ビモータ テージH2[新型バイクカタログ]:強烈ハブステア+スーパーチャージャーの怪物

'20 ビモータ テージH2

テージH2 概要

イタリアの高級カスタムビルダーとして名高いビモータ。’19にカワサキとタッグを組み、再生を遂げた。その復活第1弾が本作で、象徴の片持ちフロントアーム=センターハブステアと、カワサキH2由来のスーパーチャージド直4を組み合わせる。巨大ウイングのフルカーボン外装も斬新。世界限定250台のまさに特別なマシンだ。

’20 テージH2

'20 ビモータ テージH2|ホワイト×レッド×カーボン

【’20 BIMOTA TESI H2】■水冷4スト並列4気筒DOHC4バルブ スーパーチャージャー 998cc 231ps/11500rpm 14.4kg-m/11000rpm ■車重207kg シート高840±10mm 17L ■タイヤサイズF=120/70ZR17 R=200/55ZR17 ■クイックシフター(アップ&ダウン)/ブルートゥース ●色:ホワイト×レッド×カーボン カーボン ●価格:866万8000円 [写真タップで拡大]

'20 ビモータ テージH2|カーボン
[写真タップで拡大]

カラーバリエーションはホワイト×レッド×カーボン/カーボンの2色展開。

'20 ビモータ テージH2|メインフレーム
[写真タップで拡大]

センターハブステアリングによりメインフレームはミニマム。リンクを介してエンジン背後に前後サスペンションをまとめて配置するなど独創的な構造だ。


※本記事の内容はオリジナルサイト公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な表記がないかぎり、価格情報は税込です。

ビモータに関連する記事

ビモータ「KB4/KB4 RC」初公開! サプライズのネイキッド版も登場のカフェスポーツ

ビモータは、2年前に登場を予告していた「KB4」およびネイキッド版の隠し玉「KB4 RC」を正式発表。ニンジャH2の過給エンジンをハブステアの車体に搭載するテージH2とは異なり、“普通の”倒立フォークや自然吸気4気筒エンジンを搭載しているが、ラジエター配置など細部を見れば、やっぱりクセが凄い! カワサキのエンジンを“ビンテージスピリット”のデザインに包み込む ビモータはEICMA 2021で、2年 […]

-42kgの車体にカワサキの4気筒エンジンを搭載! ビモータ「KB4」スペック先行公開

イタリアのビモータは、カワサキ「ニンジャ1000SX」のユーロ5適合並列4気筒エンジンを搭載するネオクラシックカフェレーサー「KB4」をEICMAで発表する。これに先立ち、スペックが公開された。 866万8000円のテージH2に続くカワサキとのコラボモデル イタリアのコンストラクターであるビモータは、2019年のEICMAでカワサキの支援を受けて復活したことを発表。その際にはハブセンターステアリン […]

【世界一詳しくTESI H2のハブセンターステアリングを徹底研究!】完全分解で“中身”を本邦初公開!

TESI H2のハブセンターステアリングって、いったいナニがどう凄いのか? 世界中のバイクエンスージャストを魅了するイタリアのビモータ。その数ある名車の中でも、TESIシリーズはハブセンターステアリング機構を備えた革新的なバイク。そして2019年に日本のカワサキが資本参加し、第1弾として登場したのが川崎重工業の技術を集結したNinja H2のスーパーチャージドエンジンを搭載した「TESI H2」だ […]

ビモータ新型バイク総まとめ【カワサキとのタッグで’19年より復活】

復活を遂げたイタリアの高級カスタムブランド 高級カスタムビルダー/チューナーとして名高いイタリアのビモータ(BIMOTA)。しばらくの間休眠状態にあったが、’19年にカワサキのサポートによって、その歴史あるブランドが再生されるとの発表がなされ、世界中のバイクファンを大いに驚かせた。体制としては、エンジンなど主要コンポーネントをカワサキが供給するカタチ。 その復活の狼煙として、まず最初に […]

と、通り過ぎちゃった!? ビモータ「KB4」は10月正式発表に向け開発順調!

ビモータは、2019年のEICMAで発表したテージH2に続き予告していたKB4の正式発表を10月とし、SNSではコロナによる混乱を乗り越えて順調な開発が進んでいるをアピール。今回は、ストッピーで通り過ぎるKB4の動画を公開したほか、工場での生産方式を検討している場面(?)も。 シート下にラジエターを配置した、先進のネオクラシックカフェ! ビモータは、カワサキのニンジャ1000SX系・並列4気筒エン […]

謎の水素バイクも登場?! カワサキモータース株式会社、10/1発足…ビモータ等の協業も推進

川崎重工は、昨年11月に発表したグループビジョン2030にもとづき、モーターサイクル&エンジン事業を担う新会社「カワサキモータース株式会社」を発足させると発表した。グループ唯一のB to C事業としてカワサキブランドを牽引し、他社との協業や提携を推進。脱炭素への取り組みも強化していく。 電動化やハイブリッド、さらには水素燃料への対応も……! 川崎重工は2021年6月1日、新会社「カワサキモータース […]

【ビモータ テージH2 試乗記】革新フロントハブステアと超絶ハイパーH2が合体!

