KTM 890アドベンチャーシリーズ[新型バイクカタログ]:790の実力を底上げした改良強化型

'21 890アドベンチャーシリーズ

890アドベンチャーシリーズ 概要

’21でデビューした、790の発展進化形。並列ツインはボア×ストロークともアップして889ccに拡大し、ユーロ5をパスしながら+10ps増を果たした。

車体はアルミ製ヘッドチューブで軽量化を促進。燃料タンクはラリーマシン譲りの左右分割式で、低重心化に貢献する。さらにリヤスライドを許容するABSやクルーズコントロールほか電脳も多数採用。オン&オフ両刀のSTDに対し、Rはトラベル量を40mm増やしたホワイトパワー製サスペンションやラリーモードでオフ適性を高めた。

’21 890アドベンチャーRラリー

'21 KTM 890アドベンチャーR ラリー|オレンジ×ホワイト

【’21 KTM 890 ADVENTURE R RALLY】■水冷4スト並列2気筒DOHC4バルブ 889cc 105ps/8000rpm 10.2kg-m/6500rpm ■車重200kg(半乾) シート高910mm 20L ■タイヤサイズF=90/90-21 R=150/70-18 ■クイックシフター(アップ&ダウン) ●色:オレンジ×ホワイト ●価格:239万9000円 [写真タップで拡大]

’21 890アドベンチャーR

'21 KTM 890アドベンチャーR|オレンジ×ホワイト×ブラック

【’21 KTM 890 ADVENTURE R】■シート高880mm ●色:オレンジ×ホワイト×ブラック ●価格:168万9000円 [写真タップで拡大]

’21 890アドベンチャー

'21 KTM 890アドベンチャー|ブラック×グレー

【’21 KTM 890 ADVENTURE】■シート高830-850mm ■ブルートゥース ●色:ブラック×グレー ブラック×オレンジ ●価格:162万9000円 [写真タップで拡大]

'21 KTM 890アドベンチャー|ブラック×オレンジ
[写真タップで拡大]

カラーバリエーションはブラック×グレー/ブラック×オレンジの2色展開。


※本記事の内容はオリジナルサイト公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な表記がないかぎり、価格情報は税込です。

KTMに関連する記事

いま新車で買える!! 林道ツーリングを楽しめるマシンたち〈海外モデル編|ゴーライド編集部厳選〉

これから林道ツーリングに行ってみたいというビギナーやリターンライダー、さらに乗り換えや増車を考えている人たちに向けて、オフロードマシン総合誌『ゴーライド』編集部が選んだ”新車で購入できる/未舗装路もバリバリ走って林道ツーリングを楽しめる”マシンたちを紹介。本記事では海外モデルを一挙掲載するゾ! ファンティック XEF125/250:本格装備のプレミアムトレール 低中速で粘るトルクと高回転までスムー […]

KTM新型バイク総まとめ【オフ系はもちろんオンロード系も改良・強化】

“RADY TO RACE”を掲げるオフもオンも得意なブランド オーストリアのブランド、KTM。オフから出発しており、ラインナップもアドベンチャー/オフロード系が多数。ただオンでも、高い支持を獲得している。 たとえばスーパースポーツ。普通二輪免許ライダーがフルに楽しめる、RC390をラインナップ。一時カタログ落ちしていたが’21年に日本でも復活を遂げ、&#821 […]

【MotoGPコラム Vol.4】KTMに強さをもたらす総合力と、ペドロサ擁するテストチームの進化

2021年シーズンの前半戦で、結果をともなう進化を遂げたKTM。そこから見えるのは、KTMの総合力、そしてテストライダーのダニ・ペドロサの存在だった。 2020年は3度優勝! 2021年はKTM躍進と思いきや…… KTMの2021年シーズン序盤は、苦しい時間だった。第5戦フランスGPまでのリザルトを確認してみると、ほとんどが10位以下に沈んでおり、ブラッド・ビンダー(レッドブル・KTM・ファクトリ […]

ホンダ/KTM/ピアッジオ/ヤマハが交換式バッテリー・コンソーシアムを創設!

