KTM 250アドベンチャー[新型バイクカタログ]:車体と脚は兄貴譲りの本格派

KTM 250アドベンチャー

250アドベンチャー 概要

390アドベンチャーの車体を継承し、250cc化した水冷シングルを搭載する新作。ハロゲンヘッドライトやモノクロ液晶など、390から数々の装備を簡略化して60万円台を実現した一方、ストローク量フロント170&リア177mmのホワイトパワーサスペンションや切り替え可能なABSは踏襲している。タンクも390と同じ14.5Lの大容量で、航続距離は公称400km以上だ。

’22モデルは車体色を総入れ替えし、青×白、橙×白が登場。ともに白の面積が大きく、新鮮な印象だ。

’22 250アドベンチャー

KTM 250アドベンチャー

【’22 KTM 250 ADVENTURE】■水冷4スト単気筒DOHC4バルブ 248.8cc 30ps/9000rpm 2.44kg-m/7250rpm ■約159kg(半乾) シート高855mm 約14.5L ■タイヤサイズF=100/90-19 R=130/80-17 ●色:ブルー×ホワイト オレンジ×ホワイト ●価格:73万円 [写真タップで拡大]

KTM 250アドベンチャー

カラーバリエーションはブラック/ブラック×オレンジの2色展開。 [写真タップで拡大]


※本記事の内容はオリジナルサイト公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な表記がないかぎり、価格情報は税込です。

KTMに関連する記事

2022 MotoGPの1/3が終了。全表彰台を並べてみた【ドゥカティが8台の勢力を誇る一方で、スズキが撤退⁉︎】

2022年シーズン、MotoGPの1/3が終了した。レースウィーク直前にはスズキが「今シーズン限りで撤退する可能性をMotoGP主催者のドルナと協議中」と発表し、激震が走った。フランスGPが終了した時点での勢力図を振り返りたい。 日本メーカーはいつになったら勝てるんだろう。そんな不安が続いた前半戦 2022年シーズンは、全21戦で開催。21年は新型コロナウイルスの影響で中止になったグランプリが6戦 […]

【アドベンチャー・ツアラー人気のナゼ?】世界では大きく逞しいほうが好きなライダーが多い!

ルーツは砂漠の戦場!? 1980年代ダカール・ラリーでBMWが新しいカテゴリーを生んだ 最近Newモデル情報で見かけることの多いアドベンチャー・ツアラー。今までのツアラーとは異なり無骨で逞しい。砂漠や大自然の中を駆けるサバイバルなイメージが、どうして旅バイクとオーバーラップするのか。 まずアドベンチャー・ツアラーというカテゴリーを知る上で、なくてはならないのがBMWのR80G/Sというルーツ。 フ […]

【Q&A】海外のバイクにパイプフレームが多いのは、オートバイらしさにこだわるからですか?

ヨーロッパのメーカーはイタリア車を筆頭に、パイプフレームが多く見た目にも魅力的です。性能追求より感性を重視する趣味人が多いからですか? A.加工に手間とコストはかかりますが軽さや強度にコンパクトさで優位だからです! 燃料タンクやカウルにテールエンドなど、バイクのフォルムに好みはあっても、車体のそれも骨格部分のフレームの違いまで目が届くのは相当なマニア……と思いがちですが、たとえばメカニズムにほぼ興 […]

各メーカーのカウリング形状を同アングルで比較【F1化が進む!? MotoGPマシンのエアロダイナミクス】

世界最高峰のレースであるMotoGP。その戦いの中で、毎年形状が進化しているのがカウリングのエアロパーツである。各メーカー様々な形状を試行錯誤。当然、エアロパーツをたくさん装着して大きくすればハンドリングに重さが出るが、エアロパーツがないとウィリーしやすく高速域で安定しないバイクになってしまう。今回は2022年シーズンの1/3が経過しようとする第6戦スペインGPでその形状を比べてみた。 ウイングか […]

MotoGPマシンはリヤタイヤを冷やしたい? スイングアーム下のスポイラーの役割って?

最近のMotoGPマシンの進化で目に見えてわかりやすいのは、カウリングの形状や空力デバイスの進化。エンジンやフレームの進化は正直わかりにくいものが多い。今回は第5戦ポルトガルGPの予選で気になったリヤタイヤを冷やすためのスポイラーの形状に注目してみた。 ドライでは装着していないメーカーも…… スイングアームの下に装着された、当初はスプーンと呼ばれた空力デバイス。2018年のテストから登場し、201 […]

スタート時はまるでドラッグマシン!? MotoGPマシンはシーンによって車高が変わる!

年々新しいチャレンジが行われているMotoGPマシン。ここ最近の目に見える進化はホールショットデバイスとライドハイトデバイスだ。ドゥカティから始まったこの2つの機構は全メーカーに普及。今シーズンからドゥカティは走行中もフロント下げる機構を導入したが…… ロケットスタートを可能にするホールショットデバイス 2018年あたりから進化を続けているホールショットデバイス。現在は前後サスペンション(リヤはリ […]

KTM「RC390/RC125」がフルモデルチェンジして日本上陸! スタイリング一新&骨格の軽量化も達成

KTMは、いわゆる中免(普通二輪免許)ライダーが思いっきり楽しめるスーパースポーツモデル、RC390をフルモデルチェンジ。これがついに日本でも2022年6月に発売される。フレームは新設計で、エンジンはユーロ5に適合。足まわりの強化と軽量化も両立している。刷新されたボディワークは空力優先のモトGPスタイルだ。 44psの軽量シングルスポーツ! KTMは、普通二輪免許で乗れる単気筒スーパースポーツモデ […]

独チューニングメーカー「ブラバス」がバイクに進出! KTMとコラボして「BRABUS 1300R」を発表

ドイツの四輪チューニングメーカー「ブラバス(BRABUS)」は、KTMとの新しいパートナーシップにより、史上初のブラバスブランドのモーターサイクル「BRABUS 1300R」を発表した。車両のベースとなっているのは、KTM 1290スーパーデュークRで、エンジンは180psを発揮する。 スーパーカーのエッセンスをモーターサイクルに メルセデスベンツ用のチューニングパーツやコンプリートカーで知られる […]

ホーム
WEBヤングマシン|新車バイクニュース