ファンティック XEFシリーズ[新型バイクカタログ]:本格オフローダーは新エンジン搭載

'21 XEFシリーズ

XEFシリーズ 概要

長年のレース技術を注入した、オフロードモデル。’21では、可変バルブなどでクリーンさと性能を両立した新設計エンジンを搭載し、スリッパークラッチも備えた。同時に車名をXEFとし、125と250が販売。XEの名の50モデルも。

’21 XEF250トレイル

'21 ファンティック XEF250トレイル|ブラック×イエロー

【’21 FANTIC XEF250 TRAIL】■水冷4スト単気筒SOHC2バルブ 249.6cc ■車重104kg シート高935mm(ローダウン仕様 890mm) 7.5L ■タイヤサイズF=90/90-21 R=120/90-18 ●色:ブラック×イエロー クラシック レッド×ホワイト×ブルー ●価格:95万円 [写真タップで拡大]

21 ファンティック XEF250トレイル|レッド×ホワイト×ブルー
[写真タップで拡大]

カラーバリエーションはブラック×イエロー/ホワイト×レッド×ブラックの2色展開。

’21 XEF125

21 ファンティック XEF125|ホワイト×レッド×ブラック

【’21 FANTIC XEF125】■124.45cc ■車重96kg ●価格:85万8000円 [写真タップで拡大]

'21 ファンティック XEF125|ブラック×イエロー
[写真タップで拡大]

カラーバリエーションはホワイト×レッド×ブラック/ブラック×イエローの2色展開。

’21 XEF50

'21 ファンティック XEF50|トリコロール

【’21 FANTIC XEF50】■48.9cc ■車重84kg シート高905mm ■タイヤサイズF=80/90-21 R=110/80-18 ●色:トリコロール ●価格:77万円 [写真タップで拡大]


※本記事の内容はオリジナルサイト公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な表記がないかぎり、価格情報は税込です。

ファンティックに関連する記事

いま新車で買える!! 林道ツーリングを楽しめるマシンたち〈海外モデル編|ゴーライド編集部厳選〉

これから林道ツーリングに行ってみたいというビギナーやリターンライダー、さらに乗り換えや増車を考えている人たちに向けて、オフロードマシン総合誌『ゴーライド』編集部が選んだ”新車で購入できる/未舗装路もバリバリ走って林道ツーリングを楽しめる”マシンたちを紹介。本記事では海外モデルを一挙掲載するゾ! ファンティック XEF125/250:本格装備のプレミアムトレール 低中速で粘るトルクと高回転までスムー […]

ファンティック新型バイク総まとめ【トラッカーと本格オフを用意】

主軸のキャバレロも’21でレベルアップ ’68に創業したイタリアンブランドがファンティック(FANTIC)。’70〜’80年代のオフ界で名を馳せた。 125から500まで幅広く用意されるキャバレロは、同社の初期からの代表的な車名であり、日本におけるラインナップでも主要シリーズとなっている。 ’21ではユーロ5に適合。専用色をまとうスクラン […]

ファンティック キャバレロラリー500でイタリアンアルプス1000kmを42時間走破!!〈ハードアルパインツアー〉

峻険なイタリアンアルプス1000kmを42時間で走破するHAT(ハードアルパインツアー)に、ジャーナリストのクラウス・ネネヴィッツ氏がファンティック・キャバレロシリーズの中でもオフロード性能を一段高めた新型「ラリー500」を駆って参戦。その奮闘の様子をレポートする。 ファンティック ラリー500がハードアルパインツアーを走破!! 標高2000mを超えるイタリアの高山を巡り、オン/オフ含めた総走行距 […]

名水を求めてキャバレロ500ラリー林道ツーリング【名水百選で珈琲を淹れたい】

東京からほど近い神奈川県秦野市。雄大な丹沢を背に緑に恵まれた自然スポットで溢れる秦野市は、市内の至るところから水が湧いているという名水百選の地でもある。そんな秦野の名水で入れたコーヒーを飲みたいと、無類のコーヒー好きであるオフロードマシン総合誌『ゴー・ライド』編集長・オガPが立ち上がった。目指すは秦野の林道内にあるという名水の湧き出るポイント。ファンティックキャバレロ500ラリーで名水を求めて秦野 […]

ファンティック2021新車バイクラインナップ〈キャバレロ/エンデューロ etc.〉

キャバレロシリーズ:ネオレトロなイタリアンオフ ファンティック・モーターは’68年にイタリア・バルザゴで創業。「キャバレロ」はその初期から使われている車名だ。日本へは’19年から本格的に上陸開始。車体の基本コンポーネントを共用した125~500ccまでの魅力的な3タイプのオフロードモデルが揃っている。 エンデューロ/モタード:ガチ勢向けに レースで培った技術をフィードバック […]

ランブレッタ/SYMなどの総輸入代理店が新会社モータリストに移行

今までサインハウスの車両事業部が扱ってきた、ランブレッタ/ファンティック/SYMなどの輸入バイク事業が「モータリスト合同会社」に譲渡されることになった。 モータリストは、サインハウス車両事業部が新設した会社で、同社社長だった野口英康氏が代表を務める。これにより車両販売およびアフターサービスに一段と注力していく。 オフィスは、東京都大田区の国道15号線沿いに設置。全商品を展示するショールームを同じく […]

欧州ヤマハとファンティックが戦略的パートナーシップを強化|エンジン製造会社の株式を譲渡

ヤマハ発動機の子会社で、欧州における製品販売を行う「ヤマハモーターヨーロッパ」は、2020年10月7日、イタリアで二輪車エンジンの製造を行うグループ会社「モトーリ・ミナレリ」の全ての発行済み株式を、業務提携を進めている「ファンティックモーター」へ譲渡する決定を下した。 欧州の小排気量バイク向け汎用エンジンで大きなシェア 「Yamaha Motor Europe N.V.(ヤマハモーターヨーロッパ、 […]