ホンダ、ヤマハ、KTM、ピアッジオグループは、欧州におけるバイクおよび軽電気自動車の交換式バッテリーのコンソーシアム(SBMC=Swappable Batteries Motorcycle Consortium)を創設するため、同意書にサインした。 日本では国産4メーカーが参加、欧州では違った顔ぶれに 本田技研工業、ヤマハ発動機、KTM F&E GmbH、ピアッジオグループは2021年9月6日、二 […]

KTM「RC390」がフルモデルチェンジ! スタイリング一新&骨格の軽量化も達成

KTMは、いわゆる中免(普通二輪免許)ライダーがフルに楽しめるスーパースポーツモデル、RC390をフルモデルチェンジし、2022年モデルとして発表した。フレームを新設計とし、エンジンはユーロ5に適合。足まわりの強化と軽量化も両立している。刷新されたボディワークは空力優先のモトGPスタイルだ。 43.5psの軽量シングルスポーツ! KTMは、普通二輪免許で乗れる単気筒スーパースポーツモデル「RC39 […]

KTM 1290スーパーアドベンチャーS/R試乗インプレッション【ビッグオフ界最強の踏破力!】

ダカールラリーにおいて最多優勝記録を持つオーストリアのバイクメーカー・KTM。そんなKTMが作るアドベンチャーツアラー「1290スーパーアドベンチャー」は、ラリーマシン作りのノウハウを存分に活用したオフロード特性が最大の強み。’21モデルは、高速ツアラー仕様の「S」とオフロード性能重視の「R」それぞれがブラッシュアップ。ヤングマシンのアドベンチャー&エクストリーム隊長・ヤタガイ氏が試乗インプレッシ […]

KTM 1290スーパーアドベンチャーS/R ディテール写真比較【コンパクト&オフ性能アップ】

ダカールラリーにおいて最多優勝記録を持つオーストリアのバイクメーカー・KTM。そんなKTMが作るアドベンチャーツアラー「1290スーパーアドベンチャー」は、ラリーマシン作りのノウハウを存分に活用したオフロード特性が最大の強み。’21モデルは、高速ツアラー仕様の「S」とオフロード性能重視の「R」それぞれがブラッシュアップ。その違いをまずは写真で比較する。 SとRの違いはどこにある? エン […]

オンもオフも楽しめる! 400cc以下のアドベンチャーバイク【KTM 250/390 ADVENTURE インプレ】

KTMはオフロードもオンロードも得意! ダカールラリーでは2001年〜2019年(途中2008年は未開催)、18年という長い間王座を守り、オフロードバイクに強いイメージのあるKTM。最近ではMotoGPでも勝利するなどロードレースの世界でもその名を上げている。 そんなKTMが販売しているアドベンチャーシリーズは、オフロードもオンロードも得意というオールマイティなバイクに仕上げられている。 そしてそ […]

〈動画〉’21 KTM 1290スーパーアドベンチャーS/R試乗インプレ【オートクルーズで”スポーツ”??】

ダカールラリーにおいて最多優勝記録を持つオーストリアのバイクメーカー・KTM。そんなKTMが作るアドベンチャーツアラー「1290スーパーアドベンチャーS/R」は、ラリーマシン作りのノウハウを存分に活用したオフロード特性が最大の強み。’21のブラッシュアップでもKTMの”READY TO RACE”が止まらない!! ヤングマシンのエクストリーム企画担当・ヤタガイ氏 […]

ペドロサとクラッチローが参戦! 夏休み明けのスティリアGPはKTMとヤマハに注目

2021年8月8日に決勝が行われるスティリアGP(オーストリア)にて、2018年までMotoGPで活躍し2019年以降はKTMのテストライダーを務めているダニ・ペドロサと、2020年限りでMotoGPから引退しヤマハのテストライダーに就任したカル・クラッチローの2人が、それぞれワイルドカード/代役参戦することがわかった。 KTMのパフォーマンス向上に大きく貢献したペドロサ 2021年8月8日決勝の […]

4分32秒で完売!! KTMが100台限定の「RC 8C」をリリース…公道バージョンにも期待?

