ハーレーダビッドソン ストリートグライド スペシャル[新型バイクカタログ]:ウルトラのバガー版

'21 ストリートグライドスペシャル

ストリートグライド スペシャル 概要

ウルトラのバガーカスタムがこちら。前輪は18→19インチ化し、ショートスクリーンやストレッチケースも与えた。’21でエアクリナーカバー/ホイールを変更。

’21 ストリートグライドスペシャル

'21 ハーレーダビッドソン ストリートグライドスペシャル|ガーントレットグレーメタリック×ビビッドブラック(クローム仕上げ)

【’21 HARLEY DAVIDSON STREET GLIDE SPECIAL】■油冷ヘッドVツイン 1868cc 16.6kg-m/3000rpm ■車重375kg シート高690mm 22.7L ■タイヤサイズF=130/60B19 R=180/55B18 ■ブルートゥース ●色:ガーントレットグレーメタリック×ビビッドブラック(クローム仕上げ) ビビッドブラック(クローム仕上げ) ブラックジャックメタリック(クローム仕上げ) ビリヤードレッド(クローム仕上げ) スネイクヴェノム(クローム仕上げ) ビビッドブラック(ブラック仕上げ) ガーントレットグレーメタリック(ブラック仕上げ) ビリヤードレッド(ブラック仕上げ) デッドウッドグリーンデニム(ブラック仕上げ) ガーントレットグレーメタリック×ビビッドブラック(ブラック仕上げ) スネイクヴェノム(ブラック仕上げ) アークティックブラストスペシャルエディション(ブラック仕上げ) ●価格:326万5900円~ [写真タップで拡大]

'21 ハーレーダビッドソン ストリートグライドスペシャル|ビビッドブラック(クローム仕上げ)
'21 ハーレーダビッドソン ストリートグライドスペシャル|ブラックジャックメタリック(クローム仕上げ)

[写真タップで拡大]

'21 ハーレーダビッドソン ストリートグライドスペシャル|ビリヤードレッド(クローム仕上げ)
'21 ハーレーダビッドソン ストリートグライドスペシャル|スネイクヴェノム(クローム仕上げ)

[写真タップで拡大]

'21 ハーレーダビッドソン ストリートグライドスペシャル|ビビッドブラック(ブラック仕上げ)
'21 ハーレーダビッドソン ストリートグライドスペシャル|ガーントレットグレーメタリック(ブラック仕上げ)

[写真タップで拡大]

'21 ハーレーダビッドソン ストリートグライドスペシャル|ビリヤードレッド(ブラック仕上げ)
'21 ハーレーダビッドソン ストリートグライドスペシャル|デッドウッドグリーンデニム(ブラック仕上げ)

[写真タップで拡大]

'21 ハーレーダビッドソン ストリートグライドスペシャル|ガーントレットグレーメタリック×ビビッドブラック(ブラック仕上げ)
'21 ハーレーダビッドソン ストリートグライドスペシャル|スネイクヴェノム(ブラック仕上げ)

[写真タップで拡大]

'21 ハーレーダビッドソン ストリートグライドスペシャル|アークティックブラストスペシャルエディション(ブラック仕上げ)
[写真タップで拡大]

カラーバリエーションはグレー×ブラック(クローム仕上げ)/ブラック(クローム仕上げ)/ブラックジャックメタリック(クローム仕上げ)/レッド(クローム仕上げ)/グリーン(クローム仕上げ)/ブラック(ブラック仕上げ)/グレー(ブラック仕上げ)/レッド(ブラック仕上げ)/ウッドグリーン(ブラック仕上げ)/グレー×ブラック(ブラック仕上げ)/グリーン(ブラック仕上げ)/ホワイト×ブルー(ブラック仕上げ) の12色展開。


※本記事の内容はオリジナルサイト公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な表記がないかぎり、価格情報は税込です。

ハーレーダビッドソンに関連する記事

“羊の皮を被った狼”こそハーレーフォーティーエイトカスタムの真髄〈フォレストウィング〉

見た目はほぼノーマルのライトカスタムされたXL1200Xフォーティーエイトだが、じつはハンマーパフォーマンスのボアアップキットが組み込まれ、排気量が1275ccにまでスケールアップしている。まさに”羊の皮を被った狼”と呼べるのが、フォレストウィングのカスタムしたフォーティーエイトだ。このカスタムマシンの試乗レポートをお届けする。 ノーマルルックの反則技、実は1275cc化! […]

