カワサキW800シリーズ [’22後期 新型バイクカタログ]:空冷バーチカルツインの国産ネオクラ3兄弟

カワサキW800シリーズ [’22後期 新型バイクカタログ]

●文:ヤングマシン編集部(伊藤康司 田宮徹 宮田健一) ※情報更新日︙2022年7月10日

カワサキW800シリーズ 概要

W1こと650RSに始まるカワサキWシリーズのDNAを現代に受け継ぐ空冷バーチカルツインのネオクラシック。ベーシックなストリート/ビキニカウルとローハンドルでスポーティなカフェ/フロント19インチでもっともクラシカルな最上級版となる無印の3バリエーションで展開されている。そのエンジンは、’99年デビューのW650に採用されたベベルギヤとシャフトでバルブカムを駆動する独特のOHC機構。国内モデルは’22から新排出ガス規制に適合する型式認定を取得し、同時に車体色も3バリエーションそれぞれに新色が与えられた。

カワサキW800シリーズ

一見OHV風だが、チェーンの代わりに回転方向を直角に変えるベベルギヤを使ってカムシャフトを駆動する独自のOHC機構を採用する。 [写真タップで拡大]

あえてクラシカルな雰囲気を大事にし、液晶部面積も最小限としたアナログ2連メーター。3バリエーションそれぞれで文字盤の背景デザインは異なっている。

W800シリーズは異なるハンドルとシートを採用し、3タイプそれぞれでライディングポジションはまったく異なっている。写真左がストリートで、右がカフェ。無印W800のハンドル高はその中間だ。 [写真タップで拡大]

カワサキW800シリーズ

あえてクラシカルな雰囲気を大事にし、液晶部面積も最小限としたアナログ2連メーター。3バリエーションそれぞれで文字盤の背景デザインは異なっている。 [写真タップで拡大]

’22 カワサキW800 [STD]

主要諸元

カワサキW800[STD]

【’22 KAWASAKI W800】■空冷4スト並列2気筒SOHC4バルブ 773cc 52ps/6500rpm 6.3kg-m/4800rpm ■車重226kg シート高790mm 15L ■タイヤサイズF=100/90-19 R=130/80-18 ●色:キャンディファイアレッド×メタリックディアブロブラック ●価格:117万7000円 [写真タップで拡大]

ライディングポジション

カワサキW800|ライディングポジション

W800シリーズの中で、もっともスタンダードでバランスがいい。ハンドルはローハンドルで、シート高は790mmだ。[身長175cm/体重62kg] ※写真は’20モデル [写真タップで拡大]

エンジン

'22 W800|エンジン

回転方向を直角に変えるベベルギヤを使ってカムシャフトを駆動する独自のOHC機構。W650時代から始まった。STDのエンジンは黒を基調とするストリート/カフェとは異なりシルバー仕上げだ。 [写真タップで拡大]

足まわり

 W800|足まわり

フェンダー/アウターフォークもシルバーと、全体的にメッキ仕様。フロントホイールは19インチだ。※写真は’20モデル [写真タップで拡大]

主要装備

カワサキW800|メーター

クラシカルな雰囲気のアナログ2連メーター。液晶部も最小限だ。バリエーションそれぞれで文字盤デザインは異なっている。 [写真タップで拡大]

カワサキW800|スタンド/シート

STDはW800シリーズ中センタースタンドを唯一装備。カフェが標準搭載していたタンクパッドやグリップヒーターも採用している。シートは三機種それぞれで異なるが、STDは厚いクッションと白いパイピングが特徴だ。※写真は’20モデル [写真タップで拡大]

’22 カワサキW800ストリート:18インチの軽快仕様

ベーシックモデルで前後タイヤは18インチ。シンプルなデザインや装備でクラシカルさとモダンさを両立。ハンドルの高さはシリーズ中でもっとも高い位置に設定される。’22は縦にストライプが入ったエボニー×グレーの1色設定だ。

主要諸元

カワサキW800ストリート

【’22 KAWASAKI W800 STREET】■空冷4スト並列2気筒SOHC4バルブ 773cc 52ps/6500rpm 6.3kg-m/4800rpm ■車重221kg シート高770mm 15L ■タイヤサイズF=100/90-18 R=130/80-18 ●色:エボニー×メタリックマットグラフェンスチールグレー ●価格:108万9000円 [写真タップで拡大]

ライディングポジション

カワサキW800ストリート|ライディングポジション

高いアップハンドルを採用しており、上半身はほぼ完全な直立姿勢を取る。シート高は3モデルの中で最も低い770mm。※写真は’19モデル [写真タップで拡大]

足まわり

カワサキW800ストリート|足まわり

STDの19インチフロントホイールに対し、ストリート/カフェは18インチを履く。 [写真タップで拡大]

主要装備

カワサキW800ストリート|シート

ストリートのシートもSTDと同様のタックロールタイプ。パイピングはシートと同じ黒で統一されているほか、厚みも異なる。※写真は’19モデル [写真タップで拡大]

’22 カワサキW800カフェ:カフェスポーツ仕立て

ビキニカウルと段付きのツートーンシート、そしてM字形状のローハンドルでカフェレーサースタイルに仕上げたバージョン。前後輪は18インチを採用する。’22は鮮烈なゴールドのストライプが入ったブラック色が設定された。

カワサキW800カフェ

【’22 KAWASAKI W800 CAFE】■空冷4スト並列2気筒SOHC4バルブ 773cc 52ps/6500rpm 6.3kg-m/4800rpm ■車重223kg シート高790mm 15L ■タイヤサイズF=100/90-18 R=130/80-18 ●色:メタリックディアブロブラック×メタリックフラットスパークブラック ●価格:121万円 [写真タップで拡大]

