BMW S1000R [新型バイクカタログ]:電脳を満載。RRがベースのハイパーネイキッド

BMW S1000R

※情報更新日:’22年1月27日

S1000R 概要

S1000RRをベースに、公道重視の出力特性やバーハンドルを与えたストリートファイター。’21でフレックスフレームを採用した現行RRベースに進化した。心臓部は165psとし、低中速域パワーを増強。ハンドリングは軽やかだ。ギヤ比も4~6速をロング化した。電脳デバイスも一挙に充実しており、走行モードやトラコン、バンク角最適化機能を持つABSプロは6軸IMUの情報を基に精緻な制御を行う。オプションでシフターや電サス、カーボンホイールまで選べる。

’21 S1000R

BMW S1000R

【’21 BMW S1000R】■水冷4スト並列4気筒DOHC4バルブ 999cc 165ps/11000rpm 11.62kg-m/9250rpm ■204kg シート高810〜850mm 16.5L ■タイヤF=120/70ZR17 R=190/55ZR17 ■クイックシフター(アップ&ダウン)※オプション/ブルートゥース ●色:ライトホワイト レーシングレッドユニ ホッケンハイムシルバーメタリック ●価格:178万円~ [写真タップで拡大]

BMW S1000R

[写真タップで拡大]

BMW S1000R

カラーバリエーションはホワイト/レッド/シルバーの3色展開。 [写真タップで拡大]


※本記事の内容はオリジナルサイト公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な表記がないかぎり、価格情報は税込です。

BMWに関連する記事

BMW Mシリーズ50周年! アニバーサリーモデルとして「M1000RR 50Years M」が登場

BMWがMシリーズの50周年を記念して、「M1000RR 50Years M」として鮮やかなイエローをまとった限定モデルを発表した。まずは欧州で受注を開始し、2023年には日本でも発売予定だ。 モータースポーツの歴史のなかで煌めくBMW M 1972年に始まったBMW Mの輝かしい軌跡は、今年ついに50年目へ。これを記念してバイクとしては初のMの称号を与えられたM1000RRのアニバーサリーモデル […]

【アドベンチャー・ツアラー人気のナゼ?】世界では大きく逞しいほうが好きなライダーが多い!

ルーツは砂漠の戦場!? 1980年代ダカール・ラリーでBMWが新しいカテゴリーを生んだ 最近Newモデル情報で見かけることの多いアドベンチャー・ツアラー。今までのツアラーとは異なり無骨で逞しい。砂漠や大自然の中を駆けるサバイバルなイメージが、どうして旅バイクとオーバーラップするのか。 まずアドベンチャー・ツアラーというカテゴリーを知る上で、なくてはならないのがBMWのR80G/Sというルーツ。 フ […]

「BMW、ドゥカティに続きバイクメーカー公式コラボレゴにベスパ125が登場」ピース数1000以上の大人向け!?

「バイクメーカー公式コラボレゴ」からベスパ、BMW、ドゥカティの3種類を紹介 1932年に創業したデンマークの玩具会社、レゴ社が製造販売する「レゴブロック」。子供に親しまれるだけでなく大人のファンも多いのが特徴で、LEGO社は歴史的建造物などを忠実に再現したピース数が多く組み立て難易度も高い「大人向けレゴ」ラインを用意しています。 そんなレゴから2022年3月1日「レゴ ベスパ125」が発売されま […]

BMW G310GSのツーリング性能を高めるカスタムパーツ登場〈キジマ〉

BMW GSシリーズは、高いオフロード走破性能と快適な高速巡行性能を両立し、アドベンチャーマシンを代表する人気モデル。そのGSシリーズにあって、単気筒エンジンを搭載し、余裕ある高速巡行性能を維持しつつ、より軽快なオフロード走破性能を実現しているのが「G310GS」だ。このG310GSでのツーリングをより快適にするアイテムを、カスタムパーツメーカーとして高い信頼と実績を持つキジマが開発中。一部市販も […]

スポーツできるロードスター! BMW S1000R試乗インプレッション【電子制御満載のMパッケージ】

BMWのダイナミックロードスター「S1000R」が初のフルモデルチェンジ。ベースとなっているのは現行S1000RRで、可変カム機構のシフトカムは非採用ながら、先代と同じ最高出力165psを維持する。RRと同様に豪華なMパッケージが用意されたのも話題のひとつだ。 [◯] パワフルだが優しさも。安心感の源は各種電子制御 海外では「シングルR」とも呼ばれているS1000Rが、’21年に初のフルチェンジを […]

日本では認可されず……BMW初のスクーターC1「屋根とシートベルトでノーヘルOKの安全性を確保した画期的な乗り物だった!」

BMWのスクーター・Cシリーズの1号車「C1」 BMW Cシリーズといえば、400ccクラスのC400X、C400GT、そして2022年4月に発売となる電動スクーターのCE 04がラインナップされる、BMWのスクーターファミリーだ。「C」という文字に込められた意味は「コミューター」で、市街地を快適に駆けぬける乗り物をさしている。 そんなCシリーズの元祖は、2000年に発売された「C1」で、BMWら […]

【独占速報】BMW CE 04試乗「新たな電動スクーターは航続距離130km! より軽く、専用のSF的デザインに」

BMW CE 04は「コンセプトモデルほぼそのまま、キレキレのデザイン」 BMWは新たな電動スクーター「CE 04」を2022年、市場に送り出す。BMWはこれを「サイレントレボリューション」(静かな革命)と呼び、電動バイクの新章の始まりとしている。 四輪車の開発で培ったテクノロジーを導入し、最高速度120km/h、0-50km/hが2.6秒という加速性能を持ち、バッテリー残量ゼロから100%までの […]

BMW新型バイク総まとめ【各モデルの熟成を進め、巨艦クルーザーには新顔も】

SS/ツアラー/ADVと全方位抜かりなしのゲルマンブランド スーパースポーツはもちろん、スポーツツアラー/アドベンチャー/クルーザー/スクーターなど非常に豊富なジャンル展開が特徴の総合ブランド、BMW。4輪でもおなじみのドイツメーカーだ。搭載される心臓部も、象徴でもあるボクサーツインを筆頭に並4、並2、シングルなど多彩。 海外発表のみで国内導入時期未定のものもあるが、’22では各代表モ […]

ホーム
WEBヤングマシン|新車バイクニュース