラーに専用の210ロゴをあしらう aideaが発表した「ジャンゴ125 ABS 210周年リミテッドエディション」は、 […]

’20新車バイク総覧〈スクーター|外国車#1/3〉BMW&プジョー

オートマ仕様のエンジンに、イージーな乗降性とライポジ、そして広大な収納スペースと実用性の高いスクーター。大排気量車になれば防風性や収納を活かして高速ツーリングもこなせる。個性派海外勢からまずはBMWとプジョーのラインナップを紹介する。■BMW C650GT/スポーツ|C400GT/X ■プジョー ジャンゴ シリーズ|シティスター125シリーズ|スピードファイトシリーズ|ツイート150 BMW C6 […]

プジョー ジャンゴ アリュールに150ccモデルが追加【高速ロングツーリングもOK】

1950年代の名車・プジョーS55を現代に復刻させたネオレトロスクーター「ジャンゴ」シリーズ。ブラウン×ブラックのツートンカラーがさらにクラシカルなジャンゴ・アリュールに、高速走行も可能な150ccモデルが追加された。 現存する世界最古のモーターサイクルブランド・プジョーが初のスクーター「S55」を世に送り出したのは1953年。その流れるようなクラシカルボディラインを21世紀に蘇らせたのがジャンゴ […]

【40台限定】高速道路も走れる! 軽量スクーター「プジョー ツイート 150 ABS スペシャルエディション」

アディバ(ADIVA)は、欧州でポピュラーなハイホイール(大径ホイール)スクーター「プジョー ツイート(PEUGEOT TWEET)」に、利便性をさらに高めた特別仕様車を設定。150ccの軽二輪「ツイート 150 ABS スペシャルエディション」を、2019年8月9日より発売する。 乾燥重量109kg、16インチホイールで悪路に強い プジョーのシティコミューター「ツイート(TWEET)」は、石畳な […]

令和に買いたい!【レトロスタイル スクーター】2019ニューモデル大集合

趣味性のある250㏄オーバーから、生活の足に便利な小型モデルまで一挙掲載。近頃は、元気のなかった250~400ccのビッグスクーターが高性能になって復活したことがトピック。コミューター系は、世界的な電動化の流れを反映し、徐々にEVが充実……と様々な波が押し寄せている。 欧州スクーターと国産の価格差も縮まる傾向 ’00年代のビッグスクーターブームが終焉を迎えた後、排ガス規制の荒波もあり、 […]

知っていましたか? 世界最古のモーターサイクル・ブランドがプジョーということを

ADIVAは、ネオレトロスクーターのプジョー・ジャンゴシリーズに「ジャンゴ150 ABS 120thリミテッドエディション」を設定。2019年2月に125ccバージョンを限定100台で発売していたが、今回は150ccモデルの登場だ。発売日は5月24日。 フランスのプジョーとは……? 120周年記念モデルを紹介する前に、その120年の歴史を知っておきたくなる。なにせ、トライアンフやハーレー、ハスクバ […]

個性派海外バイクブランドの2019年モデルをチェック〈英仏台etc.×一挙18台〉

2018年10月のインターモトショーから11月のミラノショーにかけて、世界のニューモデルが一気に登場したことは記憶に新しいだろう。WEBヤングマシンでは新車情報を逐一お届けしてきたが、本特集「2019世界の新車総図鑑」にてここまで判明しているラインナップをあらためて整理しておきたい。本稿ではふだんはなかなか目にすることのない個性的な海外バイクブランドのうち、イタリア以外のヨーロッパ車&アジア車(ハ […]

マシン・オブ・ザ・イヤー2021
マシン・オブ・ザ・イヤー2021

WEBヤングマシン|最新バイク情報