イタリアの工房ビモータが開発した革新ハブステアで、ありったけの猛パワーでもおとなしく感じる安心感。それがビモータ・テージH2(Bimota TESI H2)だ。 ロケットダッシュを整然と安定させるスーパー車体 前に突き出たスイングアーム……ビモータのテージH2は、威圧的な大柄カウルも異様だが、前輪を支えるフロントフォークが見えない不気味さで異彩を放つ。これはハブセンターステアといって、フロントホイ […]

ビモータ2021新車バイクラインナップ〈テージH2〉

テージH2:231psエンジンにハブステア! カワサキ ニンジャH2由来のスーパーチャージドエンジンをハブセンターステアの車体に搭載した、新世代のモンスターマシン「テージH2」。フレームレス構造で前後スイングアームはアルミ削り出し。電子制御はニンジャH2からそのまま継承している。世界250台限定で、日本ではモトコルセが輸入。

ビモータ テージH2試乗インプレッション後編【30年の時を経た革命復活への道のり】

ビモータ激動の歴史:プロトタイプ時代にはホンダV4やヤマハ750ccも (前編より続く) ビモータは’73年にバイクの製造を開始。様々な技術革新で世界中に衝撃を与えたが、’81年にボローニャ大学院生だったピエルルイジ・マルコーニ氏とロベルト・ウゴリーニ氏、そしてビモータの当時のチーフデザイナーであるフェデリコ・マティーニ氏による共同作業で、”論文”を意味する「TESI」の研 […]

ビモータ テージH2試乗インプレッション前編【30年前のハブセンターステアリング革命復活】

ついに生産が開始された、スーパーチャージドエンジンとハブセンターステアの車体を掛け合わせたスーパーマシン・ビモータ テージH2に、ヤングマシン初登場となる英国人バイクジャーナリスト、アラン・カスカートが試乗した。 231ps過給エンジン&乾燥重量207kg 「テージH2」の高さ840mmのシートにまたがり、身長180cmの私が信号待ちで両足を地面に接地させた時、最初に気付いたのはカーボン製ウイング […]

カワサキ×ビモータ第2弾! ニンジャ1000SXのエンジンを搭載する「KB4」の姿をキャッチ

866万8000円のテージH2が国内で予約受付を開始され、カワサキ製スーパーチャージドエンジンを搭載するハブセンターステアのマシンが間もなく日本でもお目見えする。そしてビモータ(bimota)は、次なるマシン開発の模様を徐々に明らかにしてきている。 カウル左右のエアインテーク、これはシート下配置のラジエターで確定か ビモータはSNSで1枚の写真を投稿。添えられたメッセージはシンプルに“Test A […]

ビモータ「テージH2」日本国内導入は2021年1月! モトコルセが予約受付を開始

神奈川県厚木市のモトコルセは、ビモータが2019年秋のEICMAで発表したカワサキ製スーパーチャージドエンジンを搭載するハブセンターステアリングモデル「TESI H2(テージH2)」の日本国内における予約注文を開始すると発表した。日本国内への導入時期は2021年1月予定だ。 ハブセンターステアリングのモンスターマシン、ついに国内導入時期と価格が決定! ビモータは2020年10月1日にテージH2の欧 […]

ビモータ×カワサキ「テージH2」の詳細ディテールが判明! シフター、トラコン、電制ステダン他

スペックと価格が明らかになったビモータ「テージH2(bimota Tesi H2)」だが、さらなる詳細が明らかになったのでお伝えしたい。カワサキ「ニンジャH2(Ninja H2)」と同じ電子制御項目を網羅したうえで前後にオーリンズ製サスペンションを採用。さらに電子制御ステアリングダンパーも! 量産バージョンはカーボン柄とトリコローレの2色を展開 ビモータは、カワサキのニンジャH2のスーパーチャージ […]

【最終形態】ビモータ「テージH2」の姿とスペック、価格が明らかに! 欧州販売開始は10月

EICMA2019でドラマチックな復活を遂げたビモータ(BIMOTA)は、カワサキのバックアップを得てスーパーチャージドエンジンを搭載するテージH2(TESI H2)を発表。1年の時を経て量産にこぎつけた。工場では車両の組み立てが始まり、2020年9月9日から予約注文の受付を開始している……! カワサキのスーパーチャージドエンジンを独創のセンターハブステアリングに融合 ついにこの日が来た! ビモー […]

中型4気筒はホンダCBX400Fとビモータ テージ25Rが欲しい【バイク近未来予想】

環境規制の端境期にあり、世代交代の節目を迎えているバイク。ラインナップに大変動が起きるのは必定だ。そこでヤングマシン創刊48年の知恵とカンをベースに、願望&妄想も織り交ぜながら、バイク未来予想を導き出してみた。本ページでは、ZX-25Rから始まる中型4気筒の今後の動きを予想する。 いま胸アツのカワサキに対抗し得るのは、怒涛のホンダしかいない! 久々に復活した250cc4気筒のカワサキ ニンジャZX […]

なにこの2本サス……ビモータ「TESI H2(テージH2)」の車体構成がよくわかる写真を一挙公開

神戸海洋博物館にあるカワサキワールドで6月2日から日本初となる展示が始まったBIMOTA TESI H2だが、それに先駆けてビモータはSNSでフレームレス構造やサスペンションまわりの分解ディテールを公開している。今回の展示では中身まで見ることはできないが、構造を予習してから見に行くと、もっと面白いかも! こうなっていたのか! 「ハブセンターステアリング」とサスペンションリンクの取り回し イタリアの […]

マシン・オブ・ザ・イヤー2021
マシン・オブ・ザ・イヤー2021

WEBヤングマシン|最新バイク情報