ハンバーグ師匠、新世代ハーレー「スポーツスターS」に興奮! 「俺にビッタンコでした」

お笑いコンビ「スピードワゴン」の井戸田潤さんが、”ハンバーグ師匠”名義のYouTubeチャンネル「ハンバーグ師匠チャンネル」にて、ハーレーの新型モデル「スポーツスターS」に試乗し、心惹かれた様子を披露しました。 スポーツスターSは、伝統あるスポーツスターシリーズを継承しつつ、新世代の”水冷”エンジンで刷新した同社が”革新”と謳 […]

日本限定1300台!! ハーレー最後の空冷スポーツスター「フォーティーエイト ファイナルエディション」登場

ハーレーダビッドソンジャパンは、12月5日に神奈川県横浜市で開催されたホッドロッドカスタムショーで「フォーティーエイト ファイナルエディション」を発表した。根強いスポーツスターファンが存在する日本市場の要望に応えた形で、台数は1300台限定。12月6日よりディーラーにて予約受付がスタートする。 ボバーソロサドルほか特別仕様のパーツが多数! 日本限定1300台! スポーツスターファミリー最後の空冷モ […]

【SCOOP!】空冷スポーツスター・ファイナルエディション登場?! 新車で買えるのはこれが最後!【ハーレー】

間もなくパシフィコ横浜で開催される「ヨコハマホットロッドカスタムショー」で、ハーレーダビッドソンが新たな日本限定モデルを初公開すると発表された。これが空冷エンジンを搭載した最後のスポーツスターかもしれないというのだから見逃せない! ↓正式発表されました↓ 登場するのは日本のみ……ッ! スポーツスターSの登場により、いよいよハーレーダビッドソンのスポーツスターファミリーは水冷エンジンに切り替わってい […]

確かな技術/丁寧な接客/キレイな店舗づくりを兼ね備えるハーレーダビッドソン所沢〈厳選ハーレーショップガイド〉

ディープで楽しいハーレーライフを満喫するには、頼りになるショップの力が欠かせない。ここではハーレー専門誌『ウィズハーレー』が、鉄馬との生活を強力にバックアップしてくれるプロショップを紹介。今回はカスタムとハーレーライフのサポートに絶対の自信を持つという、埼玉県の「ハーレーダビッドソン所沢」だ。 150年を超える歴史が裏付ける安心感 150年を超える歴史を誇る”安心と信頼”の […]

地球4周=10万マイル走破で”走りの殿堂”入り〈ハーレーダビッドソンのある暮らし〉

手に入れれば、生活のすべてが変わる可能性を秘めている。それがハーレーダビッドソンという乗り物だ。そんな暮らしを満喫中の個性派オーナーたちを、ハーレー専門誌『ウィズハーレー』が全国を渡り歩いてピックアップ。今回は’15 FLSTNソフテイルデラックスに乗るAさんのハーレーライフを紹介しよう。 ハーレーに乗って、景色の良い道を走りたいだけなんです 全世界で約100万人、日本国内では3万人以 […]

カスタムハーレー試乗! ハーレーらしさを感じるロボヘッドエンジンに脱帽〈サンダンス〉

カスタムショップのサンダンス(東京都)率いるZAK柴崎氏が制作したロボヘッドエンジン搭載のハイパフォーマンスカスタムハーレーに、雑誌『ウィズハーレー』青木編集長がテストライド。車両を見るだけではわからない、その鼓動とパワー溢れるエンジンフィーリングを体験した。 鼓動感あふれるトルクフィールに酔いしれるばかり Vツインエンジンの性能を数値上のスペックだけで競うのなら、他メーカーのほうが優れているかも […]

試してみました! ハーレー特有の大きいエンブレを緩和するカスタムパーツ〈ダイノマン スムースバルブ〉

ハーレー特有のエンジン鼓動やフィーリング。心地よさもあればそれが疲れの原因となる場合も。特に低速時のアクセルのオフ時に発生する、想像よりも大きいエンジンブレーキの衝撃。これを緩和できるパーツ「ダイノマン スムースバルブ」を紹介します。 低速のギクシャク感が軽減。ライディングがスムースになる快適カスタム 3000rpm以下の低回転からスロットルを少しひねるだけで、ガツンと最大トルクを味わえる。そして […]

走りだけじゃない! 見た目もグッドなハーレーカスタムパーツ〈トランプサイクル〉

カスタムはハーレーの大きな楽しみ。ここではハーレー専門誌『ウィズハーレー』がお勧めする、とっておきのパーツを紹介しよう。トランプサイクル(大阪府)が開発したオリジナル商品の中から、開発期間に1年半もの歳月を費やしたトランプ×レーシングブロスのサスペンション、ノスタルジックな雰囲気満点のヘッドライトレンズ、圧倒的な軽さを誇るチタンマフラーの3点をピックアップする。 リヤショック(スプリング):走りを […]

