レオンアート デイトナ125[新型バイクカタログ]:より懐古的に造り込んだ

デイトナ125

デイトナ125 概要

近未来的なパイルダーに対し、本作はビンテージ系。大径21インチフロントホイールをはじめ、ハイネックの造形やリヤリジッド風リヤアーム、極太シートで差別化している。’22では価格を変更している。

’22 デイトナ125

レオンアート デイトナ125|ブラック

【’22 LEONART DAYTONA 125】■水冷4スト並列2気筒SOHC4バルブ 124.6cc 12.2ps/9500rpm 0.85kg-m/7500rpm ■180kg シート高660mm ■タイヤサイズF=90/90-21 R=160/80-16 ●色:ブラック ●価格:55万円(’20、’21は52万8000円) [写真タップで拡大]


※本記事の内容はオリジナルサイト公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な表記がないかぎり、価格情報は税込です。

レオンアートに関連する記事

レオンアート新型バイク総まとめ【主軸のパイルダーとトラッカーを洗練】

小排気量ながら迫力あるモデル多数 ’04に設立された新しいブランドで、個性的なモデルをリリースしているスペインのレオンアート(LEONART)。バルセロナにて造られるのは「シンプルで小排気量」なモデル。 現在、国内に導入されているのはすべて125ccとなり、その特徴は原二に見えない大柄なボディだ。ヘリテイジ/ネオクラシック系のデザインと相まって、存在感は抜群。 全長2390mmというロ […]

レオンアート トラッカー125[新型バイクカタログ]:センスが光る本気ビンテージカスタム

トラッカー125 概要 ロングサスペンションとゼッケンプレートなどを与えたトラッカー。ビッグタンクとミニマムなシート、ステンレス鋼のアップマフラーによるメリハリの利いたフォルムで魅せる。加えて倒立フォーク+ウェーブディスクなど装備も本格的だ。’21ではツヤ消し銀を採用し、’22ではゴールドホイールを履くブラックをラインナップ。 ’21 トラッカー125

レオンアート パイルダー125[新型バイクカタログ]:原二に見えない巨大さと豪華アイテム

パイルダー125 概要 パイルダーは、125ながらビッグクルーザーの車格を持つ個性派だ。全長2390mmのロングな車体に、水冷パラレルツインを搭載。倒立フォーク+190mmリヤタイヤ、アルミ製の片持ちスイングアームで武装する。’20は大人気ゆえ途中で完売していたが、’21ではマフラーを変更して復活。 ’22海外仕様はタンクのロゴデザインやマフラーを新たなものに。 […]

レオンアート2021新車バイクラインナップ〈トラッカー/デイトナ/ヘリテイジ/ベッセル〉

トラッカー125:シブいハードカスタム風ミニ[新色] スペインのメーカーで、’04年から魅力的な小排気量バイクをリリースしているレオンアート。「トラッカー125」は、倒立フォーク+ウェイブディスクなどの本格装備に、アップマフラーなどセンスのよいパーツを用い、カスタムバイクの趣が漂う。車体色は、新たにツヤ消し銀を採用した。 デイトナ125:ビッグバイク並みのロング&ロー 原付二種ながら、 […]

レオンアート パイルダー125試乗インプレッション【エンジンも操縦安定性も超個性的】

’04年にスペインで誕生した小排気量専門ブランド「レオンアート」が日本に上陸した。社長が日本のロボットアニメ『マジンガーZ』のファンということで命名された「パイルダー125」は、水冷パラツインを搭載。エンジンも操縦安定性も超個性的なモデルだ。 [〇] とにかくよく回るエンジンは150cc並みの力強さ 記憶が正しければ、125ccの2気筒車に試乗するのはホンダ バラデロ125以来だ。この […]

ホーム
WEBヤングマシン|新車バイクニュース