カワサキW800シリーズ[新型バイクカタログ]:”Z”と並ぶカワサキ伝統の”W”

W800シリーズ 概要

W1の空冷バーチカルツインDNAを現代に受け継ぐネオレトロモデル。OHVのプッシュロッドを思わせるSOHCベベルギヤ駆動用シャフトを右横に露出したエンジンは、ユーロ4相当の国内排出ガス規制をクリア。フロント19インチホイールでもっともクラシカルな雰囲気を見せるSTD/アップハンドル仕様で価格も含めもっともベーシックな位置づけとなるストリート/カフェレーサー仕様のカフェと3タイプが揃っている。

’21 W800

'21 カワサキW800|メタリックオーシャンブルー

【’21 KAWASAKI W800:前19インチ仕様■空冷4スト並列2気筒SOHC4バルブ 773cc 52ps/6500rpm 6.3kg-m/4800rpm ■車重226kg シート高790mm 15L ■タイヤサイズF=100/90-19 R=130/80-18 ●色:メタリックオーシャンブルー ●価格:110万円 ●発売日:’20年10月1日 [写真タップで拡大]

’21 W800ストリート

'21 カワサキW800ストリート|メタリックマットグラファイトグレー×メタリックフラットスパークブラック

【’21 KAWASAKI W800 STREET:アップハンドル仕様】シンプルな塗装やデザインで価格もリーズナブルなストリート。ハンドルは3車中でもっともアップライトな設定だ。’21カラーは灰×黒。■車重221kg シート高770mm ■タイヤサイズF=100/90-18 R=130/80-18 ●色:メタリックマットグラファイトグレー×メタリックフラットスパークブラック ●価格:101万2000円 ●発売日:’20年10月1日 [写真タップで拡大]

’21 W800カフェ

'21 カワサキW800カフェ|メタリックグラファイトグレー×メタリックディアブロブラック

【’21 KAWASAKI W800 CAFE:カフェレーサー仕様ビキニカウル/M字ローハンドル/段付きシートでカフェレーサー調に仕上げたモデル。’21カラーは灰×黒、シートは緑だ。■車重223kg ●色:メタリックグラファイトグレー×メタリックディアブロブラック ●価格:113万3000円 ●発売日:’20年10月1日 [写真タップで拡大]


※本記事の内容はオリジナルサイト公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な表記がないかぎり、価格情報は税込です。

W800シリーズに関連する記事

今度は鮮やかな赤! カワサキ「W800シリーズ」が全てニューカラーの2022年モデルに

カワサキモータースジャパンは、カワサキが50年にわたって育んできた「W」ブランドの最新進化系、W800/W800ストリート/W800カフェにニューカラーを設定し、2022年モデルとして発売する。新たにカワサキケアモデルに設定されたほか、新排出ガス規制に適合して型式指定・認証番号を変更。WMTCモード燃費もわずかに変化した。 トラディショナルカラーのW800と、モダンな雰囲気のW800ストリート/W […]

登場から10年【カワサキW800誕生ストーリー】 開発者に聞いた「空冷・クラシックテイストへのこだわり」

W650の後継として、2011年に登場したW800 1999年のW650登場からは20年以上、この後、2011年に登場したW800となってからも10年を経過したカワサキWシリーズ。 年々厳しくなる排出ガス規制の影響で2016年には一度生産終了となるものの(こちらを当記事では表記上「初代W800」とする)、2019年には核となる空冷バーチカルツインをより進化させて再登場(こちらを「2代目W800」と […]

超快適! パフォーマンスダンパーでカワサキW800の振動が激減〈アクティブ〉

高圧窒素ガス封入オイルダンパーをベースに開発された”パフォーマンスダンパー”は、路面やエンジンが生み出す振動を吸収するもの。開発はヤマハ発動機だが、アクティブが新たに他メーカー用をラインナップした。 乗り味が上質となり鼓動感もよりクリアに バイクが走るとエンジンの振動や路面の凹凸などによってフレームが細かく変形し続ける。サスペンションで例えるとスプリングの動きを抑制する減衰 […]

カワサキ「W800」欧州の新色は鮮やかな赤×黒! 次の日本仕様も同カラーを採用か

カワサキは、欧州向けのW800にニューカラーを設定し、2022年モデルとして発売すると発表した。2019年の発表時からユーロ5に準拠していたエンジンや車体に変更はない。 空冷エンジンの魅力をそのままに、鮮やかなレッドへお色直し カワサキは、半世紀以上の歴史を誇るWファミリーの最新版「W800」の欧州仕様にニューカラーを設定し、2022年モデルとしてラインナップする。ベベルギヤでドライブされるカムシ […]

’21新型メグロK3×’65旧型K2 丸山浩試乗比較インプレ【比べてみたか? これは真正メグロだ!】

1924年(大正13年)に創業した目黒製作所。そのブランド名「メグロ」が令和に復活した! ベース車両に選ばれたのはWの末裔=W800。’65年製のカワサキ500メグロK2と比較検証し、この名車の後継「K3」を名乗るのにふさわしいのか、試乗経験豊富な丸山浩がガチでジャッジする! W800を選んだのは必然。高性能の象徴が令和に蘇る カワサキは自社の大排気量モーターサイクルの礎であるメグロブ […]

