ハーレーダビッドソン パンアメリカ1250/スペシャル[新型バイクカタログ]:バイク版ハマー? 雄大ADV発進

パンアメリカ1250/スペシャル

パンアメリカ1250/スペシャル 概要

パンアメリカはハーレー初のアドベンチャーで新規層を開拓すべく’21で投入された。完全新設計の1250ccVツインは、ストリート750以来の水冷で152psのハイパワーを発生。エンジンを強度メンバーにした分割式フレームにより、軽量化も図る。スペシャルは、停車中にシート高を低く自動調整する新機構を世界初搭載。独自設定で味付けしたショーワ製電子制御サスペンションも採用する。

’22ではビークルヒルホールドコントロールの作動時間を従来よりも延長。カラーリングも一部変更となり、スタンダードではリバーロックグレーに代わってガントグレーメタリックが追加され、スペシャルはバハオレンジ、デッドウッドグリーンに変わりファストバックブルー×ホワイトサンドが加えられている。

’22 パンアメリカ1250スペシャル

ハーレーダビッドソン パンアメリカ1250スペシャル

【’22 HARLEY DAVIDSON PANAMERICA 1250 SPECIAL】■水冷4ストV型2気筒DOHC4バルブ 1252cc 152ps/8750rpm 13.05kg-m/6750rpm ■車重258kg シート高850〜875mm 21.2L ■タイヤサイズF=120/70R19 R=170/60R17 ■ブルートゥース ●色:ファストバックブルー×ホワイトサンドパール ビビッドブラック ガーントレットグレーメタリック ●価格:274万5600円~ [写真タップで拡大]

ハーレーダビッドソン パンアメリカ1250スペシャル
ハーレーダビッドソン パンアメリカ1250スペシャル

カラーバリエーションはブルー×ホワイト/ブラック/グレーの3色展開。 [写真タップで拡大]

’22 パンアメリカ1250

STD仕様は、シート高の自動調整機能/電子制御サスペンション/コーナリングライトが非装備。タッチパネル式メーターほか充実の電脳は共通だ。

ハーレーダビッドソン パンアメリカ1250

【’22 HARLEY DAVIDSON PANAMERICA 1250】■車重245kg ■ブルートゥース ●色:ビビッドブラック ガーントレットグレーメタリック ●価格:235万7300円~ [写真タップで拡大]

ハーレーダビッドソン パンアメリカ1250

カラーバリエーションはブラック/グレーの2色展開。 [写真タップで拡大]


※本記事の内容はオリジナルサイト公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な表記がないかぎり、価格情報は税込です。

ハーレーダビッドソンに関連する記事

高い顧客満足度を誇る老舗ディーラー=ハーレーダビッドソン所沢〈厳選ハーレーショップガイド〉

ディープで楽しいハーレーライフを満喫するには、頼りになるショップの力が欠かせない。ここでは『ウィズハーレー』誌が、鉄馬との人生を強力にバックアップしてくれるプロショップを紹介。今回は整備スキルとアフターサービスに絶対の自信を持つという、埼玉県のハーレーダビッドソン所沢だ。 ビギナーも訪れやすいアットホームな雰囲気が魅力 日本初の飛行場の跡地に広がる所沢航空記念公園や、東京都の水源として重要な狭山湖 […]

【ハーレーカスタム】空冷スポーツスター=フォーティエイトはまだまだ激アツ!〈独リックスモーターサイクルス〉

ハーレーダビッドソン正規ディーラーであり、パーツサプライヤーとしても世界に名高い、ドイツの Rick’s Motorcycles(リックスモーターサイクルス)の最新フォーティエイトカスタムを紹介しよう! Big Foot Sportster “48”:どんな道も走破する”サバイバルバイク” ノーマル前後16インチの足まわりを1インチアップ(フロント1 […]

冬は仕事に集中し、夏に弾けるハーレー乗り〈ハーレーダビッドソンのある暮らし〉

手に入れれば、生活のすべてが変わる可能性を秘めている。それがハーレーダビッドソンという乗り物だ。そんな暮らしを満喫中の個性派オーナーたちを、『ウィズハーレー』誌が全国を渡り歩いてピックアップ。今回はFXDLローライダーに乗るTさんのハーレーライフを紹介しよう。 夏の北海道、少ない時間に弾けるようにバイクを乗り回す Tさんの愛車は、ツインカム88エンジンが搭載されたローライダー。ダイナフレームのモデ […]

【ハーレーツーリング】あまり言葉を交わさなくとも、仲間と走るのは楽しい〈静岡・大井神社〉

ハーレーカスタムやインジェクションチューニングを手がけるHSC(静岡県)は、ユーザーとの交流も盛んに行なっている。ツーリングイベントも精力的に開催し、’22年最初のツーリングは全員で願掛けする初詣ショートランだった。初詣ツーリングを計画したのは’21年末ごろ。ちょうどコロナの第5波が収まっていた時期だった。そのままなら問題なかったのだが、その後に第6波が襲来。本来はランチパ […]

【ナイトスター試乗】軽快19インチ&ミッドコンでパパサンファンの心も満たす! 新スタンダード”975″に脱帽!!

重量級クルーザーを主軸とするハーレーダビッドソンのラインナップの中で、1957年に初代が誕生して以来、そのネーミングが示すとおりスポーツライディングも堪能できるモデルとして支持されてきたスポーツスター。空冷エンジンを水冷化したスポーツスターSへとバトンを渡したが、同じDOHC4バルブの60度Vツインを積む「ナイトスター」もデビュー。ついに乗ることができた! 専用設計の975ccエンジンを搭載! フ […]

【ハーレーカスタム】低く太く魅せる! ブレイクアウト・トライジャスタイル

ハーレーダビッドソンにとって「カスタム」は、切っても切れない楽しみのひとつ。ここでは『ウィズハーレー』誌が、多くのオーナーの参考となりそうな最新カスタム車両を紹介する。今回はカスタム全般を得意とするトライジャ(大阪府)が手がけたFXBRS114ブレイクアウトだ。 ブレイクアウトの魅力をさらに引き出す、要所を押さえたカスタム ロー&ロングでグラマラス、流麗なシルエットが美しいブレイクアウトの魅力をよ […]

【ハーレーカスタム】サンダンス スーパーリアルナックル:妥協なき姿勢で旧車が再現された究極の1台

新車のようなナックルが今の時代にあったら… 1936年に登場したナックルヘッドから現行のミルウォーキーエイトに至るまで、挟角45度のVツイン空冷OHVというエンジン形式をキープし続けているハーレーだが、そんな古典的な機構ゆえ、その特徴を活かした“旧車的”アプローチのカスタムが多く見られるのはご存じのとおり。その中で究極の存在が、ここに紹介するサンダンスの「スーパー“リアル”ナックル」である。 &# […]

ストイックでシンプルなショベルボバー〈ハーレーカスタムトレンドニュース〉

常に数多くのビンテージハーレーを在庫販売しているマイパフォーマンス(山梨県)。扱う車種は当時のストックからフルカスタムまで様々だが、不動の人気となっているのがショベルエンジンを搭載したボバーやチョッパーだ。今回は’76年式のショベルをベースにしたボバーカスタムを紹介しよう。 ’70年代スタイルを踏襲したオールドスクールカスタム ハーレーのカスタムは、’70年代に […]

ホーム
WEBヤングマシン|新車バイクニュース