KTMは、世界100台限定のロードレーサー「RC 8C」を7月20日に発表。その2日後に専用ウェブサイトで予約受注を開始したが、5分に満たない時間で完売してしまった。スチール製フレームに搭載されるエンジンは、890デュークRをベースとした128hpの並列2気筒だ。 MotoGP/Moto3のノウハウを投入したハンドメイドの車体に自社製エンジンを組み合わせる KTMは2021年7月20日(本国オース […]

“THE BEAST(野獣)”KTMのハイエンドモデルは電子制御でフレンドリーに【1290スーパーデューク R インプレ】

フルカウルのSSだけが最速のモデルとは限らない! ハイスペックな電子制御やハイパワーエンジンは、もはやフルカウルのスーパースポーツ(SS)だけの特権ではない。少なくとも筆者(RIDE HI編集部・正田24歳)が免許を取得した2015年ごろには、(僕がハイエンドネイキッドの世界を知らなかっただけかもしれないが)SSこそがハイエンドモデルの象徴で、ハイスペックな電子制御とエンジンを搭載しているイメージ […]

’21 KTM 890アドベンチャー試乗ショートインプレ【余裕を増したミドルADV】

従来の790アドベンチャーから90cc排気量アップし、899ccエンジンとなった「890アドベンチャー」シリーズ。フロント21インチホイールなど、”本気のオフロード”キャラクターはそのままに、最高出力を95psから105psへとパワーアップ。ただ試乗して驚かされたのは、パワーアップよりもエンジンの過渡特性の変化。吹け上がりに穏やかさが加わり、アドベンチャーツアラーらしい懐の […]

’21 KTM 390デューク試乗ショートインプレ 【クイックシフターがオプションで追加可能に】

KTMのラインナップで一番売れてる「390デューク」は、乾燥150kgの軽量コンパクトな車体に、44psのパワフルなDOHCエンジンを搭載した韋駄天マシン。’21モデルは持ち前の元気なキャラはそのままにカラーチェンジ。加えて、なんとオプションでアップ/ダウン対応のクイックシフターが装備できるようになった(’20モデル以前は装着不可)。元来、“READY TO RACE”でスポーツキャラが強めな39 […]

アダプティブクルーズコントロール(ACC)搭載モデル続々登場【新型ムルティストラーダV4Sも】

前車との距離に応じて車間を自動調整するアダプティプクルーズコントロール等を可能にする、先進のレーダーシステムを搭載した’21モデルが続々登場している。本記事ではドゥカティ新型ムルティストラーダV4Sに搭載されたボッシュ製アドバンストライダーアシスタンスシステム(ARAS)を中心に、各社の動向を紹介する。 ドゥカティ ムルティストラーダV4S:2輪車初・ボッシュ製ARAS搭載 モノコック […]

ヤングマシンメンバーズ・ワタシの愛車インプレッション〈KTM 790デューク〉

ヤングマシンが運営する無料の会員メンバーシップ「ヤングマシン メンバーズ」では、会員の方々からリアルな愛車インプレッションレポートを募集している。本記事ではちくわさんの愛車・’19 KTM 790デュークを紹介しよう。 プロトタイプの動画に魅了されて 元々KTMの軽さの魅力に惚れ込んでおり、390デュークに乗っていました。690を検討していた時にプロトタイプの790デュークの動画を見て […]

マシン・オブ・ザ・イヤー2021
マシン・オブ・ザ・イヤー2021

WEBヤングマシン|最新バイク情報