ファンティック キャバレロ スクランブラー500アニバーサリー限定販売【50周年仕様】

2019年のイタリアミラノショー(EICMA)で発表された「ファンティック キャバレロ スクランブラー500アニバーサリー」が日本でも販売開始。キャバレロ生誕50周年を記念した限定モデルだ。 専用グラフィックとオプションパーツが装備された豪華なパッケージ 1969年にオートバイの製造を開始したファンティック。オリジナルモデルには「キャバレロ」の名前が与えられ、その名とスタイリングは現行のキャバレロ […]

’20新車バイク総覧〈150〜250cc車検レス〉KTM ハスクバーナ ファンティック

手頃な操縦性とランニングコストで人気な250ccクラス。フルカウントを軸にネイキッド、クルーザー、オフロードと多彩なジャンルが賑わっている。まずはKTM、ハスクバーナ、ファンティックの’20モデルを紹介しよう。〈ラインナップ〉■KTM 250デューク|250XEC TPI ■ハスクバーナ スヴァルトピレン250|ヴィットピレン250 ■ファンティック キャバレロ スクランブラー250| […]

’20新車バイク総覧〈大型ヘリテイジ|外国車#5/5〉BMW ハスクバーナ他

基本構成は現代的ながら、「遺産」「伝統」を意味するヘリテイジな外観を持つモデル群。BMW、ハスクバーナ、ファンティック、インディアンもそれぞれの個性を余す所なく発揮している。〈ラインナップ〉BMW R ナインT シリーズ|ハスクバーナ スヴァルトピレン701/ヴィットピレン 701|ファンティック キャバレロシリーズ|インディアン FTR1200シリーズ BMW R ナインTシリーズ:バリエーショ […]

ファンティック エンデューロ250試乗インプレッション【公道もダートも快適】

『オフロードマシン ゴー・ライド』より、ファンティック エンデューロ250の公道テストの内容を紹介する。見た目からしてレーサーライクなルックスに、乾燥重量104kgという軽量な車体、1人乗りに割り切ったおかげできちんと仕事をするようにセッティングされたサスペンションなど…。コースで走った印象がとてもよかっただけに、きっと一般道でのフィーリングはイマイチでしょ? なんて勝手な予想をしていたのだが、見 […]

【ファンティック】レーサーの軽さとトレールの扱いやすさを持つフルサイズトレールマシンが登場! #ゴー・ライド

第2号も好評発売中の「オフロードマシン ゴー・ライド」(※偶数月6日発売)から、今話題となっている1台をお届けしよう。その名は、ファンティック・エンデューロ250。オフロードマシンとしてあらゆるシーンでその力が発揮できる待望250クラスのトレール車だ。スタイルとその走りに注目頂きたい。 フルサイズトレールマシンの理想形-FanTic Enduro250- ファンティックは1981年にISDE(イン […]

2019ニューモデル試乗インプレッション・ファンティック キャバレロ[#02 フラットトラック125編]#ゴー・ライド

1969年に初のオリジナルモデル「キャバレロ・クロス50」を発表したファンティック。その後、世界選手権タイトルを獲得するまで発展したが、ブランド消滅の危機に。しかし、困難を乗り切り、令和とともに新型スクランブラーとフラットトラッカーが日本初上陸。話題のニューモデルをダカールレジェンド三橋淳が徹底試乗! 今回は新雑誌となる「オフロードマシンGoRIDE」から、スクランブラー250との比較も踏まえて、 […]

2019ニューモデル試乗インプレッション・ファンティック キャバレロ[#01 スクランブラー250編]#ゴー・ライド

1969年に初のオリジナルモデル「キャバレロ・クロス50」を発表したファンティック(FANTIC)。その後、世界選手権タイトルを獲得するまで発展したが、ブランド消滅の危機に。しかし、困難を乗り切り、令和とともに新型スクランブラーとフラットトラッカーが日本初上陸。話題のニューモデルをダカールレジェンド三橋淳が徹底試乗!今回は新雑誌となる「オフロードマシンGoRIDE」からスクランブラー250とフラッ […]

個性派海外バイクブランドの2019年モデルをチェック【イタリア車×一挙23台】

2018年10月のインターモトショーから11月のミラノショーにかけて、世界のニューモデルが一気に登場したことは記憶に新しいだろう。WEBヤングマシンでは新車情報を逐一お届けしてきたが、本特集「2019世界の新車総図鑑」にてここまで判明しているラインナップをあらためて整理しておきたい。本稿ではふだんはなかなか目にすることのない個性的な海外バイクブランドのうち、イタリア車(MVアグスタ、マーニ、モトグ […]

サムスンがバイク界に参入!? 次世代スマートバイク(EV)が登場

2019年シーズンから始まるモトE選手権(モトGPと併催される電動バイクのレース)に車両を供給するエネルジカと、スマホ業界などで覇権をねらうサムスンが手を組んで提案するのは、スマートライドと呼ばれるシステムだ。 スマートデバイスとNFCなどで接続 ボリッドE(BOLiD-E)は、そのスマートライド用に考案されたプロトタイプ。ライダーが身に着けたスマートデバイスのギャラクシーウォッチとNFCまたはブ […]

マシン・オブ・ザ・イヤー2021
マシン・オブ・ザ・イヤー2021

WEBヤングマシン|最新バイク情報