ライディングポジション

カワサキW800カフェ|ライディングポジション

カフェは見ての通り前傾となるが、スワロータイプのハンドルが身体に近く扱いやすい。シート高自体はSTDと同じ790mmだ。※写真は’19モデル [写真タップで拡大]

主要装備

カワサキW800カフェ|グリップ

STDの登場まではカフェのみがグリップヒーターを標準搭載していた。左のスイッチでオン/オフを切り替えられる。※写真は’19モデル [写真タップで拡大]

カワサキW800カフェ|シート

茶色と黒のツートーンカラーのカフェシートを採用。アルミリムはブラック仕上げで、ハブも同様だ。※写真は’19モデル [写真タップで拡大]


※本記事は”ヤングマシン”が提供したものであり、著作上の権利および文責は提供元に属します。なお、掲載内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な記載がないかぎり、価格情報は消費税込です。

カワサキW800シリーズに関連する記事

カワサキ「Z900」「Z900SE」がカラーチェンジ! イメージ踏襲しつつ全グラフィックを刷新【欧州】

カワサキは欧州で、2023年モデルのZ900シリーズを発表した。Z900RSと同様に足まわりを強化したSEもラインナップされ、いずれも全てニューカラーに刷新された。このほかニンジャ1000SXやW800、バルカンSにもニューカラーが登場している。 従来のホワイトを廃止し、グレー系のトーン違いでカラーバリエーションを構成 Z900RS、Z650RSに続き、欧州カワサキはZ900/Z900SEの202 […]

カワサキ「W800/ストリート/カフェ」に2023年のニューカラー! 発売日は8月10日・9月15日

カワサキモータースジャパンは、カワサキが50年にわたって育んできた「W」ブランドの最新進化系、W800/W800ストリート/W800カフェにニューカラーを設定し、2023年モデルとして発売する。前年モデルで新排出ガス規制に適合し、カワサキケアモデルに設定されている。 トラディショナルカラーのW800と、モダンな雰囲気のW800ストリート/W800カフェ カムシャフトの駆動にベベルギヤを用いた、美し […]

カワサキW800シリーズ/メグロK3 今や国産唯一の空冷ビッグバイクは“癒やし力”も国産随一! 〈YM的新車バイクざっくり解説〉

「このバイクって、どこが良いの?」バイク好きなら一度は口にしているであろうこのセリフ。そんな疑問に一発回答! 日夜ニューモデルに触れまくっているヤングマシン編集部が、取材で得た裏話も交えて注目モデルの魅力のキモをピンポイントで伝えます。今回は、現行国産車では唯一、ユーロ5規制をクリアしている空冷大排気量車・カワサキW800系/メグロK3だ。 乗るだけで癒やされる希少な国産大型車 往年のW1シリーズ […]

カワサキW800シリーズ [’22後期 新型バイクカタログ]:空冷バーチカルツインの国産ネオクラ3兄弟

カワサキW800シリーズ 概要 W1こと650RSに始まるカワサキWシリーズのDNAを現代に受け継ぐ空冷バーチカルツインのネオクラシック。ベーシックなストリート/ビキニカウルとローハンドルでスポーティなカフェ/フロント19インチでもっともクラシカルな最上級版となる無印の3バリエーションで展開されている。そのエンジンは、’99年デビューのW650に採用されたベベルギヤとシャフトでバルブカ […]

カワサキW800試乗インプレッション【規制適合後も味わいは不変】

’19年に復活したカワサキのW800シリーズと、その派生車として’21年に登場したメグロK3が、揃って’22モデルで新排出ガス規制に対応した。エンジンに関するスペックはほぼ変わっておらず、W800シリーズに関しては車体色の変更とカワサキケアモデルの設定が主な変更点。今回はSTDに試乗した。 ’22 カワサキW800 概要 [◯] 規制強化のネガはなし。この味わいは唯一無二 […]

今度は鮮やかな赤! カワサキ「W800シリーズ」が全てニューカラーの2022年モデルに

カワサキモータースジャパンは、カワサキが50年にわたって育んできた「W」ブランドの最新進化系、W800/W800ストリート/W800カフェにニューカラーを設定し、2022年モデルとして発売する。新たにカワサキケアモデルに設定されたほか、新排出ガス規制に適合して型式指定・認証番号を変更。WMTCモード燃費もわずかに変化した。 トラディショナルカラーのW800と、モダンな雰囲気のW800ストリート/W […]

登場から10年【カワサキW800誕生ストーリー】 開発者に聞いた「空冷・クラシックテイストへのこだわり」

W650の後継として、2011年に登場したW800 1999年のW650登場からは20年以上、この後、2011年に登場したW800となってからも10年を経過したカワサキWシリーズ。 年々厳しくなる排出ガス規制の影響で2016年には一度生産終了となるものの(こちらを当記事では表記上「初代W800」とする)、2019年には核となる空冷バーチカルツインをより進化させて再登場(こちらを「2代目W800」と […]

超快適! パフォーマンスダンパーでカワサキW800の振動が激減〈アクティブ〉

高圧窒素ガス封入オイルダンパーをベースに開発された”パフォーマンスダンパー”は、路面やエンジンが生み出す振動を吸収するもの。開発はヤマハ発動機だが、アクティブが新たに他メーカー用をラインナップした。 乗り味が上質となり鼓動感もよりクリアに バイクが走るとエンジンの振動や路面の凹凸などによってフレームが細かく変形し続ける。サスペンションで例えるとスプリングの動きを抑制する減衰 […]

最新の記事

WEBヤングマシン|新車バイクニュース