カワサキが海外で「W800」「W800カフェ」の新色を発表! 前例に従い日本にも導入か

カワサキモーターインドネシアは、2022年モデルとしてニューカラーの「W800」および「W800 CAFE」を発表した。W800はキャンディ系の赤を新グラフィックに組み合わせたもの。W800カフェはスポーティなストライブが入った黒×金になっている。 カワサキの2022年モデルラッシュが止まらない! この6月上旬から、カワサキは北米における「ニンジャZX-14R」や「Z900RS/カフェ」、「Zシリ […]

2021新車バイクラインナップ〈大型ヘリテイジクラス|日本車最新潮流解説〉

大ヒットのZ900RSに続いて、Wシリーズの原点であるメグロブランドを復活させるカワサキ。新生カタナの充実をはかるスズキ。ホンダはCB1300がレジェンドの域に。ヤマハのXSRシリーズもモデルチェンジが近いか。懐かしいが大型ヘリテイジクラスはもっともホットなカテゴリーだ。 大型ヘリテイジ:Z900RSの大人気に高まるネオレトロ市場 最近は日本のみならず世界的に往年の名車をモチーフにしたレトロ風味の […]

カワサキ’21モデルの新色はほぼ出揃った!〈後編|Z900RS/W800/バルカンS〉

Z900RS/カフェ:ゼファー風ツートーンが追加 ’18年の登場以来、ベストセラーに輝くZ900RS/カフェに新色が設定された。RSは黒ベースに銀の水平ストライプを採用。シックながらスピーディな配色は、’05ゼファーシリーズがモチーフと見られる。従来色の黒を廃し、緑×黄は継続だ。カフェは、黒に茶色のグラデーションを配した激シブ色が登場し、2→1色設定となった。 W800:現 […]

刺さる色使いに刷新! カワサキ「W800」シリーズに’21ニューカラー登場、本日10/1発売

カワサキが50年にわたって育んできた「W」ブランドの最新進化系、W800シリーズが2021年モデルとしてのニューカラーを纏って登場する。360度クランクの空冷バーチカルツインエンジンの鼓動感をはじめとする主要諸元、および価格(101万2000円~113万3000円)に変更はなく、2020年10月1日に発売される。 トラディショナルカラーのW800と、モダンな雰囲気のW800ストリート/W800カフ […]

カワサキ2021年モデル「W800ストリート」は鈍色の銀タンクにオレンジライン!【写真を追加入手】

カワサキが50年にわたって育んできた「W」ブランドの最新進化系、W800シリーズの2021年モデルでニューカラーを纏って登場する。以前の記事でお届けしたW800ストリートについて、分かりにくかった燃料タンク上のストライプの写真を追加入手したので、改めて紹介したい。主要諸元および価格については2020年モデルから変更はない。 モダンスタイルのW800ストリートは、グレーの燃料タンクにオレンジ×イエロ […]

刺さる色使いに刷新! カワサキ「W800」シリーズに’21ニューカラー登場、シックな’20から一転

カワサキが50年にわたって育んできた「W」ブランドの最新進化系、W800シリーズが2021年モデルとしてのニューカラーを纏って登場する。360度クランクの空冷バーチカルツインエンジンの鼓動感をはじめとする主要諸元、および価格(101万2000円~113万3000円)に変更はなく、2020年10月1日に発売される。 トラディショナルカラーのW800と、モダンな雰囲気のW800ストリート/W800カフ […]

’20新作カスタムスタイル〈プロト〉×5モデル【ADV150 W800 etc.】

ホンダADV150カスタム:話題のSUVスクーターにカスタムパーツが続々登場 ’20モデル注目のADV150にカスタムパーツが登場。車両生産国であるタイのホンダ系アクセサリブランド・H2Cや、やはりタイのビレットパーツメーカー・BIKERSが展開する各種車体パーツや、MRAの延長スクリーン、そしてプロト渾身のツーリングバッグブランド・IGAYAのキャンプバッグでまとめ上げ、普段の街中か […]

’20カワサキW800試乗インプレッション【見た目は変わらず中身は大幅に進化】

生産終了から3年ぶりとなる’19年に復活したカワサキのネオクラシックモデル・W800シリーズは、往年のスタイルや並列2気筒エンジンといった伝統を継承しつつ、新設計のフレームや前後ディスクブレーキなど、走行性能が大幅に向上。今回は3番目に発売されたスタンダードモデルに試乗した。 [○]フロント19インチの味わい。これぞスタンダード ’19年、3年ぶりにカワサキのネオクラシック […]

’20新車バイク総覧〈大型ヘリテイジ|国産車#2/4〉カワサキ

遺産/伝統を意味する”ヘリテイジ”な外観ながら、走りは現代的なネオクラシック。往年の名車リバイバルが近頃の潮流だ。そのトレンドの火付け役となった大ヒットモデルカワサキZ900RSシリーズとクラス大本命のW800シリーズを紹介する。 Z900RS:名車”Z”の末裔は不滅のスタイルと最新メカが競演 ティアドロップ型の燃料タンクに丸眼ヘッドライトなど’70年代の名車「 […]

’20新車バイク総覧〈大型ヘリテイジ|国産車#1/4〉新車展望

遺産/伝統を意味する”ヘリテイジ”な外観ながら、走りは現代的なネオクラシック。往年の名車リバイバルが近頃の潮流で、’18年はカワサキ Z900RS、’19年はスズキ KATANAの登場で大いに沸いた。’20年はダブワンを意識したカワサキ W800が復活。名車モチーフがますます増えるか? 新作ラッシュは一段落も、リバイバル系が年々増加 トラ […]

WEBヤングマシン|最新バイク情報