ファンティックXMF125/XM50[新型バイクカタログ]:トレール兄弟のモタード版

'21 XMF125/XM50

※情報更新日:2022年9月9日

XMF125/XM50 概要

公道OKのトレール兄弟の、モタードバージョンは’21で新登場。XEFと同様に、可変バルブなどでクリーンさと性能を両立した新設計エンジンを搭載し、スリッパークラッチを備えている。50ccのXMも用意。’22後期にてXEFと同じく価格のみを変更している。

’22 XMF125

ファンティック XMF125|ブラック×イエロー

【’22 FANTIC XMF125】■水冷4スト単気筒SOHC2バルブ 124.45cc 15ps/9750rpm 1.2kg-m/6750rpm ■車重97kg シート高870mm 7.5L ■タイヤサイズF=100/80-17 R=130/70-17 ●色:ブラック×イエロー クラシック レッド×ホワイト×ブラック ●価格:95万円(’21は91万3000円) [写真タップで拡大]

ファンティック XMF125|レッド×ホワイト×ブラック

カラーバリエーションはイエロー/レッドの2色展開。 [写真タップで拡大]

’22 XMF50

ファンティック XMF50|トリコロール

【’22 FANTIC XMF50】■2スト 48.9cc ■車重85kg ●色:トリコロール ●価格:85万円(82万5000円) [写真タップで拡大]


※本内容は記事公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な表記がないかぎり、価格情報は税込です。

ファンティックに関連する記事

ファンティック [’22後期新型バイクカタログ]:洒脱なイタリアントラッカー! 鮮やかな新色も登場

主軸のキャバレロシリーズに新顔登場 始まりはアメリカ市場に向けた、エンデューロモデルなどの生産。’68年に創業された、イタリアンブランドがファンティック(FANTIC)。’70〜’80年代のオフ界で名を馳せた名門だ。 本国でも日本でもメインとなっているのは、小粋なトラッカー”キャバレロ”シリーズだ。125から500まで幅広く用意される、同 […]

ファンティックXEFシリーズを林道で乗り比べ〈抜群の軽さと扱いやすさ〉

オフロードマシン/メーカーとして半世紀以上の歴史を持つFANTIC(ファンティック)。その4ストトレールマシン「XEF」シリーズの最新モデルが日本国内で販売開始された。そこで、オフロードマシン総合誌『ゴー・ライド』の副編集長コイが、「XEF125」と「XEF250トレール」の2台の実力を、輸入元であるモータリスト・野口代表と2人でガッツリ林道ツーリングをしながらチェックした。そのインプレをクロスト […]

電動バイク大増殖! 新作発表ブランド×10選[前編]〈EICMA2021現地レポート〉

EICMA(ミラノ国際モーターサイクルショー)はここ数年、電動バイクやE-Bike(電動アシスト自転車)など電動にまつわるあらゆるブランド誘致に積極的。本記事では今回集まった電動系ブランドを中心に、それぞれのニューモデルを紹介しよう。まずは前半5ブランドから。 電動モビリティが生活に浸透するために ’21年のEICMAは準備期間が短く、また車両開発や生産ラインが予定通り稼働していないブ […]

いま新車で買える!! 林道ツーリングを楽しめるマシンたち〈海外モデル編|ゴーライド編集部厳選〉

これから林道ツーリングに行ってみたいというビギナーやリターンライダー、さらに乗り換えや増車を考えている人たちに向けて、オフロードマシン総合誌『ゴーライド』編集部が選んだ”新車で購入できる/未舗装路もバリバリ走って林道ツーリングを楽しめる”マシンたちを紹介。本記事では海外モデルを一挙掲載するゾ! ファンティック XEF125/250:本格装備のプレミアムトレール 低中速で粘るトルクと高回転までスムー […]

ファンティック XEFシリーズ[新型バイクカタログ]:本格オフローダーは新エンジン搭載

XEFシリーズ 概要 長年のレース技術を注入した、オフロードモデル。’21では、可変バルブなどでクリーンさと性能を両立した新設計エンジンを搭載し、スリッパークラッチも備えた。同時に車名をXEFとし、125と250が販売。XEの名の50モデルも。’22では各モデルの価格を変更。 海外仕様の’22ではXEF250などのコンペモデルがマイチェン。フレームに補強を追加し […]

ファンティック キャバレロシリーズ[新型バイクカタログ]:125から500まで選べる伊達トラッカー

キャバレロシリーズ 概要 キャバレロはファンティック初期からの代表的な車名で、日本における主要シリーズだ。倒立フォークや右2本出しマフラーなどの構成を共有する125/500ccを用意。シンプルな「スクランブラー」、ダートラ風で前後19インチの「フラットトラック」、オフ向けの「ラリー」 がある。’21でユーロ5適合とともに、専用色をまとうスクランブラー125デラックスを追加した。 &#8 […]

ファンティック キャバレロラリー500でイタリアンアルプス1000kmを42時間走破!!〈ハードアルパインツアー〉

峻険なイタリアンアルプス1000kmを42時間で走破するHAT(ハードアルパインツアー)に、ジャーナリストのクラウス・ネネヴィッツ氏がファンティック・キャバレロシリーズの中でもオフロード性能を一段高めた新型「ラリー500」を駆って参戦。その奮闘の様子をレポートする。 ファンティック ラリー500がハードアルパインツアーを走破!! 標高2000mを超えるイタリアの高山を巡り、オン/オフ含めた総走行距 […]

新型バイクカタログ [メーカー別]

新型バイクカタログ [国産車|クラス別]

新型バイクカタログ [トップ]

WEBヤングマシン|新車バイクニュース