真夏のツーリングは高原を目指すに限る。エンジンにも優しいショートトリップ〈マイパフォーマンス〉

マイパフォーマンス(山梨県)は、基本的にエボリューションモデル以前のハーレーを扱う専門店。ここに集う旧車好きのライダーは、ツーリングも大好きだ。フロントマンの本間氏も良く走る人だが、お客さんも負けてはいない。今回は、地元の道を知り尽くしているベテランライダー先導のランチツーリングにて清里高原へ。 ツーリング先で仲間と乾杯!最高のアウトドアランチ 令和3年の夏は、とにかく暑かった。全国的に梅雨明けも […]

ハーレーカスタムトレンドニュース:圧倒的に軽い! クラシカルボバー〈遠藤自動車〉

ハーレーダビッドソンにとって、”カスタム”は切っても切れない楽しみのひとつ。ここではハーレー専門誌『ウィズハーレー』が、多くのオーナーの参考となりそうな最新カスタム車両を紹介する。今回はオールドハーレー全般を得意とする遠藤自動車サービス(群馬県)が手掛けたショベルリジッドボバーだ。 遠藤自動車の顔と言っても良いスタイル=細部に手を入れたスペシャルモデル リジットフレームにシ […]

ホントに初モノ!? 驚きの完成度:ハーレーダビッドソン パンアメリカ1250/スペシャル 試乗インプレ

ハーレーとしては、何もかもが初めて尽くしのチャレンジである。新開発エンジン/独自の車体構造/世界初の電子式車高調整機能、そして何より”大型アドベンチャー”という未知のカテゴリーへの参入…。なのに、なんだこの、初めてと思えないほどの完成度の高さは!! 五感に訴えかける心地よいVツインは健在! 完成度という観点から見れば、スロースターターと言えなくもないハーレーダビッドソン。歴 […]

ハーレーダビッドソン新型バイク総まとめ【初のADVや新生スポなど話題満載】

国内でも人気の高い米国大陸ブランド 1903年にミルウォーキーで創業し、今や米国を象徴するブランドになったハーレーダビッドソン(HARLEY-DAVIDSON)。一目でそれとわかるクルーザーがあまりに有名だが、最近は新世代群の発売に注力。 ライブワイヤーは史上初の量産電動スポーツバイクとして話題になった1台。通常エンジンが収まる部分にバッテリーを搭載し、下部にモーターを配した。 ’21 […]

ホントに初モノ!? 驚きの完成度:ハーレーダビッドソン パンアメリカ1250/スペシャル ディテール解説

ハーレーとしては、何もかもが初めて尽くしのチャレンジである。新開発エンジン/独自の車体構造/世界初の電子式車高調整機能、そして何より”大型アドベンチャー”という未知のカテゴリーへの参入…。なのに、なんだこの、初めてと思えないほどの完成度の高さは!! その全容について、まずはディテール解説からお届けしよう。 ハーレーダビッドソン パンアメリカ1250/スペシャル 上級仕様のス […]

列島横断往復1000km! 千里浜目指すSSTR2021をパンアメリカで走破!

日本で唯一車両走行が可能な砂浜の公道、石川県羽咋(はくい)市の「千里浜ドライブウェイ」を目指す「SSTR(サンライズサンセットツーリングラリー)2021」が10月2日(土)〜17日(日)に行われ、約5000台が出走。ハーレー専門誌『ウィズハーレー』の青木タカオ編集長も、ハーレーダビッドソン新型パンアメリカ1250スペシャルを駆って完走を果たした。 太平洋から日本海へ、太陽を追いかけろ! 「SSTR […]

ハーレーカスタムトレンドニュース:’17ローライダーSカスタム【走りを追求したパフォーマンスクルーザー】

ハーレーダビッドソンにとって、”カスタム”は切っても切れない楽しみのひとつ。ここではハーレー専門誌『WITH HARLEY』が、多くのオーナーの参考となりそうな最新カスタム車両を紹介する。今回は、カスタムはもちろんインジェクションチューニングも得意とするブルズアイ(愛知県)が手掛けたFXDLS110ローライダーSだ。 ダイナの名車をセンスよくモディファイ! ’1 […]

マシン・オブ・ザ・イヤー2021
マシン・オブ・ザ・イヤー2021

WEBヤングマシン|最新バイク情報